戸建ての宅配ボックスは設置型がおすすめ|非対面である重要性も解説

コラム

コロナ禍に伴って需要が高まった宅配ボックス。防犯面などをしっかりと考慮しておけば、不在でも荷物を受け取れるなど、とても便利なアイテムです。

今回は宅配ボックスの必要性、メリットとデメリット、種類、おすすめの宅配ボックスを解説します。また、併せて用意しておくと良い防犯対策も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

戸建てにおける宅配ボックスの必要性

宅配ボックスとは、配送業者から荷物を受け取るためのボックスです。マンションで見かけることが多いですが、戸建てでも検討する人が増えています。

まずは戸建てにおける宅配ボックスの必要性を見ていきましょう!

ネットショッピングの需要上昇に伴って宅配ボックスも活躍
コロナ禍によってネットショッピングを利用する人が増加する中、宅配ボックスの需要も高まっています。

なぜなら、宅配ボックスがあれば荷物が届く度に受け取り対応をする必要がないからです。ネットショッピングを頻繁に利用する人ほど、必要性を感じられるでしょう。

コロナ禍でも安心の受け取り方法に注目が

コロナ禍で気になるのが人との接触ではないでしょうか。新型コロナウイルスに感染し、自宅療養となった場合、宅配の受け取りすら困難になります。

しかし、宅配ボックスがあれば人と対面する必要がなく、自宅療養中でも荷物の受け取りが可能です。

人との接触をせずに安心して受け取れることから、宅配ボックスの必要性が高まっています。

宅配ボックスの4つのメリット

ここからは宅配ボックスの4つのメリットを見ていきましょう!

1. 在宅するタイミングを調整しなくて良い

宅配ボックスがあれば不在でも荷物を受け取れるため、在宅のタイミングを調整する必要がありません。

荷物が届くタイミングで家に居なければならないのは、意外とストレスに感じるものです。受け取り時間に縛られ、外出できないのはネットショッピングのデメリットでしょう。しかし、宅配ボックスがあればその問題を解消できます。共働き世帯にもおすすめです。

2. 受け取る際の格好を気にしなくて良い

宅配ボックスがあれば配送業者に会う必要がなく、受け取る際の格好を気にしなくて良いのがメリットです。

朝起きてパジャマのままだったり、ノーメイクだったりするときには、配送業者とはいえ人に見られたくないものです。また、お風呂に入ろうとしたタイミングで荷物が届いて、慌てて着替えるなんてこともなくなります。

3. 子どもがいる家庭では、インターホンの音を気にしなくて良い

小さいお子さんがいる家庭では、お昼寝のタイミングでインターホンが鳴り子どもが起きてしまった、なんて経験があるかもしれません。

子どものお昼寝の時間でもインターホンの音を気にしなくて良いのは嬉しいメリットです。お昼だけでなく、夜の寝かしつけときに荷物が届いてもインターホンが鳴ることはないので安心です。

4. 非対面で荷物を発送することも可能

宅配ボックスは受け取りだけに限らず、非対面で荷物を発送できるというメリットがあります。

従来は集荷の際に配送業者が玄関先まで荷物を取りに来ていましたが、宅配ボックスに保管しておけば非対面で回収し、発送まで行ってくれるのです。

ネットショッピングで買ったものを返品したい場合などに役に立ちます。

宅配ボックスの4つのデメリット

宅配ボックスはさまざまなメリットがある一方で、デメリットもあります。ここでは宅配ボックスの4つのデメリットを確認しておきましょう!

1. 配送業者がトラブルを心配して荷物を入れてくれない場合がある

宅配ボックスを設置していたとしても、配送業者がトラブルを心配して荷物を入れない場合があります。

例えば、表札が出ていない家は届け先が合っているかどうかの確認ができないため、対面で本人確認をしなければならないケースが多いです。

宅配ボックスを設置する際には必ず表札を付けるようにしましょう。

2. 受け取れない荷物がある

宅配ボックスは受け取れない荷物があるのがデメリットです。例えば宅配ボックスよりも大きいサイズのものは入らないため、受け取りはできません。

また、生鮮食品や冷凍食品などは長時間放置されてしまうと痛んだり腐ったりしてしまう危険性があるため、基本的には対面での受け取りになります。

食品については、缶詰やお菓子以外は受け取りが難しいと考えて良いでしょう。

3. 配送業者が宅配ボックスの存在自体に気づかない場合がある

宅配ボックスの設置場所やサイズによっては、配送業者が宅配ボックスの存在に気づかない場合があります。

家の前にコンテナなど他の荷物が置いてあっては、目立たなくなってしまい、どれが宅配ボックスなのかわからなくなってしまいます。宅配ボックスを置く際には、目に付きやすい場所にわかりやすくなるように設置しましょう。

4. 盗難に遭う可能性もゼロではない

宅配ボックスは盗難に遭う可能性がゼロではありません。特にサイズが小さいものや軽いものが届いた場合、荷物が入った状態で宅配ボックスごと持って行かれてしまうこともあります。

簡易式のものは避け、ある程度大きさや重量があるタイプを選ぶのがおすすめです。

宅配ボックスの種類

宅配ボックスは工事がいらない設置型と、工事が必要な埋め込み型の2種類あります。戸建てには工事不要で後からでも簡単に導入できる設置型がおすすめです。

それでは設置型の宅配ボックスの種類を紹介します!

設置タイプ

設置タイプの宅配ボックスには、「ロッカータイプ」と「上から投函するタイプ」の2種類あります。ロッカータイプは内扉に鍵や印鑑を入れる部分があり、配達業者が扉を開けて荷物を入れた後、鍵を使って宅配ボックスを施錠し、鍵をポストに入れてもらうのが特徴です。

一方、上から投函するタイプは複数の荷物を入れることができ、一度入れたら上からは取り出せない仕組みになっています。荷物を受け取るときは、受け取り口の鍵を開けて取り出すのが特徴です。配達業者の負担が少ないのは後者といえるでしょう。

素材

設置型宅配ボックスの素材には、スチールや鉄などの金属製やポリプロピレンが多く使われています。簡易型の素材に多いプラスチックやポリエステルとは違い、耐久性に優れており、熱や水濡れ、衝撃から荷物を守ります。

鉄素材には見えない木目調デザインなど、頑丈でありながらおしゃれな宅配ボックスも魅力です。

サイズ

宅配ボックスは製品によって大きさが異なりますが、基本的にコンパクトサイズ・スリムサイズ・ハーフサイズ・ミドルサイズがあります。大きさの参考は次の通りです。

コンパクトタイプ 34cm×8cm×36cm

例:本やDVD、小物などの荷物に最適

スリムタイプ 35cm×13cm×50cm  例:缶ビール350ml×24本入り1ケース分
ハーフタイプ 34cm×15cm×50cm   例:缶ビール350ml×24本入り1ケース分
ミドルタイプ 34cm×35cm×50cm

例:2Lのペットボトル×6本入り1ケース分

セキュリティ面

設置型の宅配ボックスは地面や床に固定できるものが多いため、宅配ボックスごと持って行かれるリスクが少ないといえます。施錠方法には鍵穴タイプや南京錠タイプ、ストッパー式で施錠が必要ないタイプなどがあります。

ストッパー式は上から投函するタイプに多く、受け取り人以外は一度ふたを閉めたら開きません。鍵穴や南京錠のタイプの場合、施錠に使う鍵を紛失してしまったときのために、スペアキーがあると便利です。

アイムユニバースがおすすめする戸建て向けの宅配ボックス

アイムユニバースの設置型宅配ボックスは、スリムタイプ・ハーフタイプ・ミドルタイプの3種類のサイズがあります。

いずれのタイプも扉は右開き・左開きで選択可能です。扉を施錠すると「使用中」、扉が開いていると「受け取りできます」と表示され、荷物待ちの状態がわかりやすいのが特徴です。

内扉に印鑑が備え付けられる他、ハーフタイプとミドルタイプには閉じ込め防止機能が付いています。

万が一子どもが閉じ込められてしまった際に、内扉のレバーに触れると施錠が解除される仕組みになっています。小さいお子さんがいるご家庭でも安心して設置できるでしょう。

宅配ボックスにプラスしておいた方が良い防犯対策

セキュリティ対策がされているとはいえ、防犯対策を強化するに越したことはありません。大切な荷物を盗まれないために、宅配ボックスにプラスしておいた方が良い防犯対策を紹介します。

防犯カメラを設置する

防犯カメラの設置によって、防犯対策をより強化できます。海外では置き配を狙った犯罪が多発しているといわれています。日本でも宅配ボックスを導入している家庭が増えているため、今後はさらに注意が必要です。

しかし、防犯カメラがある家であれば、被害のリスクを減らせるでしょう。また万が一のことがあった場合でも、犯人を追跡し荷物が返ってくるケースも考えられます。

防犯サービスを利用する

宅配ボックスのセキュリティ機能だけでは心配なら、防犯サービスを利用するのがおすすめです。
宅配ボックスのメーカーによっては無料で防犯対策サービスを付けられるものもあります。

防犯サービスと連携していない宅配ボックスの場合でも、セコムなどのしっかりとした防犯サービスに入っておけば万が一のときにも安心です。

宅配ボックスを設置してスムーズに荷物を受け取ろう

 

宅配ボックスは荷物の受け取りの負担を減らしてくれる便利なアイテムです。非対面・非接触で受け取りができるのは、今の時代に必要不可欠なサービスといえるでしょう。ネットショップで頻繁に買い物をする人や、忙しい共働き世帯に最適です。

デメリットや防犯面での対策をしっかり行うことで、より安心して使用できますよ。ぜひあなたの戸建てにも、宅配ボックスの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

管理人

1,767,612 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧