野外での湯沸かしに必須なケトル、おすすめなものは?

おすすめキャンプ用品

キャンプやアウトドアでの湯沸かしに便利なケトル。温かいコーヒーや紅茶を飲んだり、ちょっとしたラーメンやスープを作ったりする時に必須なアイテムです。

しかし、ケトルと一口に言ってもさまざまな種類があり、どれを選べば良いかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで今回はケトルの種類や特徴、おすすめの商品について紹介します。

ケトルとは?

キャンプやアウトドアシーンで大活躍するケトルは、野外での湯沸かしに欠かせないアウトドアグッズのひとつです。

「ケトルってやかんじゃないの?」と思うかもしれませんが、もともと屋外での湯沸かしを目的として作られているため、機能性や耐久性に優れており、さまざまな形状をしているのが特徴です。

また、直接マグカップに注ぎやすいコンパクトなサイズから、大容量の湯を沸かせるサイズまであり、シーンに合わせて選ぶことができます。さらに、やかんの形をしたものもあれば、寸胴の形をしたものもあり、種類も素材も豊富にあるのが魅力です。

屋上テラスでコーヒーブレイクやティータイムをする時にも手軽に湯を沸かすことができ、野外では間違いなく便利なアイテムと言えるでしょう。

ケトルの種類

実際にケトルを選ぶとなったら、どんな種類があるのか気になりますよね。アウトドア用のケトルには大きくわけて3つの種類があります。

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

やかんタイプ
家庭でも馴染みのあるやかんタイプですが、アウトドア用のケトルは底面が広くフラットな形状をしているのが特徴です。

バーナーの火が底面全体に当たりやすく、お湯も沸かしやすくなるよう工夫されています。

また、底面が広いため安定感があるのも良いところです。携帯するのに便利なコンパクトサイズも多く、カップ麺のお湯を沸かす時や少人数でコーヒーを飲む時などに適しています。

縦長タイプ
縦長タイプはハンドル部分が長めデザインされており、たき火の上につるして使用できるのが特徴です。注ぎ口に灰が入らないようふたが付いているものもあります。

また、やかんタイプとは違いサイドにも取っ手がついているため、注ぎやすいのもポイント。縦長タイプは大きめのモデルが多く、お湯を沸かせる容量が大きいので、家族やグループで使う時におすすめです。

寸胴タイプ
「小さな寸胴鍋」といった表現が似合うケトルです。ハンドルやサイドの持ち手、注ぎ口も付いており、お湯を沸かすだけでなく料理にも使うことができます。

野外に家庭用の鍋を持ち出すのは大変ですが、寸胴タイプのケトルならちょっとした料理をしたい時にも活躍しますよ。

ケトルの素材について

ケトルは素材もさまざまです。ここではそれぞれの素材と特徴について紹介します。

ステンレス製
ステンレス製のケトルは丈夫で耐久性が高いのが特徴です。強火にかけても安心して使うことができます。また、使うほどに色の変化が楽しめるのもポイントです。

ただし丈夫に作られている分、重量があるのがデメリットと言えるでしょう。とは言え、長く愛用したい人にはおすすめです。

アルミ製
アルミ製は他のケトルと比較しても軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。しかし、耐久性の部分ではステンレスや銅製に劣ってしまいます。

たき火などの強い火力には向いていませんが、バーナーやコンロの火であれば問題なく使用できるでしょう。軽量で扱いやすいので、アウトドア初心者にはおすすめです。

ホーロー製
ホーロー製は、黄色や赤、白などのカラフルなデザインが多く見た目にもとってもおしゃれ。また、見た目だけでなく熱効率が良いため、保温性にも優れています。

少し重量はありますが、デザイン性にこだわりたい人にはぴったりのケトルです。

銅製
銅製のケトルは熱効率が最も優れており、お湯を沸かすスピードが速いのが特徴です。耐久性が高く、たき火でも使用することができます。

傷がつきやすく、お手入れがしづらいところが難点ですが、使い込むほどに味が出てくるため、キャンパーにも人気のアイテムです。

メーカーのおすすめ

野外での湯沸かしに使うケトルをお探しの方に、アウトドアグッズで有名なブランド「コールマン」と「キャプテンスタッグ」から、おすすめのケトルを紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

コールマン「パッカウェイケトル」
熱効率が良いアルミ製のコンパクトなケトルです。容量は0.6リットルでコーヒー2~3杯のお湯を沸かすことができます。また、シリコンハンドルなので滑りにくく、持ちやすいのもポイント。

さらに最後まで傾けてもふたが外れにくい設計など、安全性が高いのも嬉しいですね。メッシュポーチも付いているため屋外へ持ち出す時にも便利ですよ。

キャプテンスタッグ「ケトルクッカー」
ステンレス製の寸胴タイプで、2パターンの使い方ができる画期的なケトルです。

ケトルとしてお湯を沸かすのはもちろんのこと、取っ手の向きを変えることで片手鍋として使えるのが特徴。1食分の袋ラーメンを調理するのにちょうど良いサイズです。

また、野外で簡単なスープを作ったり、お味噌汁を作ったりする時にも最適。丈夫で耐久性がありながら、上品な光沢を兼ね備えているのも魅力と言えるでしょう。長く使い続けたい人におすすめです。

アウトドアシーンに合わせて最適なケトルを選ぼう

ケトルがあれば、屋上テラスや庭でのアウトドアシーンに活躍すること間違いなしです。

ひとりでコーヒーを飲みながらゆっくりしたり、ファミリーでにぎやかにティータイムを楽しんだり、いろいろなシーンを想像しながらケトルを選ぶと良いでしょう。

形状や素材もさまざまなので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。便利なアイテムを取り入れて、より豊かなアウトドア時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

管理人

672,315 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧