屋上テラスならお家の中ではやりたくない「お水のおもちゃ」も安心して楽しめる!

プライベートスペース

梅雨が明けて、いよいよ夏の到来ですね。

本格的な暑さが始まる頃は幼稚園や学校も夏休みを迎えますので、プールや海で水に浸かり暑さをしのぐ子どもも多いのではないでしょうか。

とは言え、自宅でプール遊びをするとなると、少々手のかかる準備も必要になってきます。

そんな時、もっと手軽に涼しさを感じられる水遊びができるおもちゃがあると、大人も助かりますし子どもきっと大喜びすると思いませんか。

部屋の中の水遊びで家の中が水浸しになっては困りますよね。けれども屋上テラスがある家ならば、水を溜めて水遊びを楽しめるおもちゃを設置するスペースも取りやすくなりますよ。

そこで今回は、屋上テラスで涼しく遊べる水を使ったおもちゃを4つ紹介します。

お水のおもちゃは子ども受け抜群!

暑い夏、子どもたちが何より夢中になる遊びがありますね。そう、水遊びです。

プールに飛び込んで遊ぶのももちろんですが、小さな赤ちゃんの頃から、子どもは水遊びが大好きですよね。

水の中に手を入れて水の感触を確かめたり、上下に動かしてぱちゃぱちゃと水しぶきの音を出してみたり水に親しみながら楽しむ姿をよく見かけます。

また、バケツや器で水をすくったり、流れる水をせき止めたり、水鉄砲で飛ばしたりといった水の動きに興味を持つと、まさに時間を忘れていつまでも遊び続ける子どもも多いのではないでしょうか。

いろいろな形に姿を変える水は子どもにとっても興味深く、想像力や集中力を刺激してくれるとても身近な存在です。

水に触れながら遊べる水遊びのおもちゃを使って、水に浮かばせる楽しさを知ったり、水の流れや勢いを感じたりすることは知育にも役立ちますよ。

また、水に触れて遊ぶと暑さを和らげることもできますので、夏の遊びにはぜひ水遊びのできるおもちゃを取り入れてみましょう。

お水のおもちゃ、選び方のポイントは?

多くのおもちゃについて言えることですが、水遊び用のおもちゃを与える際にも子どもの年齢に合ったおもちゃを選んであげることが大事です。

年齢によって安全性の配慮にも差がありますし、年齢に合うおもちゃの方が子どもは楽しみを見つけ出しやすくなり、満足感をより強く得られるからです。

赤ちゃんはなんでも口に入れたがる時期でもありますので、誤飲の危険性のある細かいパーツを使ったおもちゃでは遊ばせず、楽に手で握れるような柔らかく軽量なおもちゃで遊ばせると良いでしょう。

1,2歳なら、バケツやじょうろ、水に浮かぶものなどを使って自分の手を上手に使いながら遊べるおもちゃがおすすめです。

3歳以上になると、水の力を利用して動くおもちゃのように知的好奇心を刺激するものに興味が強くなりますので、少し複雑な水の流れができるものを選んでも良いでしょう。

また、子どもが遊ぶおもちゃについての安全性を確かめておきたい場合は、STマークがついているかどうかを見ると良いですよ。

第三者機関による検査で、機械的な安全性・化学的な安全性・可燃安全性の基準を満たしているおもちゃにのみSTマークがついていますので、子どもを安心して遊ばせられるかどうかの目安にできるでしょう。

屋上テラスで使いたい涼しげなお水のおもちゃを4つ紹介!

こちらでは、水を使って見た目にも涼しく遊べるおすすめのおもちゃ4つを紹介します。

【アクアプレイ ロックボックス (ボーネルンド)】
運河の国であるスウェーデン生まれの『アクアプレイ』は、水に物を浮かばせる・水の流れを作る・水力で物を動かすなど、水のさまざまな性質を遊びながら学べ、複数の人数で協力して遊べたり、2歳くらいから小学生まで成長に応じて遊びを発展させたりできる画期的なおもちゃです。

組み立て後はバケツ数杯の水を注いであげればOK。水路の組み替えができる、折りたたんでバッグ型にして持ち運べるなどフレキシブルに使いやすいのも魅力です。

【アーチウェイ フォール ウォーターテーブル(Step2)】
子どもたちにも大人気のアメリカのトイメーカーステップ2から発売されているウォーターテーブル。幼児から学齢期までの子どもたちが創造的な遊びの中で学習する力をつけることを手助けしてくれる知育玩具です。

水車や船に水をすくってかけて遊んだり、魚やカメのおもちゃを浮かべてみたりしながら自由に水遊びを楽しめますよ。

【おふろDEミニカー すすめ! 海底トンネル! 北海道新幹線はやぶさ&ドクターイエローセット】
筆記用具でおなじみの株式会社パイロットコーポレーションから発売されているお風呂でも遊べる知育玩具です。水の温度によって新幹線の色が変わるのを楽しんだり、レールの上を走らせたりして遊べます。

お風呂だけではなく室内でも遊べるようになっているほか、別売りの車両を増やしたりして遊ぶこともできますよ。電車や自動車が好きな子どもには特におすすめです。

【ウォーターフォール ディスカバリーウォール (Step2)】
大きな壁に13個のパーツを自由に取り付けていき、壁面に水の迷路や滝を作って遊ぶことができます。青一色の大きな壁にカラフルなパーツが取り付けられると、子どものワクワクする気持ちもさらに高まりそうですよ。

暑い夏を屋上テラスで乗り切ろう!

屋上テラスがあると、プール遊び以外でも、水を使ったおもちゃを置いて涼しく遊ぶことができますよ。

水着を着せて遊ばせれば、多少水がかかっても問題ないですし、むしろ思い切り遊べるようにもなるでしょう。

ただし、屋上の床が水で濡れてしまうことも考えられますので、タオルを敷いておいたり、走り回ることがないように注意してあげたりすることを忘れないようにしてください。

また、そのほかにも熱中症対策にこまめな水分補給をして、楽しい水遊びを満喫させてあげたいですね。

管理人

1,770,823 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧