「春色」で暮らしを楽しく。カラフルなインテリアをおしゃれに仕上げるコツ

インテリア

草花が彩り豊かに輝く春は、部屋のなかにもカラフルな色を取り入れたくなりませんか。ベーシックな色合いやシンプルなインテリアがお好みでも、ほんの少し色をプラスすることで部屋は見違えるほど楽しい雰囲気になります。今回は、春だからこそ楽しみたい「カラフルインテリア」に取り入れたい色やおしゃれに仕上げるコツをご紹介します。

春は「カラフル」インテリアを楽しみたい!

自然界の色合いも一気に鮮やかになる春。暮らしの身近な場所にも春色を取り入れれば、気持ちがぱっと明るくなります。でも、インテリアに色を使うのは少し難しく感じる…と躊躇してしまうことはありませんか。

そんな時には、これからご紹介する春に楽しみたい色や、おしゃれに仕上げるコツをチェックしてみてはいかがでしょうか。きっと、自分らしくインテリアを楽しめるはずです。

春にぴったりな「カラフル」な色って?

春に取り入れたいのは、淡い桜の花の色や若葉の美しさを思わせる「ソフトトーン」の色合いです。色彩豊かなカラフルインテリアでも、春色を使えば柔らかく穏やかな雰囲気に仕上がります。それでは、カラフルな色を使って部屋をおしゃれに仕上げるコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 「カラフル」なインテリアをおしゃれ仕上げるコツは?

1.ほんのりくすんだ色を選ぶ

色を多彩に使い楽しい雰囲気をつくるカラフルインテリア。ですが、鮮やかな色を組み合わせると、落ち着かない印象になってしまうことも…。幼く見せず、落ち着いた印象に仕上げるコツは、「ほんのりくすんだ色合い」を選ぶことです。

ピンク、グリーン、イエローなどの可愛らしい色でも、グレイッシュカラーなら大人っぽい印象を与えます。特に大きな面積を占める壁紙(アクセントクロス)やカーテンなどで取り入れると、華やかでありながらシックな雰囲気の部屋に仕上がるはずです。

2.色のトーンを揃える

 インテリアにカラフルな色を取り入れる場合に気をつけたいのが、色の「トーン」を揃えること。色の鮮やかさをあらわす「彩度」、明るさをあらわす「明度」を組み合わせた「トーン」が揃うと、まとまりのある空間をつくることができます。

ただ、カラフルといっても色を数多く取り入れすぎると雑然とした印象になってしまいます。基本的には3色以内を目安に、相性のよい色を組み合わせて取り入れてみましょう。

色選びに迷ったら、下記を参考にしてみてくださいね。

・ベースカラー:部屋の大半を占める色。主張のないベーシックカラーがおすすめ

・メインカラー:部屋の主役となる色。カーテンやソファなどで好みの色を

・アクセントカラー:部屋の小さな面積を占める色。アイキャッチとなる華やかな春色がおすすめ

上記の図のような「色相環」の向かい合う色は「補色(反対色)」と呼ばれます。ベースカラーとメインカラーは調和する色を、アクセントカラーは「反対色」を取り入れると印象的なインテリアに仕上がります。

3.ファブリックで取り入れる

春色をインテリアに取り入れるなら、「ファブリック」を使うと気軽に楽しめます。大きなモノなら、テーブルクロス・カーテン・ラグなど、小さなモノならランチョンマット・ファブリックパネル・目隠し用のカットクロスなどがおすすめです。

壁紙などに比べ、ファブリックであれば季節や気分に合わせて取り替えやすいため模様替えにぴったりですよ。

カラフルな春色を取り入れて心躍るインテリアに

インテリアのイメージを大きく左右するのが色。季節に合わせてカラフルな色合いを取り入れれば、日々の暮らしがより楽しくなることでしょう。あなたも、心地よい気候になる春に合わせて、部屋の印象も少しだけチェンジしてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

252,468 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧