午後のお茶を優雅なひとときへ、お家アフタヌーンティーのすすめ

プライベートスペース

最近、外出の機会が減っていることから屋上テラスでお家カフェを楽しむ人が増えていますね。

自宅での気分転換になるお茶の時間ですが、毎日のこととなると少し飽きを感じている人もいるのではないでしょうか?

そんなときは、少し雰囲気を変えて趣向を凝らしたお茶会仕立てにしてみると、新たな刺激にもなって新鮮な気分になりますよ。

屋上テラスで、おいしいお茶と優雅なくつろぎの時間『アフタヌーンティー』を楽しんでみませんか?

お家アフタヌーンティーで用意するものとは?

日本でも午後にお茶を飲む習慣がある人は多いのではないでしょうか。

昼食と夕食の間に休憩を挟んで、お茶やコーヒーを飲んだり、時には甘いものを一緒に取ったりすることもありますよね。

本格的アフタヌーンティーの場合は特徴的な以下の3つのメニューが並びます。けれども安心してください、すべてを手作りするのは大変ですから市販のものと組み合わせても大丈夫ですよ。

1.Savory(セイボリー):サンドイッチなどの軽食を指します。

2.Scone(スコーン):スコーンにジャムやクロテッドクリームを付けて食べます。

3.Sweets(スイーツ):ケーキやタルト、クッキーなどスイーツ類です。

そして、欠かせないのはおいしく入れたお茶ですね。

チーズやハムを使ったサンドイッチにはアールグレイ、スコーンなど軽食にはアッサムティー、濃厚なクリームやフルーツのお菓子にはダージリンティーで後味をさっぱりとさせるなど、食べ物とお茶の組み合わせを楽しんでみましょう

ただのお茶の時間と考えると、意外とボリュームがあることに驚きますよね。

というのも、朝夕2回の食事であった昔、アフタヌーンティーには夕食までお腹を持たせるための側面もあったため、食べ物の種類も豊富なのだとか。

アフタヌーンティーを催す日には、昼食を控えめにして、お茶と軽食をゆっくり堪能しながら夕方までの時間を過ごす、というイメージを持つと良いですね。

アフタヌーンティーは、有名なあの人から始まった

アフタヌーンティーは、1840年イギリスの貴族アンナ・マリア・ラッセルにより始められました。

初めは貴族の女性たちの間で社交場として流行したものでしたが、その後一般階級にまで浸透し、現在のイギリスでもお茶と軽い食べ物を一緒に取る形でイギリスの文化に根付いています。

日本でアンナ・マリア・ラッセルの名はあまり知られていませんが、キリンから発売されている午後の紅茶のパッケージに描かれている女性といえば、意外なところで慣れ親しんでいて、ご存じの方も多いかもしれませんね。

これがあったらお家アフタヌーンティーが盛り上がる

ホテルのラウンジをはじめ、街なかのレストランでアフタヌーンティーを楽しめるところも多くあります。おいしいお茶と食べ物をいただきながら優雅な時間を過ごせる素敵な空間ですよね。

できれば自宅のアフタヌーンティーもあの雰囲気を再現したい、と思う人も多いのではないでしょうか。

でも、家具やテーブルウェアなどすべての調度品を真似ることは難しいですよね。

そんなときは、ホテルのラウンジやレストランの空間をお手本にして、3つだけポイントとなるアイテムを取り入れると、素敵なアフタヌーンティーの雰囲気になりますよ。

・ティーポットやティープレス

ティーバッグはそれぞれのカップに手軽にお茶を入れることもできてとても便利なのですが、ティーポットやティープレスを使ってお茶を入れることで、より優雅な雰囲気が味わえますよ。

また、ガラス製のものは、ティーカップと揃っていなくてもテーブルウェアとバランスを取りやすいですし、紅茶の色もきれいに見えて気分も盛り上がることでしょう。

・アフタヌーンティースタンド

軽食・スコーン・スイーツなどが美しく盛られ、華やかな雰囲気を楽しめる英国式アフタヌーンティーの象徴ともいえるアイテムですね。見た目の美しさだけではなく、立体的にお皿を配置できるので、小さいテーブルでもゆとりを持たせたテーブルコーディネートができるようになりますよ。

・テーブルフラワー

ティーパーティーではテーブルに飾られる花はとても大事です。小さなテーブルの場合は季節の花を切り花にして、グラスなどに小ぶりにまとめてアレンジするだけでも、ぐっと洗練された雰囲気になりますよ。

ペーパーナフキンやお皿などテーブル上のものとカラーコーディネートするのも、おしゃれな雰囲気が増して素敵なお茶会になりそうですね。

お家アフタヌーンティーで食べたい高級スイーツ おすすめ3選

アフタヌーンティーを楽しみたい、でも手作りするのは時間的に難しいという人も多いのではないでしょうか。

また、たまには自分へのご褒美で、プロの作るデザートを贅沢に楽しみたいという人も多いと思います。

そんなときは、必ずしも手作りにこだわる必要はないでしょう。

お茶の時間を楽しむことが大事ですので、お気に入りのデザート類をお取り寄せして、時間を有効に使うのも良い方法かもしれませんね。

最近は外出の機会が減ったため、デリバリーに力を入れるお店が増えていますので、人気の商品もお取り寄せやテイクアウトで手に入りやすくなっていますよね。

たまには、贅を尽くしたデザートでとろけるような至福の時間を堪能してみてはいかがでしょうか。

【お取り寄せ】

・ルワンジュ東京「エクレアートショコラ プレミアム」

六本木の高級ギフトスイーツ店ルワンジュ東京で一番人気のエクレアセットです。希少価値の高いクーベルチュールチョコやカルピス発酵バターなど厳選の高級素材を用いた豪華なアソートは、見た目も豪華で美しく、口どけもなめらかな逸品揃いですよ。

・銀座千疋屋(GINZA SEMBIKIYA) モンブラン

銀座千疋屋のモンブランはサクッとしたタルトの食感となめらかなマロンクリームの絶妙なバランス、そして栗本来の風味を生かした上品な甘さが人気のお取り寄せグルメです。テーブルに並ぶもので季節を感じさせるのも、素敵な演出になりますね。

【テイクアウト】

・ANAインターコンチネンタルホテル東京 アフタヌーンティー テイクアウト

2階のアトリウムラウンジで期間限定の本格アフタヌーンティーのセット(スイーツと軽食)をテイクアウトできます。

どれから食べるか迷ってしまいそうな可愛いセットは、すべて食べやすいプチサイズ。自宅できれいに盛りつけて、ホテルの豪華なアフタヌーンティーを堪能できますね。

※10月31日までは「辻利」の抹茶を全品に使用した抹茶のスイーツセット、11月1日~12月27日はルビーチョコレートのピンク色がゴージャスなルビーチョコレートのスイーツセットです。

※要予約で前日21時までのクレジット決済が必要なので、余裕を持ってアフタヌーンティーの日程を組みましょうね。

まとめ

いつもより時間を掛けたお茶の時間は、親子や気の置けない友人などとゆっくり過ごすのもよいですし、頑張った自分へのちょっとしたご褒美にしてあげるのも良いかもしれませんね。

貴婦人たちが自宅のサロンや庭園でアフタヌーンティーを楽しんだように、屋上テラスで午後のひと時を優雅に過ごしてみてください。

管理人

127,357 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。