勾配天井におすすめの照明4選!選び方や実例も紹介  

コラム

屋根の形状を活かした「勾配天井」は、広々とした開放感が生まれ、リビングがおしゃれに見えるなどの理由で人気を集めています。

しかし、一般的な天井に比べて高さがあり、屋根に合わせた特殊な形状をしているため、照明選びに悩む人も少なくありません。

そこで今回は、勾配天井の照明の選び方やおすすめの照明、実例も併せて紹介します!

勾配天井とは?

勾配天井とは、屋根の形状を活かした傾斜のある天井を指します。片流れの屋根なら天井は一方向に傾斜し、三角屋根なら左右二方向に傾斜しているのが特徴です。

屋根の形状に合わせた天井のため、屋根裏などの閉鎖的なスペースが無くなり、開放感が得られるメリットがあります。

天井が高いので天窓を設けたり、ハイサイドライト(高窓)を付けたりできるのも良い点です。また、梁(はり)をあえて見せるなどして空間をおしゃれに演出できます。

勾配天井の照明の選び方3つ

開放感が得られる勾配天井ですが、天井が高いため照明選びは慎重になる必要があります。

勾配天井の照明の選び方は、以下の3つです。

 1.お手入れを考慮して選ぶ  
 2.明るさで選ぶ
 3.その他のインテリアとのバランスを考えて選ぶ

それぞれの選び方を確認していきましょう。

1.お手入れを考慮して選ぶ
勾配天井は高さがあるため、照明器具のお手入れや交換をするのが大変です。

場合によっては脚立や踏み台では届かないため、業者に依頼する必要が出てくるでしょう。そのため、照明器具はできるだけお手入れが簡単なものを選ぶのがおすすめです。

例えば吊り下げ式の照明なら高さが抑えられ、脚立などを使えば自分でお手入れできる可能性も大きいといえます。

2.明るさで選ぶ
勾配天井は明るさで選ぶのも重要になります。なぜなら天井が高いため、より広い空間を照らさなければならないからです。

また、勾配天井は傾斜で場所によって天井の高さが変わるため、照明の光が均一に当たりません。

フラットな天井よりも暗く感じてしまう可能性があるので、照明は明るさの強いものを選ぶのがおすすめです。あるいは、天井に埋め込まれているダウンライトを複数使って、明るさを確保するのも良いでしょう。

3.その他のインテリアとのバランスを考えて選ぶ
勾配天井に取り入れる照明は、インテリアとのバランスを考えて選ぶのも大切です。

ただ空間を明るくすれば良いわけではなく、明かりが必要な場所を照らすことを意識してみましょう。

例えば、リビングの観葉植物に光が当たるように間接照明を置いたり、部屋のアクセントになるようシーリングファン付きのライトを取り入れたりするのも良いでしょう。

また、食卓に並ぶ料理をおいしく見せるよう、ダイニングテーブルの上にペンダントライトを取り入れるのもおすすめです。

勾配天井におすすめの照明4選

勾配天井におすすめの照明は、以下の4つです。

1.ペンダントライト 
2 .シーリングライト
3.ダウンライト
4.スポットライト

4つの照明はそれぞれ異なる特徴があります。どんな特徴があるのか、また勾配天井におすすめの理由も見ていきましょう。

1.ペンダントライト
ペンダントライトとは、天井から吊り下げるタイプの照明を指します。おすすめの理由は、吊り下げるコードの長さを調整し照明の位置を下げられるからです。

照明に届きやすくなるため、お手入れがしやすくなります。また、手元を明るく照らせるのでキッチンカウンターやダイニングテーブルの上に付けるのもおすすめです。

2 .シーリングライト
シーリングライトは、部屋全体を明るく照らす特徴があります。

一般的なシーリングライトは、天井に密着したような形ですが、勾配天井向けのシーリングライトは、パイプ部分が長めに作られているため、高い天井からでも部屋を明るく照らせます。

また、暖かい空気は上部に溜まるため、空気を循環させるファン付きのシーリングライトもおすすめです。

3.ダウンライト
ダウンライトは天井に埋め込まれているタイプの照明を指します。おすすめの理由は、部屋をスッキリと広く見せられることです。

圧迫感がないため、天井の高さや開放感を最大限に活かせます。ただし勾配天井の場合、部屋全体を明るく照らすには複数のダウンライトを設置する必要があります。

4.スポットライト
スポットライトは、対象物を効果的に照らすのに適している照明です。勾配天井の場合、スポットライトのみで部屋全体を明るく照らすのは難しいかもしれません。

しかし、インテリアを照らすなど、照明を当てたい方向に光を調整できるので、照明によるおしゃれな空間がデザインできます。

ダウンライトなど他の照明と組み合わせて上手に取り入れると良いでしょう。

勾配天井の照明【実例】

ここからは勾配天井のリビングに取り入れられた、照明の実例を紹介します!照明選びやお部屋づくりの参考にしてみてください。

木造の天井のダウンライトとシーリングファンがおしゃれなカフェ風リビング

三角屋根の形状を活かした木造の勾配天井に、複数のダウンライトとファン付きのシーリングを取り入れたおしゃれなリビングです。

存在感のあるシーリングファンが、カフェ風のお部屋のアクセントになっています。ダウンライトの光が木の温もりを感じさせ、ゆっくりくつろぎたくなるリビングに仕上がっています。

大きな窓から差し込む光とさまざまな照明を活用した明るいリビング

大きな窓が特徴的でさまざまな照明を組み合わせたリビングです。勾配天井にシーリングファンとダウンライト、サイドの天井にはスポットライト、ソファ横には間接照明を取り入れています。

スポットライトはレンガ調の壁を照らし、おしゃれに演出されているところもポイント。間接照明や椅子のデザイン、木製の梁をあえて見せるなど、細かな部分にもこだわりが詰まっています。

勾配天井に最適な照明を見つけておしゃれな空間を演出しよう

勾配天井は屋根の形状に合わせて傾斜している上、天井が高い特徴があるため、それに見合った照明を選ぶのがポイントです。

照明選びの失敗を防ぐためにも、今回紹介した選び方と照明の特徴をチェックしておくことをおすすめします。

勾配天井に最適な照明を見つけて、おしゃれな空間を演出してみてはいかがでしょうか。

管理人

2,026,038 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧