テントで使える4種類のストーブを紹介!安全に使うための注意点も解説

おすすめキャンプ用品

テント用ストーブの種類4つ

自然を満喫しながら、テントの中で暖を取るのは冬キャンプならではの魅力の1つ。そのためにはストーブ選びが大切です。ここでは、冬キャンプに欠かせないストーブを種類別に紹介し、テント内でストーブを使用する際の注意点について解説します。

1.ガスストーブ

ガスストーブは、燃料となるガス缶をセットしてスイッチを入れるだけですぐに暖まります。軽量でコンパクト、手軽に持ち運びできるものが多いため屋外テラスでの使用や防災グッズとしても活用できます。

一方で暖房効果はあまり高くないため、ソロやカップルなど少人数のキャンプに向いていると言えるでしょう。

ガスストーブに使用する燃料のガス缶には2種類あります。1つ目のCB缶は火力は弱めですが、使用できるガスストーブが多く、価格も手頃です。気温が低くなると気化しにくくなり、状況によって使用できなくなる可能性があるため、使用時期に気をつけましょう。

2つ目のOD缶は、CB缶に比べて価格設定が高めで使用できるガスストーブも限られます。しかし、アウトドア用のガス缶のため気温が低くても安定して使えます。使用時期や用途に応じてどちらのガス缶にするか決定してください。

2.石油ストーブ

石油ストーブは、火力が強く広範囲を温めることができます。燃料となる灯油は長時間燃焼するため、コストパフォーマンスが高いのも特徴です。また、やかんや鍋を載せることができるので、調理するときにも活用できます。

広範囲を温められる石油ストーブは、家族やグループなど大人数でのキャンプを楽しむのに適しているでしょう。

ただし本体と燃料、どちらにも重量があるため、車が横付けできるキャンプサイトを選ぶ必要があります。

3.薪ストーブ

薪ストーブは火力もあり、広範囲を温めてくれます。機能面では石油ストーブと同様ですが、揺れる炎でテント内のムードを幻想的な空間に演出できるのは、薪ストーブならではの魅力です。

ただし、火や薪の量で温度を調節するなど扱いが難しいため、初心者向きとは言えません。

また、薪ストーブは煙やすすを外へ排出させる煙突を取り付ける必要があり、テント選びも重要です。ストーブ周りのスペースと高さを確保できるティピー型、ベル型テント、煙突付きのワンポールテントなどが適しています。

4.電気ストーブ

電気ストーブは、一酸化炭素中毒や火事を引き起こすなどのリスクが低く、安全性に優れています。

一方で触ると火傷をする、近くに燃えるものを置くと引火するなどの危険性があります。近年は、温めた風を送るファンヒーターや、転倒するとスイッチが自動でオフになるものなどもあるのでチェックしておきましょう。

電気ストーブは手軽に使用できるため、アウトドア初心者や、子ども連れなどに適しています。ただしコンセントが必要なので、電源を備えたキャンプサイトを選んだり、ポータブルタイプの電源を持参したりして対応しましょう。

テント内でストーブを使用するときの注意点

ストーブは種類によって特徴や使い勝手が異なりますが、いずれのストーブもテント内で使用する際には十分な注意が必要です。冬キャンプを安全に楽しむためにも、注意点を把握しておきましょう。

危険がないように安全の確保をする
ストーブの使用で最も注意しなければならないのは、一酸化炭素中毒です。一酸化炭素は、酸素が不足した環境で不完全燃焼を起こしたときに発生します。頭痛やめまいがしたり、ひどいときは呼吸困難や昏睡状態などに陥ったりなど、命にも関わる重大な中毒症状を引き起こします。

一酸化炭素が発生する可能性が高いのは、薪ストーブ、次に石油ストーブ、ガスストーブです。これらのストーブを使用する場合は必ず換気を行い、一酸化炭素警報器を持っていくなど対策をしてください。

火事も、ストーブによる危険の1つ。ストーブの周りに十分なスペースを設けて、燃えるものは近くに置かないなどの対策をして、安全に暖を取りましょう。

寝るときは必ずストーブを消す
一酸化炭素中毒や火事を起こさないためにも、寝るときは必ずストーブを消しましょう。就寝時は低体温症のリスクもあるため、インナーやタイツ、裏起毛のあるズボン、フードなどを着用し、防寒対策をしておきます。

また、シュラフ(寝袋)も冬用のものを用意します。冬用の素材にはダウンや化学繊維などがあります。ダウンは軽くてコンパクトですが値段が高く、一方で化学繊維は値段は手頃ですが、分厚くかさばるものが多い傾向にあります。

いずれの場合でも、使用可能な温度が表示されているので、キャンプをする場所の最低気温などを参考に選びましょう。

ほかにも電気カーペット、湯たんぽやカイロなどを使うのも有効です。ただし低温火傷のリスクを避けるため、電気カーペットは付けたまま寝ないこと、湯たんぽやカイロは直接肌に触れないように注意してください。

使用するテントの種類やタイプに気をつける
使用するテントの種類やタイプによっては、ストーブとの相性が悪い場合もあります。

例えば薪ストーブや石油ストーブは、前述したとおり十分なスペースが必要です。ガスストーブや電気ストーブのようにコンパクトで火力が高くないものは、効率的に暖められる大きさのテントが適しています。

テントの素材は火や結露に強く、通気性に優れたポリコットンがお勧め。冬用のものはフライシートの下から地面に伸びる「スカート」が付いていると、空気が漏れにくいためテント内の室温は保たれますが、ストーブの種類によって換気の必要があるので注意しましょう。

まとめ

薪ストーブは煙突を付けることでリスクを軽減できますが、基本的に石油ストーブやガスストーブも含め、テント内の使用は推奨されていません。

しかし極寒の冬は屋外でたき火やストーブをしにくい環境ですから、テント内をしっかりと暖めておくことも大切。冬キャンプにチャレンジしたいと思っている人は、ストーブの危険性を理解し、注意点などをしっかりと把握した上で冬ならではの非日常を楽しみましょう。

管理人

1,770,815 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧