戸建住宅の「日よけ対策」はどうする?遮熱・遮光・エアコン効率アップのアイデア

コラム

夏の暑い日差しが眩しい、部屋が暑くなって困る…そんなお悩みはありませんか。日当たりのよい戸建て住宅は人気ですが、部屋によっては日差しが入り過ぎてエアコンが効きにくいといったお声もあるのではないでしょうか。そこで今回は、戸建て住宅の日よけ対策をご紹介します。ぜひ快適な夏の住まいづくりにお役立てくださいね。

 戸建て住宅の「日よけ対策」はどうする?

戸建て住宅の 暑さ対策は、夏の暮らしに欠かせないもの。窓から入り込む日差しによる熱は、部屋の温度を上昇させるだけでなくエアコン効率にも影響すると言われています。適切に日よけをすることで、外からの光を遮りより涼しく過ごすことができることでしょう。

それでは、気軽に取り入れやすいアイデアからリフォームのように本格的なアイデアまで戸建て住宅の日よけ対策をご紹介していきます。

「すぐにできる」から「リフォーム」まで。戸建て住宅の日よけ対策

1.カーテンを変える

カーテンは、ドレープカーテンとレースカーテンの2重で取り入れる方が多いのではないでしょうか。日よけとして使うことに重点をおくなら、「レースカーテン」の機能性にもこだわってみましょう。

最近では、遮熱効果だけでなく家具の日焼けなどを防ぐUVカット効果、目隠しとして活躍するミラーレース効果などさまざまな機能性が備わったレースカーテンが展開されています。デザイン性はもちろん、高い機能性にも注目することで日中の過ごしやすさが変わるかもしれません。

2.窓に遮熱フィルムを取り入れる

 外からの熱をやわらげたり、エアコン効率をアップさせたりと遮熱フィルムを窓に貼ることで窓から入る暑さをカットしてくれます。製品によって機能はさまざまですが、目隠し効果のあるタイプもあり、外から室内が見えにくくしたいご家庭にもおすすめです。カーテンやブラインドと併用することで、遮熱効果や目隠し効果がアップすることでしょう。

3.屋外側にオーニングを設置する

屋外側にオーニングを設置すれば、窓から入る太陽光を遮り、カーテンなどが熱を吸収して室内温度が上がるのを和らげてくれます。厚手の布製のアイテムで、雨よけや目隠しとしても役立ちます。

紫外線カット効果のあるオーニングを選べば、家具の日焼け対策にも。使用しない時には収納できたり折りたためたりなど、季節や用途に合わせて調整できるのもメリットです。

4.複層ガラスにするなど「窓リフォーム」する

窓から入る日差しを効果的にカットするために、「窓ガラスをリフォームする」というアイデアも。たとえば、遮熱タイプの複層ガラスやブラインド入りの複層ガラスを取りいれることで大幅に太陽の熱線や紫外線をカットし、エアコン効率を高める方法もあります。

今使っている窓フレームをそのまま使い、ガラスのみ取り替える方法もあるため、ご予算やインテリアなどに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

5.グリーンカーテンを設置する

窓の近くにプランターなどでツル性の植物を育てることで「グリーンカーテン」を設置する日よけ対策もあります。ネットやフェンスなどに絡ませるので、窓全体を覆うようなグリーンカーテンに育てることも可能。ナチュラルな雰囲気を演出し、目にも涼し気な日よけになります。ゴーヤやアサガオなど、身近な植物からトライしてみてはいかがでしょうか。

夏の戸建て住宅を快適にする「日よけ対策」を

 戸建住宅で夏を快適に過ごすためには、適切な日よけ対策が必要です。ぜひご家庭に合ったアイデアを取り入れて、本格的な夏に合わせて合わせて少しでも涼しく居心地のよい空間づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

264,181 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧