家の外構をおしゃれにしたい!ポイントやアイデアを紹介

コラム

外構は家作りをする上で後回しにされがちですが、外から見える部分であり、家の印象を決める大事な場所です。とはいえ「センスのいい外構を作りたいけど、どうすれば良いのかわからない」と悩んでいる人は多いかもしれません。

そこで今回は、家の外構デザインをおしゃれにするポイントやアイデアを紹介します!

家の外構デザインをおしゃれにするポイント

家の外構デザインをおしゃれにするポイントは、家全体のテイストと合わせたり、シンプルなデザインの中にもアクセントを入れたりなど、いくつかポイントがあります。

まずは、家の外構デザインをおしゃれにする4つのポイントを見ていきましょう。

家のデザインとテイストを合わせる
外構デザインをおしゃれにするポイントは、家のデザインとテイストを合わせることです。

外構には塀や門、車庫、玄関アプローチなどさまざまな要素がありますが、これらが家のデザインと合っていないとセンスの悪い印象になってしまいます。

例えば、家のデザインが洋風なのに塀や門が和風では、アンバランスに見えてしまうでしょう。

家のデザインが洋風なら外構も洋風に、和風なら全体を和風にするといったように、全体の統一感を持たせることが重要です。

あらかじめ家のテイストを「洋風・和風・北欧風・西海岸風」など明確にしておくと良いでしょう。

奥行きを強調して立体感を出す
外構は玄関アプローチで奥行きを強調し、植栽や塀などで立体感を出すとグッとおしゃれになります。敷地の広さはそれぞれですが、平らな空間だとのっぺりとして無機質な印象になりがちです。

例えば門から家の扉までの玄関アプローチに砂利とタイルを敷いて小道を作ると、奥行きが生まれます。また、背の高い植栽やフェンスなどを取り入れると立体感が出せて、日なたや日影が生まれるのもメリットです。

敷地がそこまで広くなくても、工夫次第で奥行きと立体感は出せます。

ライトアップを利用して幻想的な雰囲気を作る
夜はライトアップを利用すると幻想的な雰囲気が作れておしゃれ度がアップします。表札周りに照明を取り付けたり、植栽の下から光を照らしたりするのも良いでしょう。

また、階段がある場合は、段差の下に照明を入れ込む方法もおすすめです。壁面や床に埋めこんだダウンライトなどもあり、照らし方によってさまざまな光の演出ができます。昼とはまた違ったラグジュアリーな雰囲気が楽しめるでしょう。

ほかにもライトアップは外構を美しく見せるだけでなく、安全面や防犯面の役割もあります。

シンプルなデザインの中にアクセントを入れる
シンプルなのになぜかおしゃれに見える外構は、アクセントが上手です。例えば、シンボルツリーを植えたり、赤や黄色などアクセントカラーになるポストを取り入れたりなどの施工例があります。

また、余計な装飾がない分、玄関アプローチにこだわるのもおすすめです。芝生×枕木でグリーンでナチュラルな小道をアクセントにするのも良いでしょう。

家の外構デザインをおしゃれにするアイデア

ここからは家の外構デザインをおしゃれにするアイデアを紹介します。「玄関ポーチやアプローチ・駐車場・フェンス・庭」の外構デザインのアイデアを見ていきましょう。

1.玄関ポーチ・アプローチ
玄関ポーチとは扉を開けてすぐのひさしのあるスペース部分を指し、アプローチとは門から玄関ポーチまでをつなぐ道を指します。

ナチュラルな雰囲気の家なら、色合いのレンガを敷きつめたアプローチがおすすめです。玄関ポーチもレンガ調にすると統一感が出て、おしゃれになります。

和風の家なら玉砂利を敷き、丸い飛び石で道を作るアプローチにするのも良いでしょう。

玄関ポーチは重厚感のあるグレーやダークトーンのタイルを取り入れると、和モダンな雰囲気にもぴったりです。

2.駐車場
駐車場をおしゃれにするために取り入れたいのがカーポートです。カーポートは柱と屋根のみで構成されたもので、ガレージよりも価格が安いメリットがあります。

雨風や紫外線、空から落ちてくる鳥の糞などから自動車を守ってくれるのが良い点です。屋根の素材はポリカーボネートが主流ですが、おしゃれなカーポートを目指すならアルミ素材がおすすめ。

シンプルで洗練されたデザインがおしゃれな印象を与えます。モダンな家を始め、さまざまなテイストに合いやすいのが特徴です。

3.フェンス
フェンスも外構をおしゃれに見せられる重要なアイテムです。フェンスは家のデザイン性を上げてくれるほか、敷地の境界線や目隠しとしての役割があります。

洋風や北欧風などナチュラルテイストな家におすすめなのがウッドフェンスです。木製の板を並べたフェンスで、横方向と縦方向のタイプがあります。

植物のつるを絡ませてグリーンフェンスにしたり、植木鉢をフェンスに引っ掛けて飾ったりするのも可能です。木製の温かみとグリーンでナチュラルな雰囲気がアップします。

4.庭
庭をおしゃれにするなら、芝生を張ってウッドデッキを設けるのもひとつのアイデアです。ウッドデッキを作ることで、アウトドアリビングとしてゆったり寛げるおしゃれな空間が生まれます。

テーブルや椅子を置いて、バーベキューやティータイムを楽しむのも良いでしょう。

芝生があれば子どもやペットがのびのび遊ぶのにも最適です。その際には飛び出し防止としてフェンスを高めに設置すると良いでしょう。

また、庭に植栽やライトアップなども取り入れると、より非日常的なリゾート感が演出できます。

デザイン性と機能性を考慮しながらおしゃれな外構を目指そう!

外構をおしゃれにするポイントは、家のテイストと合わせたり、玄関アプローチや植栽などで奥行きと立体感を出したり、ライトアップやアクセントを取り入れたりすることです。

家の印象を決める玄関ポーチやアプローチ、駐車場、フェンス、庭をおしゃれにするアイデアを参考にしながら、デザイン性と機能性を考慮して理想の外構を目指してみてはいかがでしょうか。

管理人

1,763,564 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧