今注目の「屋上テラス」のある戸建て住宅。人気の秘密とは?

屋上スペース活用

ここ数年で、「家」に求めることが大きく変化しています。昨今では仕事場であり、くつろぐ場でもある自宅。そして、家でアウトドアを楽しめることもニーズのひとつです。そこで注目されているのが、非日常を感じられる「屋上テラス」。今回は、屋上テラスのある戸建住宅がなぜ人気なのか?改めてその秘密を紐解いていきます。

 屋上テラスが日々の暮らしを豊かにする

 敷地に限りがある都心は特に、広々とした庭を持つことは難しいもの。ですが、住宅の屋上につくる「屋上テラス」なら、プライベートな屋外スペースを持つことは可能です。

実際に屋上テラスのある家に住む方たちも、多目的なスペースとしてさまざまな使い方をしているのだそう。戸建住宅×屋上テラスだからできることは、想像以上にたくさんあるようです。そのなかで、代表的なものをご紹介していきましょう。

「屋上テラス」がある戸建住宅だからできること

1.室内のリビングのほかに「くつろぎの場」ができる

 屋上テラスにガーデンファニチャーなどの屋外用ソファやテーブルなどを設置すれば、室内のリビングのほかに、「アウトドアリビング」をつくることができます。まるでリゾートで過ごすひとときのように開放感に溢れ、リラックスできる特別な場所。

オープンカフェ気分でお茶や食事をしたり、週末にはちょっと凝った食事を準備してホームパーティを楽しんだりと「家族や友人とのくつろぎの場」として活用するアイデアも人気です。

2.もうひとつの遊び場やワークスペースに

 室内にキッズスペースのほかに、屋上テラスにも遊び場をつくるご家庭も。公園などにでかけなくても、自宅にいながら青空の下で遊べるためお子さんにも好評です。夏には、プールを準備して水遊びを楽しむアイデアも人気。アイム・ユニバースの家は、屋上テラスの壁が高めにつくられているため、落下などの心配もなく安心というお声も聞かれます。

お子さんの遊び場としてだけでなく、リモートワークの気分転換に屋上テラスをワークスペースとして活用するアイデアも。開放感のあるプライベートスペースなら、ほどよくリフレッシュもでき仕事がはかどることでしょう。

3.庭がなくてもガーデニングが楽しめる

 庭がなくても、屋上テラスにコンテナなどを持ち込めばガーデニングを楽しむことができます。季節の草花を育てれば、自宅にいながら季節の移ろいを感じられ、日々の暮らしがより豊かに。また、食育も兼ねて家庭菜園を楽しむのもよいですね。日当たり、風通しがよいので、風で飛ばされないよう対策をしながら、背が低めの植物を育ててみてはいかがでしょうか。

4.自宅でアウトドア気分を味わえる

屋上テラスで、バーベキューを楽しんだり、おうちキャンプをしたりとアウトドア気分を満喫するご家庭も。遠くまででかけなくても、気軽にキャンプギアを活用することができるだけでなく、準備や片付けもラクになります。小さなお子さんのいるご家庭でも、気負いなくアウトドア気分が味わえるのではないでしょうか。

屋上テラスのある家を選ぶ時の注意点

メリットの多い屋上テラスのある家ですが、いくつかの注意点もあります。屋上テラスのある家は、傾斜がほぼない「陸屋根」になります。そのため排水が滞らないよう、排水口のお手入れや屋上テラス全体の掃除をこまめに行う必要があります。また、周辺に高いビルなどがあると上からの視線が気になることも。周辺環境も考慮しながら、オーニングなどで目隠しをするとよいでしょう。

高めの壁や柵でガードされているとはいえ、小さいお子さんの転落にも注意したいところ。壁や柵の近くには踏み台になるようなモノを置かないようにする、転落防止グッズなどを活用するなど、専門家とよく話し合いながら対策することをおすすめします。

ますます注目を集める「屋上テラス」のある家

屋上テラスは、家族のライフスタイルや希望に合わせて多目的に使えるスペース。室内では感じられない開放感や非日常感が魅力です。自宅で過ごす時間が増えたことで、改めて「家」の居心地よさが求められています。あなたも、マイホーム計画の選択肢のひとつとして、「屋上テラスのある家」を検討してみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

264,183 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧