【防犯】玄関にカードキーを設置しよう|メリット・デメリットを解説

コラム

従来の回して開ける鍵と違い、カードキーはかざすだけで施錠・解錠ができる手軽さが魅力です。また、防犯性能が高いことから多くの住宅の玄関に設置されています。

今回はカードキーの仕組みや玄関に設置する必要性を始め、メリット・デメリットを解説。併せて、アイムユニバースが扱う住宅の鍵についても紹介します。

カードキーとは?特徴と種類について

一戸建ての鍵といえば、シリンダーに鍵を差し込んで回すタイプが主流でしたが、最近では防犯対策としてカードキーを導入する家庭も増えています。まずはカードキーの特徴と種類から見ていきましょう。

カードキーについて
カードキーとはその名の通りカード型をした鍵のことで、中には磁気情報かICカードが埋め込まれています。新築一戸建てはもちろん、現在住んでいる家に後付けすることも可能です。

カードキーの種類
カードキーには、玄関ドアに設置された端末に差し込むタイプと、かざすタイプの2種類があります。

<差し込むタイプ>
差し込まれたカードの磁気情報を、端末が読み込むことで解錠される仕組みです。玄関ドアを開く際は、カードを差し込んだ状態のままドアノブを下ろします。

<かざすタイプ>
駅や自動販売機などで使うICカードのようにかざすことで情報が読み込まれ、解錠されるタイプです。従来の鍵のように鍵を回したり、カードを差し込んだりする手間がかかりません。

玄関の鍵をカードキーにする必要性

カードキーは、従来の鍵よりも防犯性能に優れているところが魅力です。なぜ一戸建てにもカードキーの導入が進んでいるのか、その理由を紹介します。

ピッキング対策になる
ピッキングとは、鍵穴に針金や工具などを差し込むことで不正に解錠する犯罪手口です。鍵を壊さずに侵入できるため、玄関ドアを見ただけでは犯罪被害に遭ったと気づくのは難しいとされます。

その点、カードキーには鍵穴がありませんので、ピッキング被害を防止できます。

また、玄関ドアがカードキーの時点で防犯意識の高さがうかがえるため、泥棒からすると「侵入しづらい家だ」と感じるでしょう。

鍵の複製が難しい
従来の鍵は、鍵屋に持っていくと簡単に合鍵を作成できます。合鍵がほしい時、スペアキーを作成したい時などには便利ですが、自宅の鍵が他人の手に渡ってしまうと、勝手に合鍵を作られてしまう恐れがあります。

一方、磁気情報やICカードが埋め込まれたカードキーは高度な作りのため、一般的な鍵屋では複製ができません。万が一、他人が専門業者に依頼したとしても、端末へのカード登録や情報の設定などが求められるため、知らぬ間に合鍵を作られるリスクを抑えられます。

玄関にカードキーを設置する4つのメリット

玄関ドアにカードキーを設置するメリットは、防犯性能の高さだけではありません。カードキーのメリットとして、持ち運びの簡単さ、施錠・解錠のスムーズさ、鍵の閉め忘れ防止、カードの無効化の4つを紹介します。

①持ち運びが簡単
カードキーは薄いカード型なので、パスケースやお財布、スマホケースなどに入れた状態で持ち運びが可能です。普段から使うものに収納しておくことで、鍵の置き忘れや紛失などを予防できます。

②施錠・解錠をスムーズに行える
従来の鍵だと夜間に鍵穴が見えづらく、施錠・解錠に手間がかかることも。その点、かざすタイプのカードキーならタッチするだけで良いので、夜間に限らずどんな時でも施錠・解錠がスムーズです。

③オートロック機能で鍵の締め忘れ時も安心
オートロック機能が付いているカードキーなら、鍵を閉め忘れて出かけてしまった場合も自動的に施錠されます。「鍵を閉めたか不安」と、ついつい気になってしまう人でも安心です。

④紛失したカードキーは無効化される
従来の鍵を紛失すると合鍵を作られる恐れがあるため、鍵の交換を検討する必要があります。一方、カードキーであれば、新しいカードを登録すると紛失したカードは無効化されるので、誰かに侵入される心配は不要です。

玄関にカードキーを設置する5つのデメリット

カードキーにはたくさんのメリットがある一方、事前に知っておきたい注意点も存在します。今回は5つのデメリットを紹介します。

①停電時にドアが開かない恐れがある
カードキーには、電気式と電池式があります。このうち、電気式は基本的に停電が起こると作動しません。家族みんなが在宅中であれば特に問題ないかもしれませんが、外出中の場合は家の中に入れず困ってしまうことも。

停電時のリスクを考えると、電池式か非常用シリンダー付きのタイプを選ぶと安心です。

②カードキーの電池交換が必要
電池式のカードキーは、定期的な電池交換が必要です。家を出た後(鍵を閉めた後)に電池が切れるとカードキーが作動せず、家に入れないことが考えられます。

しかし、カードキーの多くは電池が切れる前に音やランプで知らせてくれるので、気づいた時点で交換すれば問題ないでしょう。

③破損のリスクがある
カードキーはプラスチック製のため、金属製の鍵と比較すると壊れやすい傾向にあります。誤って落下させてしまったり、強い力で折り曲げてしまったりすると、破損して使えなくなってしまうので扱いには注意が必要です。

また、磁気不良を起こしても使えなくなるため、クレジット・キャッシュカードの磁気部分と重ねて保管しないこと、カードキーに傷や汚れを付けないことなども意識しましょう。

④オートロック機能で締め出される恐れがある
メリットとして紹介したオートロック機能は便利ですが、カードキーを持たずに外出すると家の中に入れなくなる恐れがあります。

例えば、駐車場に停めてある車に用事があった時、ゴミを出しに行った時など、すぐに戻ってくるつもりでもオートロック機能がオンになっていると締め出されてしまうかもしれません。

締め出しを防ぐには、オートロック機能をオフにするか、購入時に暗証番号や非常用シリンダーなど他の方法でも解錠できるタイプを選ぶと良いでしょう。

⑤設置費用が高い
冒頭で触れた通り、カードキーは一戸建ての玄関ドアにも設置可能です。

しかし、従来の鍵よりも設置費用が高い点がデメリットとして挙げられます。従来の鍵を交換する際の費用相場は1万円前後ですが、カードキーは5~10万円ほどです。

設置費用が高いとはいえ、カードキーは防犯性能が高いため、交換する意味は十分にあるでしょう。交換費用は業者やカードキーの性能などによっても変わるので、見積もりを取って比較するのも一つの方法です。

アイムユニバースで採用している鍵について

アイムユニバースは、リゾートのような格別な時間を過ごせる家「&RESORT HOUSE」を手がけています。どの家も心地よさや快適性、性能性など、すべての面にこだわりが詰まっています。

もちろん、防犯面も同じです。アイムユニバースはこれまでカードキーを採用していましたが、締め出しリスクや鍵の破損といったデメリットを改善するため、リモコン・タグキーに変更しました。

リモコンキーは、鍵をポケットに入れた状態でドアノブのボタンを押すだけ、タグキーはかざすだけで解錠できます。どちらも非常用の鍵が内蔵されているため、電池が切れた時でも締め出されることがありません。

玄関にカードキーを設置して防犯性能を高めよう

従来の鍵であっても、防犯カメラや音の鳴る砂利を設置するなど、対策をすることで泥棒が嫌う家づくりは可能です。

しかし、玄関の鍵をカードキーに交換すれば、ピッキングや鍵の複製を防げるため、防犯性能がさらに高まります。大切な家族が住む家だからこそ、この機会にカードキーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

管理人

1,770,780 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧