インテリアに「色」をプラス!おしゃれな部屋をつくる「色」5選

インテリア

白やグレー、ベージュなどニュートラルカラーを基調とした落ち着いた印象の部屋を好む方は多いのではないでしょうか。無彩色で統一された部屋は、まとまりがありスタイリッシュな印象ですが、反面、個性のない寂しい雰囲気になってしまうことも…。

そこで、インテリアに取り入れたいのが「色」です。ポイントに色をプラスすれば、部屋はグンとおしゃれに華やかな印象になります。あなたもこれからご紹介するおすすめの「色」を使って、インテリアをより楽しく演出してみてはいかがでしょうか。

インテリアに「色」をプラスすれば暮らしが楽しく!

インテリアが少し物足りない…と感じたら「色」をプラスするのが、印象を変える近道。部屋の大きな面積は白やベージュ、ライトグレーといったベーシックカラーでまとめ、壁の一面だけにアクセントクロス、ソファやカーテン、もう少し小さな面積であればクッションカバーなどで色を楽しむのがおすすめです。

色にはそれぞれ、その色が与える印象や心理効果があると言われています。選ぶ基準は「好みの色」であることはもちろんですが、色の持つ特性をインテリアに活かしていけば、部屋はより一層居心地のよい空間になるはずです。

インテリアが変わる、おすすめの「色」5選

1.気持ち落ち着かせる、爽やかさを演出する「ブルー」

涼しさや爽やかさを感じさせるのがブルー。気分を落ち着かせてくれる効果も期待できるので、ぐっすりと眠りたい寝室や学習に集中したい勉強部屋に向く色です。ブルーを使い過ぎると寒々しい印象になってしまう場合は、クッションなどでポイント使いするのがおすすめです。

2.リラックス感をもたらす「グリーン」

 ナチュラルな雰囲気と、心和むリラックス感が魅力のグリーン。部屋にグリーンを使うと、目にもやさしく心地よい空間になります。ほっとくつろげる部屋にしたい、癒される空間にしたいという方にぴったりの色です。家具や小物のほか、生き生きとした植物などで取り入れるのもおすすめですよ。

3.元気をくれる「イエロー」

心を高揚させてくれる色がイエロー。使い過ぎると落ち着かない印象になりますが、ポイント使いすることで頭をすっきりさせたり、元気をくれたりします。

鮮やかなイエローを取り入れるのに躊躇する場合は、マスタードなど少しくすんだ色合いを選ぶのがおすすめ。白と組み合わせると明るい印象に、グレーなどのダークカラーと組み合わせるとモダンな印象に仕上がります。

4.落ち着いた大人の空間をつくる「ブラウン」

落ち着いた大人の空間づくりに適しているのが「ブラウン」。自然の温かみを感じさせるとともに、ヴィンテージテイストを思わせるおしゃれな空間づくりが叶います。ブラウンは、ソファやテーブルなどの家具で取り入れるのがおすすめ。部屋のインテリアをきりっと引き締めてくれますよ。

5.洗練されたモダンな空間をつくる「グレー」

モダンで洗練されたインテリアをつくるグレー。白に近いグレーなら明るい印象に、黒に近いグレーならシックな印象に仕上がります。周りのインテリアになじみつつ、おしゃれ感を上げてくれる色なので、ソファなどの大きな家具の人気色としても知られています。

スタイリッシュな印象がある色ですが、温かみのある木製家具との相性もよく、北欧インテリアやナチュラルインテリアがお好みの方にもおすすめですよ。

「色」のチカラで、楽しくおしゃれな空間に

 部屋に色が加わると、住む人の個性が演出されるだけでなく、居心地のよさにも繋がります。部屋の役割や好みのインテリアに合わせて、あなたも色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

253,202 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧