自宅の屋上がセカンドワークスペースにぴったりな理由とは?

プライベートスペース

会社から在宅勤務を命じられ、自宅で慣れないテレワークをしている人が増えています。

在宅勤務は出勤しなくて良い気楽さがある半面、「家では集中できない」「気分転換にたまには外で仕事がしたい」などと感じている方が多いのだそう。

それもそのはず、リラックスして過ごせるように整備してきた自宅で仕事をすると、なかなかオンとオフの切り替えが難しく、生活にメリハリを感じにくくなってしまうのです。

そこで今回は、自宅の屋上テラスを第二のワークスペースとして活用する書斎×屋上のアイデアをご紹介しますので、自宅での仕事に不満があったり、仕事の仕方に悩んだりしている人は参考にしてみてください。

家で仕事をするときに不便な点とは

家選びや家具を選ぶ際、「リラックスできるか」や「子育てがしやすいか」など、プライベートを充実させることを意識しますよね。

オフィス勤務の人にとって自宅は、プライベートな空間という意識ですからそれは当然のことです。

そんなプライベートな空間で仕事をしていると、今までオフィスに出勤していたときにはなかった不満が出てきます。

そこで、代表的な3つを挙げてみました。

仕事をするスペースがない

自宅に仕事をするためのスペースが用意できず、小さなデスクしか置けないことがあるようです。

パソコン1台あれば仕事ができる場合でも、オフィスにいるときと同じようにメモをとったり仕事の資料を広げたりしたいものですよね。

自宅の狭いスペースでは、効率的に仕事ができないと感じてしまうこともあるでしょう。

書斎がない

書斎を持っていない場合、唯一テーブルがあるリビングの一角で仕事をする人も多いと聞きます。ただ、家族がいると仕事モードになりにくい場合もありますよね。

その対策として、子どもが不在の間、子ども部屋を使って仕事をする方法もありますが、子ども部屋が散らかっていたら気が散りますし、子どもから部屋を使わないで欲しいと言われてしまう可能性もあります。

もちろん家庭によって様々ですが、自宅にいる家族も仕事の邪魔にならないように生活しなくてはならず、家族全員にとって毎日小さな不満が溜まってゆくことになりかねません。

たまには気分転換がしたい

毎日憂鬱だった通勤がなくなり、快適に仕事ができると思いきや、実は会社と自宅の行き来だけでも気分転換になっていたのだと気づいた方もいるでしょう。

在宅で仕事をしていると、朝起きてから仕事をし、そして寝るまでずっと家の中、という籠もりがちな生活パターンになってしまうことも…。

ずっと家の中にいると時間の感覚が鈍くなり、仕事の効率が悪くなると感じる人も多いのではないでしょうか。たまにならカフェでの仕事も気分転換となって良いですが、毎日となると少し気が引けてしまいますね。

屋上テラスを第二のワークスペースにしよう

ここまで在宅勤務で出てくる不満や問題点を紹介しましたが、在宅勤務はやり方を少し工夫するだけで快適なものとなります。オフィス勤務では多少の不満は我慢するしか選択肢がないのに比べ、自宅では自分が快適に過ごせるように自由に工夫できるのです。

工夫の一つに自宅の屋上テラスを上手く活用することが挙げられます。自宅に屋上があれば、カフェのテラス気分が味わえる絶好のワークスペースとなるでしょう。

そこで屋上テラスがセカンドワークスペースにぴったりな理由を挙げます。

家でも外の空気を感じながら仕事ができる

自宅の屋上で仕事ができる環境を整えておけば、仕事をする場所を室内と屋上から選べます。室内には集中できるスペースがとれないとしても、わざわざ外出してワークスペースを探す必要はありません。

自宅の屋上テラスならば、気が向いたタイミングで利用料金も気にせずに利用することができ、また上ったり下りたりすることでオンオフを切り替えるきっかけにもなるでしょう。

日中気温の高い季節であれば、日よけを設置しても暑いので、「朝早くから2時間だけ、集中して屋上で仕事をしよう。」「日が落ちてきたこの時間は屋上で仕事をしよう」などと自然と時間を意識し、ダラダラと仕事をすることや、過集中を予防することができます。

気分転換ができ、効率が上がる

仕事中、部屋の中でデスクに向かっているだけでは息が詰まってくることもありますし、生活音がする中で集中状態を保つのには体力が必要です。

そこで、仕事に区切りがついたら屋上に上がり、広い空を見上げながら深呼吸をすれば気分もリフレッシュ。お気に入りドリンクを持って上がればカフェ気分も満喫できますし、深呼吸で忙しい頭の中がスッキリし、仕事の効率も上がります。

自宅であっても、1日の中で仕事をする場所を変えることで区切りがつき、より集中して仕事に打ち込めるでしょう。

屋上で仕事するためにおすすめなアイテムは?

自宅の屋上で仕事をするにあたって、持ち運びに便利なノートパソコンと仕事をするデスク、チェアは必須ですよね。

デスクとチェアは、屋上に出しっぱなしというわけにいかないので、折りたためるかどうかや、作業効率が悪くならないサイズかどうかを重視します。チェアはデスクと高さが合うかと、座り心地を重視しましょう。

暑さ対策のための日よけ

屋上テラスは太陽に近い分、陽射しを強く感じます。暑さ対策や熱中症予防のために、日よけは設置しておいたほうが良いでしょう。太陽光でモニターが見えづらくなることも防止します。

屋上の日よけには、パラソルやテント、タープなどの種類がありますが、仕事をするために使用するのであればタープの使用がおすすめです。

屋上では強風対策として、大きなものや風に煽られて落下するおそれがあるものは出しっぱなしにしないことが推奨されていますので、仕事の始まりと終わりに日よけを設置、撤去しなくてはなりません。

タープであれば屋上を使うときに布を張り、屋上から出るタイミングで外せばば良いので準備と後片付けが楽でしょう。重たいものを仕事の度に出し入れするのは負担ですし、大前提として、天候の良い日に短時間、仕事での使用が目的なのでタープでも充分なのです。

仕事グッズをまとめて収納できるバッグ

屋上テラスで仕事をする際、必要なグッズを一つのバッグにまとめて持っていけるなら便利ですよね。

そんなときに便利なのが、A4サイズで軽量、仕事で使う小物をいっぺんに入れることができるユートリムの「立つバッグインバッグ ワイド A4 スマ・スタ ユートリム」

この商品はA4サイズで軽量、仕事で使う小物をいっぺんに入れることができるバッグです。バッグインバッグですがそのままでも持ち運びが可能なので、自宅内の移動にも便利ですし、外出時にはまるごとバッグに入れることができるので、一つあるだけで移動が楽になるアイテムです。

ファスナーを開けて中のものが出せる状態で立てておけるので、デスクの横に置いたままでもOKですし、小物が行方不明にならないように収納がたくさんついているところもポイントが高いです。

仕事を終え、移動するときには小物を中に入れてファスナーを閉めるだけ。ノートパソコンもすっぽり中に入ります。

この製品以外にも、収納力のあるバッグインバッグはたくさんあるので、お好みのサイズや色、形のものを探してみてくださいね。ただ、自立する点はどんな環境であっても使いやすい機能なので、自立式に加え収納力の高いアイテムをチョイスすることをおすすめします。

自宅の屋上で仕事の効率もアップ!

テレワークの悩みは「自宅の中に仕事をするスペースがない」「家族が気になって集中できない」などが多いですが、1日の中で短時間でも自宅の屋上テラスで仕事をすれば、少し心に余裕も生まれるのではないでしょうか。

在宅ワークは外に出られずストレスが溜まりがちですが、屋上なら外の空気に触れながら、気持ち良く仕事ができます。また自宅なので、他人に気を使う必要もありません。

今後、テレワークはスタンダードな働き方になっていくでしょう。これからの住まいには、在宅ワークの可能性を考慮した造りが求められるのかもしれませんね。

在宅勤務へ不満や悩みがある方は、自宅の屋上を第二のホームオフィスにしてみてはいかがでしょう。いつもよりも新鮮な気持ちで過ごすことができますよ。

管理人

1,763,624 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧