食事もリラックスもこの場所で。「ソファダイニング」のつくり方

テクニック

画像:ACTUS

 ダイニングのように食事ができて、リビングのようにくつろげる。そんなふたつのお部屋の「いいとこどり」できてしまうアイデアが「ソファダイニング」です。今回は、その特徴や、取り入れるメリットとデメリットをご紹介します。

お部屋を広く使うなら。「ソファダイニング」はいかが?

画像:ACTUS

ソファダイニングとは、ソファを取り入れたダイニングセットのことで、カフェのようなくつろぎスペースがつくれるアイデアです。体を預けてゆったりと座れるソファ、そして食事のしやすい絶妙な高さのテーブル。このふたつの家具があれば、ソファダイニングはつくれます。

住まいづくりをする時に、「リビングとダイニングを分ける」のが一般的ですが、スペースに余裕がない場合はどちらかを諦めてしまうことも。でも、ふたつのお部屋の要素をひとつにまとめたソファダイニングなら、コンパクトな空間でも実現するかもしれません。

ソファダイニングのメリットとデメリット

画像:ACTUS

メリット1:空間を広々使える

ソファダイニングにすると、リビングとダイニングに置く大型家具がまとまるので、空間を広々と使えます。その分、キッズスペースやワークスペースを生みだせることも。おうち時間が増えている昨今、お部屋を少しでも広く使いたいというご家庭のライフスタイルに合うのではないでしょうか。

メリット2:リビングのようにくつろげる

チェアに比べてより「くつろぎ」を感じられるのがソファ。ダイニングにおいても、座り心地がよくなりリビングのようなリラックス感を楽しめます。また、インテリアコーディネートとしてもソファダイニングは、カフェのようなおしゃれな雰囲気が魅力。クッションなどを置けば、肘置きや背当てとしても使えるので心地よさがアップします。

デメリット1:ソファなのでチェアのように動かせない

ソファダイニングは、その名のとおりソファを取り入れるアイデア。そのため、チェアのように動かすことが難しくなります。椅子を引くように気軽に動かせないため、食事を取りやすい配置を工夫してみてください。

 デメリット2:テーブルが低めなのでチェアと高さが合わせずらい

ソファに合わせて低めのダイニングテーブルを選ぶため、一般的なチェアと高さが合わなくなることが考えられます。全体的にロースタイルになることを意識して、インテリアコーディネートするとよいでしょう。

ソファダイニングに置く家具選びのポイントは?

画像:ACTUS

座面が固めのカバーリングソファ

画像:ACTUS

ソファダイニングに取り入れるソファは、しっかりとした硬めの座面を選ぶのが◎です。座った時に沈み込まないくらいが目安。食事や作業がしやすい座り心地を意識して選んでみてください。

また、ダイニングでは飲み物や食べ物の汚れが心配な方も多いのではないでしょうか。そんな時には、カバーリングソファがおすすめ。カバーを取り外して洗えるものであれば安心ですね。季節や模様替えに合わせてカバーだけを変えると、気軽にイメージチェンジすることもできますよ。

ソファに合わせた低めのテーブル

画像:ACTUS

ダイニングテーブル高さは一般的に70㎝前後ですが、ソファに合わせるダイニングテーブルは、高さ65cm前後がよいでしょう。ソファの座面の高さに合わせて使いやすい低めのダイニングテーブルを選ぶと居心地のよさがアップします。

あればもっと心地よくなるオットマン

画像:ACTUS

ソファに組み合わせて使いたいのがオットマン。足置きになるだけでなく、ソファに繋げて置いたり、単品でスツール代わりに使うことができます。こちらも、メンテナンスがしやすいようにカバーリングタイプを選ぶのが◎です。

コンパクトに心地よい食事&くつろぎスペースを

画像:ACTUS

ソファダイニングは限られた空間を有効活用できるので、お部屋にゆとりを感じられることでしょう。あなたもぜひダイニングの新しいアイデア、ソファダイニングで広々とした空間づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

55,452 views

福岡のフリーランスライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧