掃除用具は目的収納の設置で家事の負担を軽減!きれいな家で過ごそう

インテリア

あなたは掃除用具の収納場所に困った経験ありませんか?ほうきやちりとりを玄関に置きっぱなしにしているなんてこともあるかもしれません。もしも、これから家づくりをするならば「たっぷり収納が欲しい!」「スッキリとしたきれいな家を目指したい!」と誰もが思うのではないでしょうか。

また、掃除用具も人目につかない所に収納したいですよね。そんな、スッキリと片付いたきれいな家を目指している方に、今回は掃除用具の目的収納についてご紹介します!

この記事を読むことで、掃除用具を便利に収納する方法や、家事や掃除の負担を減らす方法がわかるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

収納スペースの奥行きはどのくらいがいい?

そもそも目的収納とはその名の通り、目的別に収納スペースを設けることを言います。

例えば、掃除機を収納したい場合、「ここに掃除機をしまいたいから、掃除機のサイズに合わせて収納スペースを確保しよう」といったように、特定の物をしまうことを基準に収納をつくる考え方です。

家づくりを検討されている方は、間取りや家事での動線を考えながら、どの場所に何を収納するかを決めると良いでしょう。掃除用具に限らず、服、布団、食器、生活雑貨などあらゆる物に共通して言えることです。

目的収納をすることで、家事の負担を減らし、物を探す手間も省けスムーズに物事が進み時短にもつながりますよ。

掃除用具を収納するなら奥行き50~60cmがおすすめ
当然のことながら、奥行きがあればあるほど、物がたくさん収納できることは間違いありません。しかし、使い勝手や家のスペースを考えると奥行きがあり過ぎるのはかえって不便になるでしょう。

掃除用具の取り出しやすさ、しまいやすさを考えると、奥行きは50~60cm程度がおすすめです。このくらいのサイズがあれば、バケツなどの大きめの掃除用具もしっかりと収納することができますよ。

ほうきやスティック型の掃除機を収納するなら縦の長さも必要
柄の長いほうきやスティック型の掃除機を収納する場合は、奥行きだけでなく縦の長さも気にしなければなりません。「長くて収納スペースに収まらなかった……」といったことがないよう、縦のスペースもしっかりと確保しましょう。

スティック型の掃除機は120~130cm程度の長さが多いと言えます。ですから、取り出しやすさも考え、縦の長さが140cm以上の収納スペースをつくるようにしましょう。とはいえ、あくまでも目安ですので、欲しい掃除機のサイズをきちんとチェックした上で、収納スペースを検討してくださいね。

掃除用具の目的収納であった方がいいものは?

ここでは掃除用具の目的収納であったら便利なものを3つ紹介します!

3口コンセント
収納スペースに3口コンセントがあるととても便利です。なぜなら、スティック掃除機など充電が必要なものは、コンセントをつないだまま収納することができるからです。

掃除で使用したい時には充電が完了しているため、フルパワーで掃除機をかけることができますよ。

また、充電中にリビングなどに置いておく必要がないので、来客の場面でも部屋をスッキリと見せることができるのも嬉しいポイントです。3口もコンセントがあれば、さまざまな掃除用具を一度に充電できますよ。

掃除ロボットの収納基地
「ルンバ」や「ブラーバ」などの掃除ロボットを使っている方、また今後導入しようかと検討している方におすすめなのが収納下部の扉に隙間をつくることです。この隙間こそが掃除ロボットの収納基地となります。

収納下部の扉に掃除ロボットが入るくらいの隙間をつくっておくことで、遠隔操作で掃除をスタートする時にもスムーズにリビングへと飛び出すことができます。

また、掃除後は足元にあると意外と邪魔になってしまうのも掃除ロボットのデメリットのひとつ。しかし、収納スペースに戻ることで目に付くこともなく、部屋がスッキリとした印象を保つことができますよ。

人感センサー付きの照明
収納スペース内には人感センサー付きの照明を付けるのがおすすめです。収納スペースは思ったよりも暗く、どこに何があるのかわかりづらいといった問題が発生することがあります。

また、暗いため物が上手にしまえないといったケースもあるでしょう。そこで照明があれば、これらの問題を解決してくれます。しかも、人感センサー付きの電池タイプの照明なら電気工事の必要もありません。

加えて収納は物置のイメージですが、照明がひとつあることで、雰囲気も変わりおしゃれな空間を演出することも可能です。壁紙をレンガ調にしてみるなど、思わず人に見せたくなるような、そんな素敵な収納スペースをつくるのも楽しいですね。

目的収納を活かして掃除も楽々スムーズに!いつでも快適な家を目指そう

目的収納をつくることで物の定位置が把握できるため、片づけもしやすくなり、物を探す手間も省けるなどのメリットがあります。

また、掃除用具を収納する場所にコンセントや照明をプラスすることで、より便利で使い勝手の良い収納スペースが生まれます。これによって、家事や掃除の負担も軽減され、今までよりも楽に、そしてスムーズに進められることでしょう。

これから家づくりを計画されている方は、目的収納の設置をおすすめします。企画から設計、建設、販売、アフターフォローまで自社一貫体制で事業を展開しているメーカーもあるようですよ。

ぜひ、きれいで快適な居心地の良い家を目指してみてはいかがでしょうか。

管理人

672,322 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧