秋に楽しめる鮭はキャンプ飯にもピッタリ!鮭のキャンプ飯レシピを紹介

屋外料理

キャンプ飯と聞くとバーベキューやカレーなどをイメージする人も多いのではないでしょうか?しかし、キャンプ飯は焼き物や煮込み料理ばかりではありません。

また、アウトドアとなるとどうしても肉を使ったメニューに偏りがちかもしれませんね。そこで今回は、旬の味覚を感じられる『鮭』を使ったおすすめキャンプ飯レシピを紹介します!

鮭の旬はいつ?

鮭は種類によって旬の時期が違います。一般的に日本で収穫されている鮭は『白鮭』という種類です。

白鮭の中で代表的なのは「時鮭(トキシラズ)」、「秋鮭」、「鮭児(ケイジ)」と呼ばれるもの。時鮭は4月~7月頃の春が旬で、鮭児は11月上旬から中旬にかけてが旬となっており、いずれもロシア北部のアムール川から北海道へと流れてきたものを水揚げしたものです。

では、秋に最も流通される「秋鮭」は何月頃が旬で、どのようにして収穫されるのでしょうか。

秋鮭について
秋鮭は、その名の通り9月~11月の秋が旬です。東北や北海道で生まれた鮭は、北大西洋などを4年~5年ほど回遊し、産卵のために再び故郷の川へ戻ってきます。その時期が秋頃なのです。

川へ戻る途中で北海道の沿岸などで収穫されたものを秋鮭と言います。産卵前のため、脂が少なめで筋子が獲れます。脂が少ない理由は、卵や白子を成長させるために体脂肪が使われるからです。

秋鮭は身が引き締まっているため、そのまま食べるよりもホイル焼きやムニエルなどの料理に適しています。

鮮度の見分け方
スーパーなどで売られている秋鮭は、切り身の状態が多いでしょう。鮮度が高いものを選ぶコツは、皮が銀色に光っていて、身も鮮やかな紅色をしているものを選ぶことです。

また、身がふっくらとしてハリがあり、サシ(身に入った白い線)が真っ白くはっきりと見えるものがおすすめ。脂がほどよく乗っていて鮭の旨味が味わえるでしょう。

鮭のおすすめキャンプ飯レシピ

鮭はキャンプ飯にも便利な食材のひとつ。鮭があれば、燻製やスープ系、ホイル焼きなどさまざまな料理が楽しめますよ。

ここではアウトドアでも簡単に調理できる、鮭のおすすめレシピを紹介します!

自家製スモークサーモン

「スモークサーモンって家でも作れるの?!」と思うかもしれませんが、あるアイテムさえあれば、自宅でも作ることができます。燻製には「熱燻、温燻、冷燻」といった3種類の方法がありますが、ここでは冷燻で作るレシピです。

【用意するもの】
・燻製器
・スモークウッド

【材料】(3~4人分)
・刺身用サーモン 300g
・塩 12g程度
・ブラックペッパーやハーブなど(お好みで)

【下準備】
①刺身用サーモンに塩をすり込みます。お好みでブラックペッパーやハーブなども一緒にすり込みます。

②冷蔵庫で1日置いて、塩漬けします。

③サーモンを水洗いしたら、キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、1日冷蔵庫で乾燥させます。表面が乾燥していないと燻製にする時にうまく煙がのらないため、しっかり寝かせましょう。

【作り方】
①サーモンを燻製気にセットします。

②スモークウッドに火をつけ、30℃以下で2時間燻製していきます。

③燻製が終了したら、再び冷蔵庫で数時間~1日ほど寝かせます。寝かせることで味が落ち着き、絶品スモークサーモンの完成です。

そのまま食べてももちろんおいしいですが、オリーブオイルと塩こしょうをかけてカルパッチョにしたり、ベーグルにはさんでサンドイッチにしたりするのもおすすめです。

心も体も温まるサーモンスープ

キャンプ飯と言えばカレーが定番ですが、ちょっと雰囲気を変えておしゃれなスープを作ってみませんか。フィンランドの郷土料理でもある、「サーモンスープ」で心も体もぽかぽか温まりますよ。

【材料】(4人分)
・鮭(さく)   400g
・にんじん  1本
・じゃがいも 2個
・玉ねぎ   1個
・牛乳    200ml 
・水     400ml
・コンソメ  2個
・レモン汁  大さじ1
・オリーブオイル 適量
・ディル     適量 
・塩       少々
・こしょう    少々

【作り方】
~下準備~じゃがいもの芽を取り除き、皮をむきます。にんじん、玉ねぎは皮をむいておきます。

①鮭、じゃがいも、にんじん、玉ねぎをひと口大に切ります。

②鍋にオリーブオイルを入れ中火に熱し、①の野菜を軽く炒めます。(鮭はまだ入れません。)

③全体に油がなじんだら水とコンソメを入れます。沸騰したら鮭を加え、野菜がやわらかくなるまで煮込んでいきます。

④牛乳、レモン汁を加えさらに煮込み、沸騰直前で火を止めます。

⑤塩こしょうで味を整えたら、ディルをトッピングして器に盛り完成!

基本的に鮭は皮ごと入れますが、気になる人は皮を外して使うと良いでしょう。魚料理と相性の良いディルを入れることで、濃厚なスープにさわやかな香りが加わり、見た目もおしゃれに仕上がりますよ。

鮭ときのこのホイル焼き

アルミホイルに包んで焼くだけの簡単レシピです。しめじやえのきなど好きなきのこを入れて、鮭と共に秋の味覚が存分に楽しめます。

【材料】(4人分)
・鮭  4切れ
・好きなきのこ (しめじ、エリンギ、えのきなど)
・バター     10g×4
・塩       少々
・こしょう    少々
・オリーブオイル 少々

【作り方】
①鮭はひとり一切れずつ使います。アルミホイルを4人分カットして用意し、それぞれにオリーブオイルを少々塗っておきます。(食材が張り付かないようにするため)

②しめじやエリンギ、えのきなど、お好みのきのこのを小分けにし、石づきをカットします。

③①のアルミホイルにきのこを敷き、その上に鮭を一切れ乗せます。上から塩こしょうをし、バターを10g乗せ、アルミホイルを閉じます。

④グリルやスキレットなどで15分程焼いたら完成!

バターの風味に、きのこと鮭の旨味がマッチして絶品。きのこ以外にもトマトや玉ねぎのスライスなど、野菜を加えてもおいしいですよ。

おいしい旬の秋鮭でおしゃれにキャンプ飯を楽しもう!

切り身で売られていることが多い秋鮭は、調理しやすくキャンプ飯にぴったりです。焼いて食べるだけでなく、スモークサーモンにしたり、スープにしたりとおしゃれなメニューとしても楽しめます。

また、ホイル焼きはとっても簡単なので、料理が苦手な人やお子さんでもトライできますよ。親子で一緒に作るのも、ステキな思い出になることでしょう。

肉料理に飽きている人やキャンプ飯がワンパターン化している人はぜひ、今回紹介した秋鮭を使ったレシピを参考にしてみてはいかがでしょうか。

管理人

730,619 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧