秋冬は足元から暖かく!屋上テラスで活躍する、あったかサンダル特集

おすすめキャンプ用品

トップ写真提供:Instagram by  ___a.y.a.k0uchi__

風が冷たくなる秋冬は、「足元が寒い…」と感じることも多くなる季節。少し我慢すればいいだけなのかもしれませんが、冷たい風を想像すると屋上テラスに出るのも億劫になります。スニーカーを履けば解決する問題といえばそれまでですが、ちょっと外に出るだけなのに「脱いだり履いたりするのが面倒」と思うこともあるでしょう。

そんなときに活躍するのが、冬用のアウトドアサンダルです。足元から暖かく快適に過ごせるので、外に出るのも楽になりますよ。

秋冬の履き物は、スニーカーだけじゃない!

寒い季節になると、スニーカーやブーツを履くのが一般的です。でも、ちょっと屋上テラスに出るだけなのに、わざわざスニーカーを履きたくないと思うこともありますよね? 脱ぎ履きが面倒なうえ、かかとを潰して履くのもどこか気が引けます。

サンダルといえば夏に履くイメージですが、今は保温性の高い、冬用サンダルも多く登場しています。暖かくて快適な履き心地に、ハマる人も少なくありません。

画像提供:Instagram by  yukapikotaro

メリットいっぱい。秋冬用アウトドアサンダル

冬用のアウトドアサンダルは、通常のサンダルと比べて保温性が高くなっています。サッと履けて動きやすいなど、メリットも豊富です。

履きやすくて、保温力も高い

履きやすさでいえば、やっぱりサンダルが一番。自宅に入る時はすぐに脱げて、両手も自由に使えるので、子どもを抱っこしたままでも履けるのがいいですね。

冬用サンダルは、内側に起毛素材を使っているため保温力が高くなっています。足指や足の甲は暖かく、ふかふかの肌触りの良さは裸足で履きたくなるほどです。

靴のように履ける、2way仕様

冬用サンダルの特徴は、サンダル履きも靴履きもできる2way仕様のデザイン。かかとを踏んで使うことも、スニーカーのようにも履くこともできるモデルが多数登場しています。

屋上テラスではサンダル履きにして、ちょっとお出かけする時はしっかり履くなど、シーンにによって使い分けられます。

汚れに強い

水や汚れに強いところも、アウトドアサンダルのメリットです。表面に撥水加工が施されているモデルなら、多少の雨も問題ありません。摩耗や耐久性にも優れているので、何度も履きたくなります。

普段のコーディネートにもOK

季節感のある冬用サンダルは、屋上テラスだけでなく、街中のコーディネートにもぴったり。冬は全体のコーディネートが重くなりがちですが、サンダルであれば適度な抜け感が演出できます。選ぶ色や柄によって印象が違うので、そのあたりも楽しんでみるといいですね。

『Teva』と『SUBU』の二大サンダルブランド

アウトドアサンダルの二大ブランドといえば、『Teva』と『SUBU』。履き心地や暖かさ、おしゃれ感から多くの人が愛用しています。

冬の定番シューズとしても注目『Teva』

Tevaは、アメリカ・カリフォルニア州発のスポーツサンダルブランドです。足首を固定するアンクルストラップを世界で初めて考案するなど、革新的な技術で機能的なフットウェアを開発しています。

Tevaは夏の向きのサンダルが有名ですが、使い心地や履きやすさから、冬用サンダルも定番シューズとして注目を集めています。

家でのリラックスムードをそのままに『SUBU』

SUBUは、秋冬のサンダルで圧倒的な人気を誇るブランドです。室内において、日本人は素足や靴下で過ごすこともよくありますが、SUBUのサンダルであれば自宅のリラックスモードを屋外でも体感できます。ダウンのように暖かく、快適な履き心地で、愛用者が絶えないブランドです。

屋上テラスで履きたい。あったかサンダル特集

ソフトな履き心地で、着脱もしやすいサンダルは秋冬も大活躍。ここでは、おすすめのあったかサンダルとメーカーをご紹介します。

SUBU

SUBUのサンダル『SUBU』は、寒い季節でも素足で履けるほど保温力に優れている点が特徴。起毛加工の生地が足元を暖かく保ち、4層構造のインソールが足全体に抜群のフィット感を生み出します。表面には撥水処理が施されていて、防汚効果もあります。シンプルなデザインからカモ柄、ドット柄まであるので、きっと自分好みのカラーが見つかるはず。

画像提供:Instagram by  yukapikotaro

Teva

Tevaのロングセラーモデル『エンバー モック』は、サンダル履きもスニーカー履きもできる2way仕様です。かかとを踏んで履けるので、自宅への出入りも簡単。キルティングアッパー採用で足元から暖かく、快適に過ごせます。

上位モデル『エンバーモック シェアリング』は、裏地に厚さ10mmのウールシェアリングが使用されているので、キャンプ場の寒い夜にも対応する一足です。

画像提供:Instagram by___a.y.a.k0uchi__ *

ワークマン

ワークマンのアウトドア用品は、コスパの高さからユーザーの支持を集めています。秋冬用のサンダル『防寒トレッドモック』は、男女兼用のスリッポンシューズです。2020年には新色イエローとネイビーが追加され、より足元をおしゃれに演出できるようになりました。長時間着用でも心地良さが持続し、かかとも折り畳めるサンダルは収納袋付きです。

https://workman.jp/shop/g/g2300056361048/

コロンビア

コロンビアの『ネステントモック』は、さりげなくロゴが入った秋冬サンダル。シンプルな形状で、普段履きがしやすくなっています。足をスムーズに入れられる構造は、サッと履きたいシーンで活躍します。ネイティブモチーフ柄の『ネステントモックグラフィック』は、足元をポップに見せたいときにおすすめです。

画像提供:Instagram by 靴のシューマート

https://www.columbiasports.co.jp/items/col/YU0358/

https://www.columbiasports.co.jp/items/col/YU0363/

L.L.Bean

エルエルビーンの『ウルトラライト・プリマロフト・ウォータープルーフ・スリップオン』は、かかとを踏んで歩けるので、ちょっとした屋上テラスの作業にぴったり。プリマロフトの中綿が保温性を確保し、耐久性にも優れています。防水性もあるため、多少の水濡れも問題ありません。室内でも外でも使える秋冬用シューズです。

https://www.llbean.co.jp/search/?q=%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%88&lang=ja_JP

ソックスも履いて、秋冬の足元を暖かく保とう

冬用のサンダルは、履きやすいうえ保温性も高く、履き心地にも優れています。屋上テラスで履くときはもちろん、おしゃれな見た目から普段のコーディネートにも使えます。

サンダルのデザインによっては「足首が寒い」と感じるので、そのときはソックスを履いて対応しましょう。近年は、夏用サンダルにソックスを合わせるスタイルも浸透してきています。暖かく心地良い冬用サンダルを履いて、寒い季節を乗り切りましょう!

松崎 清央

46,687 views

ライター / 自然体験教育者。公務員を退職後、アウトドア専門学校に入学し、子どもの野外活動、登山、キャンプの技術を取得。WEB媒体を中心に、アウトドア・自然...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧