清潔感を第一に。大掃除のポイント【サニタリー編】

コラム

浴室や洗面所、バスルームなど、日々の衛生面を支える大切な場所であるサニタリースペース。ですが、忙しい日々のなかでは細かい部分まで掃除が行き届かないこともあるでしょう。大掃除は、そんな日頃の「気になる汚れ」を一掃するチャンスです。今回は、サニタリースペースの大掃除のポイントをご紹介します。新しい1年に向けて、清潔で心地よいサニタリースペースを目指しましょう。

「サニタリースペース」とは?

サニタリースペースとは、浴室、洗面所、トイレなど住宅の中で衛生面を支える場所を指します。住まいの中でも特に清潔さが求められるため、大掃除でも時間をとって力を入れて取り組みたい場所です。日頃はなかなか手を付けられない、天井やドア、換気口なども大掃除では綺麗にしましょう。

それぞれの場所に合わせた掃除道具や洗剤(ゴム手袋)、整理整頓方法を駆使しながら大掃除すれば、気持ちよく新年を迎えることができる気持ちのよいサニタリースペースになるはずです。

「サニタリースペース」の大掃除のポイントは?

浴室掃除のポイント

浴室は、カビや水アカ、ぬめりなどが気になる場所です。下記の箇所を中心に、汚れを取り除き磨き上げます。

・シャワーヘッドやシャワーホース、蛇口、ミラーのカビや水垢をスポンジやブラシなどを使って丁寧に取る

・浴槽内は中性洗剤など専用のクリーナーを使用して磨く。排水口も専用のクリーナーで重点的に掃除をしてから詰まり予防のネットなどを取り付ける

・天井や床、収納棚をスポンジやブラシを使って磨く

・バスマットを洗濯したり、古びている場合は新調したりと浴室周りのアイテムを見直す

※専用クリーナーを使う際など、換気をしっかりと行いましょう。また、洗剤の種類によって素材を傷つけてしまうことがあるため、取扱説明書をよく読んでから使用しましょう。

洗面所掃除のポイント

洗面所は、水アカや石鹸カス、排水口のぬめりなどが気になる場所です。下記の箇所を中心に、丁寧に大掃除すれば見違えるほど綺麗になります。

・洗面台は、中性洗剤を含ませたスポンジでキズをつけないように洗う。しつこい汚れは、濡らしたメラミンスポンジで優しくこすると綺麗になるが、素材を傷めないように注意する

・ミラーは、乾いた布でホコリを払った後、ガラスクリーナーを使って吹き上げればピカピカに

・蛇口は洗面台と同様に中性洗剤を含ませたスポンジでキズをつけないように洗う。蛇口の先端部分は、歯ブラシなどを使って溝に溜まった汚れを取り除く

・洗面所の収納棚は、中身を全て取り出し拭き掃除をした後、ボックスなどを使ってカテゴリ分けしながら整理整頓する。

・洗面所の床は、髪の毛やホコリを取り除き、水拭きする

トイレ掃除のポイント

トイレは、清潔で快適な健康的な住環境を守るために、とても大切な場所です。下記の箇所を中心に日頃の感謝の気持ちを込めて大掃除すれば、気持ちも軽やかになることでしょう。

・天井、換気扇に溜まったホコリや汚れを、ハンディモップなどを使い取り除く

・便座や便器、蓋を専用のクリーナーで磨く。便器の縁裏や、ウォシュレットのノズルも丁寧に

・トイレタンクのホコリや汚れを、スポンジなどを使って取り除く

・トイレの壁のホコリや汚れを取り除く。水拭きで汚れが取れない場合は、中性洗剤や専用クリーナーを使う

・トイレの床は水拭きした後、汚れが取れなければ専用シートなど使って拭き取る。便器と床の間は、歯ブラシを使って汚れを落とす

・ドアノブやペーパーホルダー、窓などを拭き上げる

・マットを敷いている場合は、洗濯したり取り替えたりする

「サニタリースペース」の大掃除は、早めに取りかかろう

サニタリースペースの大掃除は、日々の暮らしを快適にするだけでなく家族の健康を守る一助にもなります。使用頻度の高い浴室や洗面所、トイレは汚れが溜まりやすく、衛生状態を保つことが難しい場所です。大掃除で一掃した後も、日頃のこまめなお手入れをしながら、清潔を保っていきたいですね。

サニタリースペースは掃除する箇所が多く時間がかかるため、計画的に早めに取りかかるのがおすすめです。丁寧な掃除で清潔感のある気持ちのよい空間にして新年を迎えれば、気持ちも軽やかになれることでしょう。

伊野奈緒美

264,185 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧