植栽で外構をおしゃれに!おすすめの植栽や選び方を紹介

コラム

庭や玄関ポーチ、塀などの外構は、家の印象を大きく左右する部分です。そもそものデザインに加えて、植栽選びやレイアウトにもこだわると、より一層おしゃれな見た目にできます。

この記事では外構をおしゃれにする植栽選びのポイントを始め、おすすめのシンボルツリーと下草を紹介します。

外構をおしゃれにする植栽選びのポイント4つ

外構を植栽によっておしゃれにするコツは、家と草木のバランスを考えた上で、将来を想定すること。具体的には「レイアウト・目的に合う植栽を選ぶ」「家のテイストに合わせる」「庭の広さに合わせる」「手入れ・管理のしやすさを考える」の4点です。

1. レイアウト・目的に合う植栽を選ぶ
おしゃれな外構づくりに取りかかる前に、まずはレイアウトや植栽の目的を考えてみましょう。植栽といっても、高木、中木、低木、下草、生垣など、種類はさまざま。高さや特性を活かせるよう配置することが大切です。

目的適した植栽
家の象徴がほしい・シンボルツリー(高木~低木)
目隠しをしたい・生垣
・常緑樹
足元を彩りたい・下草
・グランドカバー

2. 植栽を家のテイストに合わせる
外構と植栽のテイストが合っていないと統一感がなく、おしゃれには見えにくいもの。例えば、和風の家に洋風テイストやアジアンテイストの庭木があると、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

和風の家には和風テイストの庭木、洋風の家には洋風テイストの庭木のように、家と植栽の雰囲気を合わせましょう。

3. 植栽選びと植え方は庭の広さに合わせる
広い庭であれば植栽選びやレイアウトの幅が広がりますが、狭い場合は注意が必要です。広さに合わない植栽を選んでしまうと、おしゃれに見えづらいだけでなく、庭が窮屈になってしまいます。

庭があまり広くない場合は、シンボルツリーを低木する、草木は高低差をつけて植える、といった工夫をしましょう。

4. 手入れ・管理のしやすさも考える
おしゃれな外構づくりは、草木を植えて終わり…ではありません。草木は成長し、背丈を伸ばしていくもの。季節の移り変わりに応じて、花や葉が地面に落ちることも想定しておく必要があります。

特に、木を植える際は樹高を調べておきましょう。成長して十数メートルほど高くなる樹木を植えてしまうと、脚立に乗っても届かず、剪定を業者に頼まなくてはなりません。

また、地面に落ち葉が溜まっていると見栄えが悪くなります。こまめな掃除が難しい場合は、1年を通して葉をつける常緑樹を選ぶと良いでしょう。

外構をおしゃれにするおすすめの植栽①シンボルツリー

シンボルツリーは家の象徴となる木。外構の印象を大きく左右するため、こだわりの一本を選びたいところです。シンボルツリーにおすすめの植栽を紹介します。

オリーブ

シルバーカラーの葉が特徴的なオリーブは、洋風の家によく合う樹木です。秋になっても落葉しない常緑樹で、乾燥や虫に強いため、管理が楽なのもおすすめポイントの一つ。

オリーブの木は鉢植えでも育てられますが、成長すると枝葉が横に広がるため、ある程度の広さがある庭に適しています。

シマトネリコ

小さな濃い緑の葉が生い茂る、シマトネリコもシンボルツリーとして人気です。和風・洋風のどちらにも合いやすく、他の植栽とのバランスもとりやすいため、多くの家庭に取り入れられています。

ただし、シマトネリコは成長スピードが速く、定期的に剪定しないと2階の高さくらいまで伸びてしまいます。日当たりが悪くなったり、隣家に迷惑がかかったりすることもあるので、植える前にしっかり管理できるか考えてみましょう。

ヤマボウシ

ヤマボウシは5月~7月頃に白い花を咲かせ、10月頃になると赤い実をつけた後、紅葉も楽しめる落葉樹です。その華やかさと四季を感じる姿から、玄関周りのシンボルツリーとして高い人気を誇ります。

外構をおしゃれにするおすすめの植栽②下草

下草とは、シンボルツリーや高木の下に植える低木や草花のこと。シンボルツリーを引き立てておしゃれ度をアップしたり、周囲とのバランスをとったりするのに役立ちます。おすすめの下草を3つ紹介します。

コルジリネ

コルジリネは赤みがかった、直線的な葉が特徴的な植物です。シャープな印象が強いため、ボリュームのあるシンボルツリーの下草にすると、バランス良くまとまります。

ハツユキカズラ

ハツユキカズラは成長とともに葉の色が変わるのが特徴です。薄いピンク色の新芽から徐々に白色が強くなっていき、最終的には緑一色になります。

草丈は10~30センチほどで、ツルのように伸びるため、足元に彩りを添えるグランドカバーに適しています。

フッキソウ

常緑性で、1年を通して葉が茂るフッキソウも、グランドカバーとしてよく用いられる植物です。草丈は10~20センチほどで、成長すると絨毯のように横に広がっていきます。

フッキソウは暑さ・寒さに強く、日陰でもよく育つため、手入れに負担がかからない点も魅力です。

植栽選びにこだわって、おしゃれな外構にしよう

 

おしゃれな外構にするには、家と庭に合った植栽が欠かせません。ただし、単に好きな草木を植えるのではなく、目的やレイアウト、庭の広さに合う植栽を選ぶことが大切です。シンボルツリーや下草選びにこだわって、外構をもっとおしゃれに見せましょう。

植栽以外でも外構をおしゃれにしたい人は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

家の外構をおしゃれにしたい!ポイントやアイデアを紹介

管理人

1,770,825 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧