グランドシートはキャンプの必須アイテム!正しく選んで快適に過ごそう

コラム

テントの下に敷いて使うグランドシート。地面の温度を伝えにくくしたり、テントを傷つきにくくしたりと、さまざまなメリットがあります。

また、レジャーシートとしても使えるなど、1枚持っていればとても便利な一面も。とはいえ、「どれくらい便利?」「どうやって選べば良い?」と迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、グランドシートの用途、必要性、選び方を解説します。

グランドシートとはテントを保護する下敷き

グランドシートとは、テントを設営する際に下に敷いて使うアイテムです。

グランドシートの代用としてブルーシートを使っているケースも見られますが、厚みや防水性、耐久性などを比較すると、専用のグランドシートの方が優れています。

グランドシートを敷くことで、さまざまな不快要素を回避でき、テントで過ごす時間が心地良いものになるでしょう。また、荷物置き場や荷物カバーにしたり、レジャーシートとして使えたりと使い方が多様な点も魅力の1つです。

グランドシートの必要性

ここからは、グランドシートを使用する必要性を3つ解説します。

テントの底を保護する
地面とテントの底が直接触れるのを防ぎ、保護するためにグランドシートを使用します。地面の凸凹や石などでテントを傷つけずに済むでしょう。

テントを大切に使い長持ちさせるように、グランドシートの使用がおすすめです。

雨による浸水を防ぐ
雨が降った後など、濡れた地面の上にテントを設営すると浸水することがあります。また、雨でぬかるんだ地面の湿気が、テント内に伝わってくることもあるでしょう。

グランドシートには耐水性が備わっているため、雨による浸水や湿気を防げます。

底冷え防止になる
グランドシートには、保温性も備わっています。

秋冬や冷え込む夜間には、地面から伝わってくる冷気は防ぎたいものでしょう。グランドシートを敷いていれば、底冷え防止になります。

そのため、寒い季節はもちろんのこと、泊まりがけのキャンプの際に持っていると安心です。

グランドシートの選び方

グランドシートと一口にいっても、いくつもの種類があります。ここからは、どこをポイントとして選べば良いのかを見ていきましょう。

素材で選ぶ
グランドシートの素材は主に2種類あり、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

1つ目は、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維です。化学繊維の生地はデザイン性が高いものが多く、コンパクトに収納できる点が魅力です。一方で、繊維に防水加工を施しているため、加工が剥がれてしまうと浸水するデメリットも。

2つ目は、ポリ塩化ビニルやポリエチレンなどの合成樹脂です。防水性に優れ、リーズナブルに入手できますが、生地が重めなのがデメリットです。

どちらにもメリット、デメリットがあるため、求める機能を備えたものを選びましょう。

サイズで選ぶ
グランドシートは、テントのボトムサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

大は小を兼ねるといいますが、グランドシートはテントボトムより10cm程度小さいサイズが良いといわれています。大きいと雨水がたまり浸水する危険性があるためです。

メーカーによってはソロテント用から大人数テント用まで、さまざまなサイズ展開をしているため、テントサイズを確認してから購入を検討してみましょう。

また、荷物の大きさにも関わるため、収納時のサイズを確認することも大切です。

耐水圧で選ぶ
グランドシートの耐水圧は、アイテムごとに異なります。

耐水圧は防水性の目安となります。数値が高いほど防水性が高くなり、通常のキャンプで使うのであれば1500mmあれば充分でしょう。心配な場合は、2000mm以上のものを選ぶと安心です。

メーカーで選ぶ
テントと同じメーカーでグランドシートを選べば、サイズやデザインを合わせやすくなります。合わせて使用することを前提に、販売されているためです。

テントを選ぶときにグランドシートもセットで選んだり、専用のグランドシートがあるか確認しておいたりするのがおすすめです。

おすすめのグランドシート3選

おすすめのグランドシートを3つ紹介します。ぜひ、グランドシート選びの参考にしてみてください。

DOD/ワンポールテントM用グランドシート GS5-562-GY
・価格
4,250円(税込)
・サイズ
使用時:約315cm×270cm、
収納時:約35cm×13cm×9cm
・素材
PUコーティングの210Dポリエステル
・最低耐水圧
5000mm

DODテントのサイズに合うグランドシート。生地は厚手の210Dポリエステル、耐水圧5000mmです。ペグにコードを取り付けるのみの簡単設営を実現。持ち運びに便利なキャリーバッグ付きです。

ロゴス/ぴったりグランドシート270
・価格
オープン価格
・サイズ
約262×262cm
・素材
PEラミネートクロス

インナーサイズが270cm×270cmのテントにおすすめのグランドシートです。四隅を結び付けるだけで簡単に取り付けられます。

オレゴニアンキャンパー/防水グランドシート Sサイズ
・価格
1,540円(税込)
・サイズ
100cm×70cm
・素材
表面:100%ポリエステル
裏面:PVCコーティング

防水加工であるPVCコーティングがシート裏面に施されています。メンテナンスで水洗い可能。飽きのこないシンプルな無地のデザインです。

お気に入りの1枚を使いこなそう

テントを張るときにグランドシートがあれば、テントを保護できたり、テントの中での快適性を高めたりが可能です。

また、グランドシートはキャンプのときだけではなく、レジャーシートや荷物置き場、雨が降ったときの荷物カバーとしても活用できます。

1枚あればなにかと重宝するグランドシート、お気に入りのアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

管理人

1,766,505 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧