アルコールストーブの選び方と使い方を解説|事故を防ぐための注意点も

おすすめキャンプ用品

キャンプで火を燃やす時のアイテムとして、アルコールストーブの人気がじわじわと高まっています。

アルコールストーブと聞いてもあまりピンと来ない人のために、今回はアルコールストーブのメリットやデメリットを解説!さらに、選び方や使い方、注意点などを紹介します。

アルコールストーブとは

アルコールストーブは、燃料に空気を適量混合して燃焼させるストーブのことで、アルコールバーナーとも呼ばれます。

まずは、燃料や用途を確認していきましょう。

アルコールストーブの燃料
アルコールストーブの燃料は、燃料用アルコールや無水エタノールです。

燃料用アルコールの主成分であるメタノールは毒性が強いため、肌に触れたり、子どもが誤飲したりすることのないよう、細心の注意を払いましょう。

無水エタノールは燃料用アルコールに比べてコストが少々高くなりますが、火力が強いのが特徴です。どちらの燃料もホームセンターなどで気軽に購入できます。

アルコールストーブの用途
アルコールストーブは屋外でお湯を沸かしたり、炊飯など簡単な調理をしたりするのに便利です。手のひらサイズで、コンパクトかつ軽量なため、キャンプの際に荷物を増やしたくない人に向いています。

また、火力は弱めですが、火の揺らめきを感じながら、ゆっくり時間が流れるのを楽しみたい人にもおすすめのアイテムです。

アルコールストーブのメリット・デメリット

続いて、アルコールストーブのメリット・デメリットを見ていきましょう。

アルコールストーブのメリット
アルコールストーブの最大のメリットは、コンパクトで軽量なこと。手のひらサイズなので、持ち運びもかさばらず、収納場所も取りません。

また、シンプルな構造のため故障しにくく、音が静かなのも良いところ。夜遅い時間帯にも、周囲を気にせず使えますよ。

さらに、寒くても点火するといったメリットも。冷え込みが強い冬のアウトドアにも問題なく使えます。そしてなにより、燃料の入手が簡単にできるのも良いですね。

アルコールストーブのデメリット
アルコールストーブのデメリットは、火力の調整がしにくいところです。寒さには強いのですが、風の影響を受けやすいため、風防で囲う必要があるでしょう。

また、ガスストーブに比べて、火力や燃料消費が劣る部分があります。しかし、アルコールの燃料自体がガスの燃料よりも安いため、長く使うことを考えたらコスパが良いともいえるでしょう。

アルコールストーブの選び方

アルコールストーブのメリット・デメリットを見てきましたが、選ぶ時にはどんなことに着目すれば良いのでしょう。

ここでは、アルコールストーブの選び方を紹介します。

燃焼時間で選ぶ
1つ目は、燃焼時間で選ぶ方法です。アルコールストーブは容量によって、それぞれ燃焼時間に違いがあります。

容量が大きくなれば燃料が入る量も増えるため、それに比例して燃焼時間も長くなるものが多いのですが、その分かさばることもあるので、バランスを考えて選びましょう。

また、燃焼時間が同じでも燃料の量に差がある場合もあります。そのため、商品のスペックを良く確認して選ぶことをおすすめします。

素材で選ぶ
2つ目は素材で選ぶ方法です。アルコールストーブの素材は、「アルミ、チタン、真鍮(しんちゅう)」の3種類があります。

アルミは軽くて丈夫でさびにくいのが特徴。持ち運びのしやすさと強度を重視したい人に向いています。

また、チタンはアルミより重みがありますが、金属疲労が少なく耐久性に優れているのが特徴。長く使いたい人におすすめです。

加えて、真鍮とは銅と亜鉛の合金のことをいいます。「黄銅」とも呼ばれ、ゴールドの色合いが特徴。使えば使うほど味が出てくるため、経年変化を楽しみたい人に最適です。

火力調整のしやすさで選ぶ
 3つ目は、火力調整のしやすさで選ぶ方法です。アルコールストーブは基本的に火力調整がしにくいことで知られていますが、中には火力調整がしやすいモデルもあります。

火消し蓋を使って開閉することで、火力を強めたり弱めたりできるのです。

お湯を沸かすだけでなく、簡単な調理を楽しみたい人は、このモデルがおすすめです。

付属品で選ぶ
最後は付属品で選ぶ方法です。アルコールストーブには付属で風防や五徳、火消し蓋がセットになっているものがあります。

アルコールストーブは風に弱いため、風防があることで火を風から守ることができます。調理時に火力を安定させたい時に便利です。

また、五徳は鍋を火にかける時の必須アイテムです。アルコールストーブに合った五徳が付いてくるため、五徳のサイズ選びの手間を省きたい人におすすめ。

加えて、火消し蓋はアルコールストーブに乗せるだけで火を消すことができます。自然消火を待たずに火を消したい時に大変便利です。

アルコールストーブの使い方

アルコールストーブを初めて使うとなると、不安を感じる人も多いのではないでしょうか。そこで、アルコールストーブの使い方や注意点について詳しく解説します。

用意するもの
アルコールストーブを使用する際には、以下を用意しましょう。

・アルコールストーブ本体
・燃料(燃料用アルコールまたは無水エタノール)
・ライターなどの点火グッズ

手順
1.燃料を入れる
アルコールストーブ本体に燃料を入れます。基本的には容器の3分の2が目安量ですが、商品の説明書を良く確認して行いましょう。

2.火をつける
ライターなどの点火グッズを液体のそばに火を近づけて着火させます。この時、アルコールバーナーを転倒させることがないよう、十分に気を付けましょう。

使用時の注意点
アルコールストーブの炎は青いため、昼間は見えにくい場合があります。火がついていることを忘れないよう意識し、燃えやすいものは近づけないよう注意しましょう。

万が一に備えて消火用の濡れタオルなどを用意することをおすすめします。

また、屋内やテント内などでの使用は火事や事故につながる恐れがあるので、絶対に避けましょう。

屋上テラスでアルコールストーブの火の揺らめきに癒やされよう

アルコールストーブは軽量でコンパクトでありながら、故障しにくく、燃料も手に入りやすいなど、メリットも多いと感じたのではないでしょうか。

ゆっくりとした火の揺らめきに癒やされたい時にも最高ですよ。

ぜひ、屋上テラスでアルコールストーブを暖房代わりにしながら、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

管理人

1,766,448 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧