土地込み3,000万円でどんな家が建てられる?価格を抑えるポイントも紹介

コラム

マイホームの購入を検討する際、できるだけ価格を抑えたいと考える人は少なくありません。

土地付き注文住宅の全国平均相場は4,555万円といわれていますが、価格を抑えて土地込み3,000万円で新築を建てることも可能です。しかし、どんな家が建てられるのか気になることでしょう。

そこで今回は土地込み3,000万円で建てられる家の特徴や、価格を抑えるポイントを解説します!

土地込み3,000万円で建てられる家とは?

土地込み3,000万円の家は、土地と建物に対する価格の割合が非常に重要になります。なぜなら、土地の価格によって建物にかけられる費用が変わってくるからです。

2021年度フラット35利用者調査によると、土地取得の平均が全国で1,444万円、首都圏では約2,220万円という調査結果でした。

全国平均価格で土地込み3,000万円の家を建てる場合、建物にかけられる費用は1,500~1,600万円となります。

首都圏の場合、建物にかかる費用が800万円以下となり、土地込み3,000万円の家を建てるのは難しいですが、比較的土地価格が安い埼玉や神奈川などでは実現可能です。

では、土地込み3,000万円ではどんな家が建てられるのか、詳しく見ていきましょう。

3〜4LDKの間取りで建てられる
建物にかけられる費用が1,500万円前後の場合、床床面積は90~110㎡とされており、坪数でいうと27~33坪程度です。

30坪は約60畳に値し、3~4LDKの間取りで建てることが可能です。ゆったりとくつろげるリビングに、子ども部屋や寝室なども複数確保できます。

5人家族や4人家族+ペットなどが暮らせる、ファミリー向けの家が建てられます。

間取りやインテリアなどにこだわれる
土地込み3,000万円の家は、決して予算が多いとはいえませんが、3~4LDKの間取りに、中庭やウッドデッキ、インテリアなどのこだわりを取り入れることも可能です。

中庭でバーベキューをしたり、おしゃれなウッドデッキで朝食をとったりと、理想の暮らしに近づけます。

すべてを叶えるのは難しいかもしれませんが、予算内でどこまで実現できるか、施工会社やハウスメーカーに相談してみると良いでしょう。

構造と耐久性の心配はない
土地込み3,000万円で建てられる家は、構造や耐久性の心配は要りません。なぜなら建築には厳しい基準があり、一定の安全性が保証されているからです。

低予算の家だからといって、構造や耐久性が弱いといったことはないので安心して良いでしょう。

土地込み3,000万円以内で家を建てるポイント

土地込み3,000万円以内で家を建てる際に知っておきたいのが、価格を抑えるポイントです。どんな点を重視すれば良いのか、チェックしていきましょう。

自分たちで動く
土地探しや見積もりをもらうなどの行動は、できる限り自分たちで行うのがおすすめです。

何でもハウスメーカーや業者にお任せしてしまうと、その分手数料が発生し、費用がかさむ場合があります。費用を抑えるためにも、可能な限り自分たちで調べ、動くようにしましょう。

また、住宅展示場に足を運ぶなどして複数のハウスメーカーを検討するのも大切です。その上で信頼と実績のあるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

平屋より2階建て
価格を抑えるなら平屋より2階建てがおすすめです。平屋の方が安く建てられるイメージがありますが、平屋は2階建てよりも建築費用が10%ほど割高になるといわれています。

その理由は、平屋の方が屋根や基礎面積が大きくなるためです。例えば1階15坪、2階15坪の2階建てに対して、平屋の場合は1階で30坪になるため基礎面積が大きくなり、建築費用が高くなるわけです。

価格を抑えるなら2階建てを検討すると良いでしょう。

外観をシンプルに
外観はできるだけ凹凸のないシンプルな形状にすることで、価格を抑えられます。デザイナーズ住宅のように複雑な形状になるほど、建築費用も高くなります。

デザイン性にこだわれなくても、上から見ると長方形のような形状なので、スタイリッシュに見えるのも魅力です。

屋根をつける場合は、片流れの方が面積が小さく建材が少なくて済むため、費用が抑えられます。

内装や設備のグレードを下げる
壁紙などの内装やキッチンなど設備のグレードを下げることで費用をカットできます。

例えば和室は洋室よりも材料費が高いため、本当に必要であるかどうかよく検討しましょう。

また、最新のシステムキッチンは100万円以上するものもあるため、費用を抑えるにはグレードを下げ、20~30万円台のものを選ぶのがおすすめです。

外構は後に回す
外構の工事は最低限に抑え、家の引き渡しを終えてから必要な部分だけ少しずつ手を加えていくといった方法も費用を抑えるポイントです。

家の周辺に塀やフェンスなどを設置しないオープン外構なら一番費用がかかりません。しかし、防犯面やプライバシーが気になる場合には、フェンスの設置や樹木などの植栽を検討するのがおすすめです。

土地込み3,000万円の家はこだわりも取り入れられる!後悔のない家づくりを

土地込み3,000万円で建てられる家は、建築費が1,500万円程度、坪数は30坪前後で3~4LDKの間取りがとれる家です。

もちろん土地代が安ければその分建物にかけられる費用が変わってきますが、だいたいの目安として考えておくと良いでしょう。低予算でもこだわりの間取りやインテリアを取り入れた家が建てられます。

今回紹介した価格を抑えるポイントを参考にしながら、後悔のない家づくりをしていきましょう。

管理人

1,767,579 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧