いつも本をそばに。思わず「読書したくなる」本収納のアイデア集

テクニック

トップ画像提供:ACTUS

本が好きな方、お子さんに本に親しんでほしいと思っている方は、きっと「本に囲まれた暮らし」に憧れるのではないでしょうか。新しい本を買いそろえるのもワクワクしますが、既にお家のなかにある眠っている本を見直してみるのも良いかも。そんな本たちを集めて読書スペースをつくれば、きっと家族みんなが楽しめる豊かな空間になるはずです。今回は、読書がぐっと身近になる「本収納」のアイデアをご紹介します。

「本収納」を見直せば、読書がもっと身近に

画像提供:ACTUS

サイズやデザインなどがまちまちな本。収納に困るアイテムのひとつなのではないでしょうか。もし今、クローゼットにしまいこまれていたり、お部屋のあちこちに本が散らばっているのなら、それらを集めた本収納を検討してみるのも良いかもしれません。

本収納を見直せば、読書がもっと身近に感じられるはず。ぜひ、ご自分に合った本収納のアイデアを探してみてください。

身近に置いて、「読書」のハードルを低く

本に自然に親しむためには、「本を身近に置いておく」ことがおすすめです。たとえば、家族が集まるリビングの一角に本棚を置いてジャンルを問わず本を並べる、お気に入りだけをマガジンラックにまとめてお気に入りチェアのそばに置くなど、読書のハードルが低くなるような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、具体的な本収納のアイデアをご紹介していきましょう。

思わず読書したくなる、「本収納」のアイデア集

アイデア1: オープン棚に飾りながら収納する

画像提供:ACTUS

リビングなどの家族が集まる空間に、ひとつだけで良いので本棚を置いてみてはいかがでしょう。ゆったりと寛ぐソファやチェア、ラグが敷かれた場所などの近くに置けば、自然と本を手に取りたくなるはず。大人向けの本だけでなく、お子さんの絵本なども一緒に収納すると、家族みんなが楽しめる読書スペースになります。本が出し入れしやすいオープン棚は、ディスプレイコーナーとしても役立ちます。雑貨やグリーンを添えて飾りながら収納すると、本も素敵なインテリアの一部に。

アイデア2:厳選した本を低めの棚に並べる

画像提供:ACTUS

ロースタイルのインテリアを好む方は、低めの棚に本収納してみてはいかがでしょう。背の高い本棚に比べて収納力は劣りますが、厳選した本を収納するのに適しています。

画像提供:ACTUS

お子さんも手が届きやすいので、絵本や写真集、旅の本など家族で楽しめるジャンルを中心に収納するのも良いですね。表紙を見せて並べると、アートのようにお部屋を華やかに彩ります。

アイデア3:大容量の本棚を用意して、自宅ライブラリーをつくる

画像提供:ACTUS

天井にまで届きそうな背の高い本棚は、ライブラリーのように本を収納するのにぴったり。広いスペースを確保できないなら、中途半端に空いてしまっている窪みや階段周辺のデッドスペースを使うのも良いでしょう。

こちらの写真のように、余白をつくりながら縦置き横置きなどランダムに本や雑貨を並べるだけでも素敵なインテリアに。本のデザインがバラバラでインテリアになじまない場合は、カバーを取ってしまうのもひとつのアイデア。カバーを取るとホワイトやベージュ系の本が多いため、素早く統一感を出すのに役立ちます。

アイデア4:小さな読書スペースをつくる

画像提供:ACTUS

本に囲まれる感覚を楽しむなら、お部屋のコーナー部分などを使って小さな読書スペースをつくるのもおすすめ。本棚の近くにラグを敷いて、気軽に本を手に取って読める場所をつくっておくと思わず家族が集まってきそう。

自分の内面を映す本をいつもそばに

画像提供:ACTUS

自分の内面を映す本は、時に刺激を与えてくれたり癒しを与えてくれたりと日々を豊かにしてくれます。何気なく開いてみたくなるような本収納を工夫すれば、しまい込んでいた本が心を照らしてくれるかもしれません。あなたもぜひ、自分らしい本収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

251,197 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧