「一戸建て住宅」と「集合住宅」の違いとは?メリット・デメリットをおさらい

コラム

マイホームを検討する時、比較されることが多いのは一戸建て住宅と集合住宅ではないでしょうか。改めてその違いを知ると、より自分に合った家はどちらなのかが決めやすくなるはずです。そこで今回は、「一戸建て住宅と集合住宅の違い」をおさらいしていきます。

 一戸建てとは?

一戸建住宅とは、その名のとおり「1つの建物に1世帯の住宅」を指しますが、例外として二世帯住宅なども含まれます。独立した家なので、他の住宅と隣接しておらず一般的には生活音による近隣トラブルなどが少ないと言われています。

土地を所有でき、建物を一からつくることができる

戸建住宅は、土地を所有することもできるため、庭や駐車場を持つことも可能です。お子さんの遊び場としてや洗濯物を干す場所として使ったり、ガーデニングを楽しんだりと幅広い用途で使えます。また、集合住宅の場合は毎月の駐車場代が必要になりますが、自宅の駐車場であればそれが不要になります。

さらに注文住宅を選択すれば、理想の家を一から計画し、建てることもできます。家のデザインや設備はもちろん、間取りやインテリアも自由自在です。

 家のメンテナンスは自分自身で

集合住宅のように、管理費や修繕費が必要ない分、建物に対する保険や劣化などによるメンテナンスを自分自身で行わなければなりません。月々の支払いはありませんが、外壁や屋根の補修、庭のメンテナンス、防犯対策などにはまとまった費用がかかります。それらを、自分自身で計画的に準備しておく必要があります。

集合住宅とは?

集合住宅とは、複数の世帯が住む住宅のことで、長屋やマンション、アパート、コーポなどの共同住宅のことを指します。住まいが隣接していることもあり、騒音トラブルなどに悩むといったデメリットがある一方で、セキュリティ面での安心感など集合住宅だからこそのメリットもあります。

家がワンフロアで繋がっている

集合住宅は、部屋の数や広さにもよりますが、ワンフロアで繋がっているため日々のメンテナンスがしやすいというメリットがあります。動線もスムーズなので、上下の移動もなく暮らしやすさを感じられることでしょう。

 セキュリティ面の安心感や移動のしやすさ

防犯面の対策をしっかりとしている集合住宅であれば、監視カメラやオートロック、管理人の常駐などあらゆる面で安心して暮らすことができます。また、エレベーターやスロープなどが設置されていることも多く、高齢者の方もラクに移動できるというメリットがあります。

反面、住宅そのものに必要な費用のほかに、管理費や修繕積立金などを毎月支払わなければならないなど、費用面の負担があることは知っておく必要があります。

 一戸建てと集合住宅に迷ったら比較してみる

結局、一戸建てがよいのか、集合住宅がよいのか迷ったら、改めてそれぞれを比較してみてはいかがでしょうか。

一戸建て住宅集合住宅
家の自由度自由度が高い間取りが決まっている
セキュリティ面自分自身で対策をするセキュリティ強化している物件が多い
管理面自分で建物や庭の維持管理をするマンションなどは管理組合が共用部の維持管理、補修工事を行う
音問題騒音トラブルが比較的少ない騒音トラブルになりやすい
コスト面経年劣化に備えた準備が必要毎月の積立金や管理費、駐車場代などが必要

「一戸建て」「集合住宅」を比較し自分に合った住まいを選ぼう

 一戸建て、集合住宅、どちらにもメリットとデメリットがあります。あなたやご家族のライフスタイルや理想の暮らし、家族構成などに合わせて選ぶためにも、改めてその違いを知っておくとマイホーム計画に役立つことでしょう。ぜひご参考になさってはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

251,678 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧