日当たりが悪い、春らしく部屋を明るくしたいなら…。「部屋を明るく」見せる4つのテクニック

インテリア

日当たりがいまいちで部屋が暗いと、インテリアが映えない、何だか気分が上がらない…と感じてしまいませんか。それならば、インテリアを工夫して部屋を明るくして春らしい雰囲気を演出してみましょう。今回は、部屋を明るくするテクニックをご紹介します。ぜひ、快適な空間づくりのヒントにしてみてくださいね。

「部屋が暗い」くても大丈夫。明るく見せるインテリアの工夫とは

部屋が暗いと感じる原因は、日当たりが悪いことだけではありません。インテリアの家具選びや色使い、配置などさまざまな要素が重なって、日当たりの影響だけでなく部屋が暗く感じられるのです。

都心の狭小地や集合住宅が密集しているエリアなど、どうしても時間によって自然光が入りにくい時間があるのは仕方がないこと。立地を変えることが難しいなら、インテリアを変えて部屋の印象を明るくしてみてはいかがでしょうか。これからご紹介する部屋を明るく見せるテクニックを取り入れれば、きっと部屋がより快適になるはずです。

「部屋を明るく見せる」4つのテクニック

1.家具やモノを少なく、部屋に開放感を

家具やモノが多すぎると部屋に圧迫感が漂い、それだけでも暗い印象を与えます。家具や置くモノを厳選して部屋をすっきりさせることで、写真のように床面が多く見え、部屋が明るく広々とした印象になります。

2.白など明るい色合いを中心にインテリアを構成する

白は「膨張色」と呼ばれ、光を反射し空間を明るく見せる色です。壁面や天井など広い面積を占める部分や、家具などにも取り入れると部屋はより明るく感じられます。

ですが、雪のように真っ白なインテリアで統一すると眩しく感じられ目への刺激が強くなるため、避けるのが無難です。アイボリーやライトベージュなど、柔らかな色合いを工夫して取り入れてみてください。

また、透明感のあるガラス製の家具や雑貨を取り入れるのも部屋を明るく見せるためにおすすめのアイデア。光を通すため部屋に開放感をもたらすだけでなく、反射で光り輝くため明るさももたらしてくれます。

3.部屋のアクセントに観葉植物を

部屋に自然のみずみずしさを運んでくれる観葉植物。暗い部屋を明るく見せることにも役立ちます。

部屋のアクセントとして取り入れれば、目にも優しいフォーカルポイントが生まれます。背の高いシンボルツリーとなるような観葉植物を取り入れる場合は、部屋の奥のコーナー部分などに置くと圧迫感を抑え、奥行きを演出できますよ。

4.全体照明のほかに補助照明もプラス

全体照明であるシーリングライトやペンダントライトのほかに、フロアライトやテーブルライトなどの補助照明を部屋に取り入れると、明るさがアップします。シーンや気分に合わせて光の量や色合いを調整できるようにしておくと、居心地のいい空間をつくることができます。

最近では、照明器具に調光・調色機能を持つタイプも増えています。リモコンひとつで光の色や明るさを調整できれば、気軽に部屋の雰囲気を変えることができますよ。

暗い部屋もインテリアで明るく。心地よい空間をつくろう

 新生活が始まりライフスタイルの変化も多くなる春ですが、明るい部屋で過ごせば、気持ちも明るくポジティブになれそうですね。立地や間取りなどで、どうしても部屋の暗さが気になったらインテリアをほんの少し工夫してみてはいかがでしょうか。きっと、自分好みの素敵な部屋がつくれるはずです。

伊野奈緒美

271,836 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧