戸建住宅で楽しむ!「クリスマスディスプレイ」アイテム選びのポイント

インテリア

街のイルミネーションが灯り始めると、自宅でも華やかなクリスマスディスプレイを楽しみたいと思いませんか。戸建住宅は、比較的広々とした住空間を生み出しやすいもの。さまざまな飾りを取り入れることができるのではないでしょうか。

今回は戸建住宅で楽しみたい、大小さまざまなクリスマスディスプレイのアイデアをご紹介します。

 「テーマ」を決めればディスプレイがスムーズに

クリスマスディスプレイ、と一口に言っても、さまざまなテイストがあります。グリーンとレッドのクリスマスカラーで彩られた可愛らしいテイスト、ブルーやシルバーを基調とした洗練されたテイスト、ゴールドを基調とした華やかなテイスト、ホワイトを基調としたイノセントムード漂うテイスト…。

あなたは、どのようなテイストがお好みでしょうか。

オーソドックスなクリスマスの飾りを楽しむのなら、大きなツリーにクリスマスカラーの雑貨を添えて、大人の雰囲気でまとめるなら原色を避けてゴールドやシルバー、ガラスなどのアイテムでまとめるなど、「テーマ」を決めて飾り始めると統一感のあるディスプレイに仕上がります。

でも、何を選んでよいのかわからない…そんな時には、これからご紹介するポイントを参考に、アイテム選びをしてみてはいかがでしょうか。

「クリスマスディスプレイ」アイテム選びのポイント 

  アイテム選びのポイントは?

先ほどご紹介した通り、飾る「テーマ」に合わせてアイテムを選ぶのが、理想のディスプレイに仕上げるポイント。お子さんがワクワクするような可愛らしく楽しいイメージにしたいのか、大人の雰囲気でシックにまとめるのか、どのような色を使いたいのかなど、ざっくりとしたイメージでも構いません。

これからご紹介するアイテムも、さまざまなテイストがあります。ひとつひとつのアイテムは素敵でも、テイストがちぐはぐでは全体として素敵に見せるのが難しくなります。アイテムは違っても、「テーマ」に合わせて統一感を持たせることがおしゃれに見せるコツです。

オーナメントで個性を楽しみたい「クリスマスツリー」

戸建住宅は、比較的天井が高かったり、広さが確保できたりと、開放感のある空間をつくりやすくなります。玄関やリビングなど広々としたスペースがあれば、大きめのクリスマスツリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

インテリアに合うツリーに仕上げるなら、オーナメントにこだわってみましょう。ナチュラルなテイストがお好みなら、木製など自然素材のオーナメントを飾るのがおすすめ。大人の雰囲気に仕上げるなら、マットな質感、シルバーやゴールド、ブルーなどで統一したシックなオーナメントを選んでみてください。

気軽に取り入れやすい「タペストリー」

クリスマスツリーを飾るスペースがない、収納場所がないなどの理由からツリーを諦める方も多いのではないでしょうか。でも、布製の「タペストリー」ならツリーのように華やかなクリスマスディスプレイを気軽に楽しむことができます。

モミの木がプリントされた大きめのファブリックをお好みの壁に飾るだけでOKです。オーナメントが飾れるだけでなく、LEDライト付きのタイプを選べばキラキラと光らせることもできます。1枚飾るだけで、部屋のなかが一気にクリスマスムードに。

 使われている素材にもこだわりたい「クリスマスリース」

クリスマスツリーと並んで、ディスプレイに取り入れられるのがリース。リースは、新しい年の幸せを祈る役割や豊作祈願などの意味を持つのだそう。また、松ぼっくり、姫りんごなど使われている素材によってさまざまな意味が込められています。神聖な意味を持つリースは、デザインだけでなく素材なども含めて心を込めて選びたいですね。玄関やリビングなど住まいの顔となる場所に飾ると、よりクリスマスの時期らしい素敵な住まいになるのではないでしょうか。

自宅でも「クリスマスディスプレイ」を楽しもう

家中をお好みのテイストで飾ることができる戸建住宅。自由度の高い空間だからこそ、テーマを決めて素敵なクリスマスディスプレイに仕上げたいですね。大掛かりなディスプレイは自信がない…という場合は、窓際などに小さくクリスマス小物を飾るだけでもOKです。無理なく楽しみながら取り入れてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

253,201 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧