自宅アウトドアを冬も楽しむ。寒さ対策に外でこたつがおすすめ

屋上スペース活用

自宅の屋上でのんびりアウトドア気分を味わいたいと思っても、冬は寒くて中々活用できないですよね。厚着をして上がっていっても、過ごしているうちに足元から寒さがじわじわと感じられてしまうでしょう。

そこで、冬でも屋上をアウトドアリビングとして使いたい寒さ対策として、こたつをおすすめします。

「屋上でこたつをどうやって使うの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

今回は屋上でこたつを使う方法や注意点などをお伝えします。冬でも暖かく、自宅でアウトドア気分を味わう参考になれば幸いです。

「こたつキャンプ」がひそかなブーム

「冬にアウトドアでキャンプなんて寒そう…」というイメージですよね。

でも最近は、キャンプでこたつを使っている人が増えているのだとか。

寒い冬の自然の中で、ぬくぬくとできるこたつに入れるなんて夢のよう。こたつを使えるのは室内だけではないんですね。

キャンプでこたつが使えるなら、自宅屋上ならもっと簡単に使えるはず。

こたつキャンプの「こたつ導入法」を参考にして、自宅屋上でもこたつでぬくぬくしちゃいましょう。

アウトドアこたつの作り方

アウトドアでこたつを使うには、どのように設置すれば良いのでしょうか。電源を使う方法も使わない方法もあります。それぞれを紹介しますね。

湯たんぽでこたつ
初めに、電源を使わず、湯たんぽでこたつが作れる方法。

テーブルに足元まですっぽりと覆えるブランケットをかけます。ブランケットの大きさは、脚の高いテーブルを使うか、脚の低いちゃぶ台タイプを使うかで調整してください。

屋上の床の冷気が伝わってこないよう、ラグシートを敷きます。

お湯を入れた湯たんぽをカバーに入れて、足元に置いてください。お湯が冷めても、自宅なら入れ替えが簡単ですね。湯たんぽごと火にかけられる商品もあるので、興味があればチェックしてみましょう。

室内外兼用こたつ
室内用のこたつを屋上で使うのもアリですが、天板裏に付いた石英管ヒーターがスピーディーに暖めてくれる室内外兼用こたつを使うのもおすすめ。

高さ調整も2段階できて、使い勝手抜群です。アウトドア用のこたつ布団とセット販売しているので要チェック。

木炭でこたつ
バーベキューコンロに木炭を入れて暖を採る方法です。

テーブルの上に、床から少し隙間があくようにブランケットをかけます。隙間をあけるのは、木炭燃焼のための空気が入るようにするためです。

足元に木炭を入れたバーベキューコンロを置きます。足が直接触れないように注意しましょう。

テーブルとコンロが近すぎると、熱によりテーブルが溶けたり焦げたりする可能性があるので、充分距離を取ることが必要です。また、子供やペットがこたつ内に潜り込むと、バーベキューコンロをひっくり返してしまったり火傷してしまったりする可能性があるので注意しましょう。

そして屋上テラスなので、炭を落としてしまうと床材を傷つける可能性がありますから、充分に注意してくださいね。

豆炭アンカでこたつ
ブランケットをかけたテーブルの中に豆炭アンカを入れて、暖を採る方法です。豆炭アンカは市販で入手できます。

ただし一酸化炭素中毒には気を付けましょう。念のため、一酸化炭素チェッカーも使うと安心ですよ。

アウトドアこたつにおすすめのアイテム

屋上でこたつを満喫するために、おすすめのアイテムを紹介します。

アルミシート
屋上床の冷気が伝わらないようシートを敷く必要がありますが、キャンプ用の銀マットを敷くのがおすすめです。厚さ5mmの極厚クッションで、冷気や湿気をシャットアウトしてくれます。

折りたたみ式なので、使わないときはコンパクトに収納しておけるでしょう。アルミシートを敷いた上にラグマットを敷くと、肌触りも良いです。

ホットカーペット
床に敷くマットをホットカーペットにすると、より暖かくなります。ホットカーペットの上に湯たんぽを置く、ヒーター付きのこたつを使い床にはホットカーペットを敷くなどすると、暖かさがパワーアップしますよ。

撥水こたつ布団
こたつ布団としてブランケットを利用するのも良いのですが、撥水仕様のこたつ布団を使うと、飲み物をこぼしたときでも安心です。

やっぱりこたつに入りながら、お気に入りのドリンクを飲んでくつろぎたいですよね。

アウトドア用の撥水こたつ布団は撥水加工・防汚加工もされていて、熱を逃さないのでぽかぽかですよ。

こたつで冬でも屋上でぬくぬくしよう

屋上テラスで外の空気に触れながら、アウトドアリビングのように利用したいと思っていても、冬は寒くて利用しづらいですよね。

そんなときには、こたつで屋上の寒さ対策をしましょう。こたつというと室内でぬくぬくできるイメージですが、室外で利用すると頭寒足熱になってとても快適です。

室外でのこたつ利用は室内でのこたつ利用とは違うセッティングをする必要がありますが、多くの手間はかかりません。

電源を使わない方法、またアウトドアで使えるこたつを利用する方法を紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

アウトドアリビングとして使うなら、準備があまり必要のない屋外用こたつか湯たんぽとホットカーペットの組みあわせが一番手軽ですね。

屋上テラスにアウトドアこたつを取り入れて、冬でも屋上で心地よく過ごしましょう。

管理人

128,708 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。