玄関ポーチには照明が必要?おすすめのポーチライトや設置場所も紹介

コラム

玄関前の庇(ひさし)に広がる玄関ポーチには照明が必要です。ポーチライトなら周りを明るく照らすだけでなく、防犯性を高めたりおしゃれな雰囲気を作れたりするメリットがあります。

とはいえ、どんな玄関ポーチを選べば良いのか、またどこに設置したら良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は、ポーチライトのメリットや玄関ポーチの照明におすすめのポーチライトを紹介し、設置場所などの疑問にお答えします!

玄関ポーチの照明は必要?ポーチライトのメリット

玄関外側にあたる玄関ポーチに照明は欠かせません。玄関ポーチの照明にはダウンライトもありますが、おすすめはポーチライトです。

ポーチライトは玄関灯とも呼ばれるもので、玄関周り全体を明るく照らしたり防犯性を高めたり、おしゃれな雰囲気を作れたりするメリットがあります。

まずはポーチライトのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

玄関周りが全体的に明るくなる
ポーチライトは玄関周りを全体的に明るくするメリットがあります。ダウンライトに比べて広い範囲を明るく照らしてくれるため、夜に帰宅したときにも暗くて鍵穴が見えないといったこともありません。

また、玄関周りが明るいとバッグから鍵を取り出すときにもスムーズです。さらに玄関ポーチに段差がある場合も、足元がはっきりと見えるため段差に気づけます。

段差が見えず、躓いてしまう危険を防げるため、家族だけでなく訪問客にとっても安心です。

防犯になる
玄関周り全体を明るく照らしてくれるポーチライトは、防犯面でも役立つメリットがあります。夜間に玄関周辺が暗いと人目につきにくくなるため、犯罪者に狙われやすくなる可能性があります。

そこでポーチライトで玄関周りを明るくしておくことで、家の周囲が人目につきやすくなり、不審者が近づきにくくなるのです。

また、玄関周りが明るいと周辺の状況がわかりやすくなるため、訪問者の顔もはっきりと確認でき、防犯性が高まります。

おしゃれな雰囲気を作れる
ポーチライトは玄関周りをおしゃれな雰囲気に演出できるのもメリットのひとつです。

ダウンライトの場合は天井に埋め込まれているため、デザインの種類も少ない傾向ですが、ポーチライトならモダン・クラシカル・和風など、さまざまなデザインから選べます。

家のテイストや玄関のタイルに合ったものを選べる点も人気で、玄関ポーチが格段におしゃれになります。

玄関ポーチの照明におすすめのポーチライト

玄関ポーチの照明におすすめのポーチライトは、以下の3つです。

・人感センサー付き
・録画機能付き
・LEDライト

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

おすすめ①人感センサー付き
玄関ポーチにおすすめなのが、人感センサー付きのポーチライトです。人が近づいただけで自動で照明が付くため、買い物帰りで両手がふさがっているときにも助かります。

また、人がいるときだけ照明が付くため、電気の無駄遣いになりません。さらに、人感センサー付きは防犯効果も期待できます。

不審者が家に近づいた際にも、人感センサーが反応し照明が付くため、犯罪抑止につながるでしょう。

おすすめ②録画機能付き
2つ目のおすすめは、録画機能付きのポーチライトです。録画機能付きのポーチライトは、玄関周りを明るく照らすと同時に、防犯カメラの役割を担ってくれます。

また、防犯カメラを単体で設置するよりも目立たないのがポイントです。不審者がカメラ付きインターホンに映らない場所で何かを行ったときにも、録画機能付きのポーチライトで証拠を押さえられる可能性があります。

おすすめ③LEDライト
ポーチライトにはLEDを選ぶのがおすすめです。白熱灯や蛍光灯に比べて少ない消費電力で明るく照らすため節電効果があり、長く使えるメリットもあります。

また、LEDライトは虫が寄りにくいのも特徴のひとつです。白熱灯や蛍光灯は虫が寄ってくる紫外線が含まれていますが、LEDライトには紫外線がほとんど含まれていないため、虫が集まってきません。

虫が苦手な人や、景観を良くしたい人にもLEDのポーチライトはおすすめです。

玄関ポーチの照明Q&A

「ポーチライトを取り付けたいけど、どこに付けたらいいの?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。また自分で設置できるのかも気になるところでしょう。ここではこれらの疑問にお答えします。

ポーチライトはどこに付ける?
ポーチライトは、ドアノブ側に設置することをおすすめします。なぜなら、ポーチライトをドアノブの反対側に設置した場合、ドアを開けたときにポーチライトの灯りが遮られてしまうからです。

ドアを開けるたびに玄関周りが暗くなってしまうため、ポーチライトはドアノブ側に付けるようにしましょう。

ただし、玄関の構造によってドアノブ側に付けられないという場合は、ドアノブ側の天井にダウンライトを併用することをおすすめします。

自分でも設置できる?
ポーチライトの設置は電気工事士の資格が必要になるため、専門の方でない限りは自分で取り付けることはできません。

玄関ポーチに新設でポーチライトを付ける場合は、配線工事が必要になります。また、ポーチライトを取り替える際の電線を端子に刺すといった作業も、業者が行わなければなりません。

ショートや感電する恐れがあるため自分で行うのはやめましょう。加えて、ポーチライト内部の電球だけは自分で交換できます。電球交換以外は、専門業者や工務店に依頼しましょう。

玄関ポーチの照明はおしゃれで防犯性の高いポーチライトを

 

ポーチライトは玄関周辺を明るくするほか、防犯性を高めたりおしゃれな雰囲気を作れたりするメリットがあります。

ポーチライトを選ぶなら、人感センサー付きや録画機能付き、LEDライトのタイプがおすすめです。これらのポーチライトは便利で機能性が高く、節電効果や防犯効果があります。

設置する際には専門業者に依頼し、ドアノブ側に取り付けてもらうようにしましょう。

暮らしの安全を確保するためにも、おしゃれで防犯性の高いポーチライトを選んでみてはいかがでしょうか。

管理人

1,952,607 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧