自分らしく居心地よく。おしゃれな部屋をつくる「インテリア小物」とは?

インテリア

さりげなく、そこにあるだけで心を和ませ部屋をぐっと素敵にしてくれるインテリア小物。シンプルな部屋がお好みの方でも、あまりにもさっぱりしすぎていると物足りなく感じることはありませんか。今回は、おしゃれな空間づくりに取り入れたい、インテリア小物をご紹介します。

 シンプルな空間に「自分らしさ」をプラスしたい

「このお部屋、なんだか素敵」そう感じる空間には、きっと「インテリア小物」がさりげなくおかれているのではないでしょうか。フレームアートやオブジェ、フラワーベースなどのインテリア小物は、選んだ人の個性や想いが込められていて、そこに飾られているだけで物語を感じさせます。

あなたもそんな「インテリア小物」を部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。どう選べばよいのか迷ったら、これからご紹介するアイテムを参考にしてみてくださいね。

置けばおしゃれな空間に。部屋に置きたい「インテリア小物」は?

1.ポスターやフレームアート

お気に入りのポスターや絵画などをフレームに入れて飾れば、そこはもうギャラリー。ひとつ部屋に飾られているだけで、空間がドラマティックに彩られます。もしフレームを用意することができない場合は、マスキングテープや両面テープ、壁を傷つけないきれいに剥がせる接着剤などをつかってポスターなどを貼るだけでもOKです。めざすインテリアのテイストや全体の雰囲気に合わせて自由に飾ってみてください。

2.動物やロゴモチーフなどのオブジェ

動物やロゴでデザインしたオブジェを飾れば、インテリアに奥行きが生まれおしゃれな雰囲気に。グリーンや他のインテリア小物と一緒にディスプレイすることで、世界観が広がります。

3.みずみずしい観葉植物(グリーン)

目にするだけで心が和む観葉植物は、インテリア小物と相性のよいアイテム。育てる時間、愛でる時間全てが癒しとなり、暮らしを心地よく彩ってくれます。シンボルツリーのように大きな植物を飾るのもよし、小さなグリーンを集めたり、部屋中に散りばめたりして飾るのもよし。空間をみずみずしさで満たしてくれます。

4.キャンドルやルームフレグランス

ゆらゆらと揺らめく炎が心癒してくれるキャンドル。香りがついたタイプなら、よりリラックス感を感じられることでしょう。火を使うことができない場合は、スティックタイプのルームフレグランスを置くのもおすすめ。デザインがインテリアとして絵になるだけでなく、香りが優しく広がるのが魅力。香りが弱いと感じたらスティックを増やすなど、好みで調節できますよ。

「居心地がよい」と感じられる自分らしい部屋に

そこにあるだけで、部屋をおしゃれにしてくれるだけでなく私たちの心もリラックスさせてくれるインテリア小物。選ぶ時間の楽しさ、飾る楽しさ、愛でる楽しさをくれます。あなたもぜひ、気軽に取り入れやすいモノからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ディスプレイのテーマを決めてモノを厳選して飾れば、きっと理想の空間に近づけるはずです。

伊野奈緒美

251,650 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧