屋上テラスは「周辺からの視線」が気になる?おしゃれな「目隠し」3つのアイデア

インテリア

屋上テラスは自宅にいながらリゾート気分が楽しめる「開放感」が魅力。ですが遮るものがないからこそ、周辺からの視線が気にかかる方は多いのではないでしょうか。プライバシーの保護、防犯面でも環境にあった目隠しアイデアを取り入れて居心地のよい屋上スペースづくりをめざしましょう。

 屋上テラスが周辺から丸見え。対策はどうする?

ホームパーティをしたり、お子さんの遊び場にしたりと自宅にいながら屋外で過ごす楽しさを感じられる屋上テラス。メリットがたくさんある一方で、やはりデメリットもあります。そのひとつが、「プライバシー問題」。

たとえば周辺に建物よりも背の高いマンションなどがある場合は、上からの視線が気になりますよね。室内のようにカーテンや雨戸を閉めるなど目隠し対策がしづらい場所なので、防犯面でも気になる方は多いのではないでしょうか。

屋上テラス全てを覆ってしまってはせっかくの開放感や非日常感を楽しめなくなりますが、一部だけでも視線を遮ったり雨を防いだりする対策はしておきたいもの。

これからご紹介するのは、一般的な屋上テラスの目隠しアイデアです。環境やお好みに合わせて、安全に取り入れられそうなアイデアを検討してみてはいかがでしょうか。

おしゃれにプライバシー対策。屋上テラスの「目隠し」アイデア

1.屋上テラスのインテリアになじむ「植栽 」

屋上テラスをより居心地のよいスペースにするために取り入れたいのが植物。近隣からの目隠しとなったり日よけになったりする「シンボルツリー」を選んでみてはいかがでしょうか。植物で目隠しをすることには、以下のようなメリットがあります。

・屋上テラスのインテリア性を損なわず、おしゃれに目隠しできる

・好みの場所に移動して、高さや密度を変えて目隠しできる

・植物の持つナチュラルな雰囲気で圧迫感が軽減される

屋上テラスの植栽には、プランターを取り入れるのがおすすめ。スカイペンシルのように垂直方向に発育する植物や、シマトネリコのように常緑樹で樹形が美しい品種を選ぶとおしゃれな雰囲気に仕上がるでしょう。

ただ、植栽は自然の植物であるため定期的なお手入れが必要です。枯れたり伸びすぎたりしないよう、水やりや剪定なども意識して行いましょう。

2.プライバシー対策に役立つ「フェンス」

目隠しアイデアの定番として知られる「フェンス」は、周辺からの視線を遮るだけでなく、転落防止などの役割も果たします。ただ、プライバシーの保護を意識するあまりに塀のようなフェンスで覆ってしまうと、せっかくの屋上テラスの開放感が損なわれるだけでなく、風の影響を強く受けてしまうことにも。

強風にも耐えられる強度を確保するだけでなく、風を逃がすためにほどよくすき間のあるフェンスを選ぶことも大切なポイントです。

また、雨に濡れても劣化しにくい防水機能のある素材を選ぶ、落下しないよう適切な高さを専門家と検討することも忘れずに行いましょう。 

3.日差しや小雨、上からの視線も防ぐ「オーニング」

高い建物が周辺にある場合など、上からの視線を遮りたい場合に有効なのが「オーニング」。 オーニングとは「布製の庇」のようなもので、日よけや雨よけとして取り入れられます。可動式のテントやタープに近いイメージのアイテムです。強い日差しを遮りたい時は、太陽の向きに合わせて角度を変えることもでき、屋上テラスで過ごす時間がより快適になります。

ただ、台風などの悪天候でオーニングを設置したままにしおくと危険なため、必要に応じて開閉できるタイプを選ぶなど安全性にも配慮して選ぶことをおすすめします。

おしゃれに「目隠し」をして屋上テラスを快適に

周辺からの視線を気にせずに過ごせる環境づくりをすれば、屋上テラスがあるメリットをより感じられることでしょう。植栽、フェンス、オーニングいずれにも目隠しだけではない優れた役割があります。それぞれのご家庭のニーズにあったアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

133,359 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧