感染症対策グッズの選び方|滅菌・消毒・殺菌・除菌・抗菌の違いを解説

コラム

昨今の感染症対策として、日常生活でのこまめな手洗い・うがいなどは必須です。

自宅の屋上テラスでアウトドアを楽しむのであっても、感染症対策が重要なことに変わりはありません。しかし、さまざまな対策グッズがある中で、それぞれの違いがわからないこともあるでしょう。

そこで今回は、屋上テラスを含めたアウトドアシーンでの感染症対策のために、感染症対策グッズに使われる言葉の意味、選び方を解説します。

雑菌やウイルスを除去する意味をもつ言葉

グッズの選び方の前に、言葉の意味と違いを解説します。医薬品・医薬部外品にしか使えない言葉もあるので注意が必要です。

滅菌
医薬品・医薬部外品にのみ、使われる言葉です。

全ての雑菌やウイルスを死滅させ除去することで、最も強力な作用があります。

人体の滅菌をするのには細胞ごと殺さなければならないため、現実的に不可能です。そのため、滅菌という言葉は調理器具やタオルなどの物に対して使われます。

消毒
医薬品・医薬部外品にのみ、使われる言葉です。

消毒は、雑菌やウイルスを害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせたりするとされており、アウトドア調理での食中毒防止を期待できます。

切り傷・すり傷の消毒・洗浄のための液体消毒薬、手指消毒剤やうがい薬などに使われる言葉です。

殺菌
医薬品・医薬部外品にのみ、使われる言葉です。

雑菌やウイルスを死滅させるという意味ですが、殺菌の対象やどの程度の殺菌力があるのかは含まれません。また、前述した消毒、後述する除菌の手段でもあります。

殺菌を謳う製品は薬用石けん、医療器具・飲食器具の殺菌消毒剤などです。

除菌
除菌は雑菌やウイルスを殺すのではなく、取り除いて減らす意味をもちます。除菌性能を謳う製品はたくさんありますが、その方法は洗浄によるもの、拭き取りによるものなどさまざまです。また、対象や程度に決まりがありません。

除菌作用をもつ製品として、アルコールスプレーや食器・洗濯用洗剤があります。

抗菌
抗菌とは、雑菌やウイルスの増殖を防止するという意味で、 死滅させたり減少させたりは含まれません。

菌が繁殖しにくい抗菌加工がされている製品は多くあります。例えばハンカチやパソコン用品、ぬいぐるみなどです。また、抗菌効果があるウェットティッシュやスプレーなども販売されています。

【種類別】感染症対策グッズの選び方

続いて、感染症対策グッズの選び方を種類別に紹介。タイプごとの特徴・どんなシーンに役に立つのか・選ぶときの注意点やポイントを解説します。

スプレータイプ
ポンプを押すと消毒液が噴射します。必要な量を手に取って使えるため便利です。ただし、片手では使いづらかったり、多く出し過ぎてしまったりすることがあるので注意しましょう。

大容量のものが多いため、オフィスや店舗など多くの人が出入りする場所で使うのに適しています。

また、光触媒スプレーは吹き付けるだけで身の回りの物の除菌や抗菌ができる製品です。コーティングした光触媒に光が当たると反応を起こし、菌を分解除去するとされています。

シートタイプ
シートタイプは既にアルコールが含まれているため、取り出して拭くだけの手軽さが魅力です。

オフィスや自宅などで視界に入るところに置いておけば、汚れが気になったときに面倒さを感じることなくすぐに消毒や除菌ができるでしょう。シートタイプは生地の厚さに種類があるため、使い勝手の良さで選ぶことがポイントです。

また、ウェットティッシュタイプなら持ち運びにも便利でしょう。

ジェルタイプ
ジェルタイプはトロッとした液状のため、スプレータイプのように飛び散る心配がありません。また、保湿力があり手の乾燥を防ぎます。

少量タイプのものなら携帯しやすく、出先で手洗いができないときにスピーディーに消毒可能です。

ただし、使用の間隔が空いた場合、ノズルの先端付近でジェルが固形化し、使う際に思わぬ方向にジェルが飛ぶことがあるため注意しましょう。

感染症対策における手指衛生の重要性と手順

手指衛生の目的は、手指に付いた雑菌やウイルスを除去することです。手指衛生の重要性と手順を詳しく確認しましょう。

手指衛生の重要性
手が触れるあらゆるものに雑菌やウイルスが付着している可能性があり、それらが付いてしまった手を使って食事をすることで菌やウイルスを体内に入れてしまいます。このことから、いかに手指衛生が重要であるのかがわかるでしょう。

手指衛生の主な方法は、石けんと流水による手洗いとアルコール消毒の2つです。

手洗いは雑菌やウイルスの除去に有効とされますが、汚れを洗い流すための流水が必要なため、どこでもできるとは限りません。

アルコール消毒は手指にすり込むだけでできます。しかし洗浄はできないため、目に見えるような汚れがある場合は手洗いも必要です。

手指衛生の理想的な手順
手洗いからアルコール消毒までの正しい手順を紹介します。

1.流水で手指を濡らす
2.石けん液を手のひらに取り、両手のひらをもみ合わせて泡立てる
3.手の甲をもう片方の手のひらで洗う
4.両手指を組んで指の間を洗う
5.親指をもう片方の手で洗う
6.指先をもう片方の手のひらで洗う
7.両手首まで洗う
8.流水で充分に洗い流す
9.両手の水分を拭き取る
10.アルコール消毒液を手のひらに取る
11.両手のひらをこすり合わせる
12.指先と指の背をもう片方の手のひらでこする
13.手の甲をもう片方の手のひらでこする
14.両手指を組んで指の間をこする
15.親指をもう片方の手で包みながらこする
16.両手首までこする
17.乾くまですり込む

適切なグッズ選びと使い方をしよう

昨今はウイルス対策のため、手指衛生が欠かせなくなっています。消毒、除菌などの言葉を理解していることで、目的に合った感染症対策グッズを適切に選べるでしょう。また、手指衛生の方法を知っていれば、より効果的に対策できます。

屋上テラスでの時間を安心・安全に楽しむためにも、ウイルス対策は必須です。本記事で述べたことを参考にして、適切な手指衛生を行うようにしましょう。

管理人

1,952,562 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧