• HOME
  • ARTICLE
  • 未分類
  • ちょっとお得な家づくり!2021 グリーン住宅ポイント制度って知ってる?

ちょっとお得な家づくり!2021 グリーン住宅ポイント制度って知ってる?

未分類

令和2年12月15日からスタートしたグリーン住宅ポイント制度。もうすでに申請された方や利用された方もいらっしゃるかもしれませんね。

制度を利用するには一定の条件が付いていますが、工事の内容に合わせて数万円~100万円に値するポイントがもらえますので、これから住宅の建設・購入・リフォームを予定している人にとっては、とてもお得な制度と言えますよね。

そこで今回は、「グリーン住宅ポイント制度」に注目して、対象期間や対象となる住宅・工事など、一戸建て住宅が利用できるポイントについてお話ししたいと思います。

これから屋上付き住宅の建設・購入・リフォームを予定している方は、参考にしてみてくださいね。

グリーン住宅ポイント制度とは

グリーン住宅ポイント制度というのは、温室効果ガスの排出ゼロを目指す『グリーン社会の実現』と、『新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ経済の回復』という2つの目的のため、一定の省エネ性能を持つ住宅を建設・購入・リフォームする人に対してポイント(1ポイント=1円)を発行する制度です。

発行されたポイントは、「新たな日常」や「防災」に対応する追加工事の費用に充てられる、または様々な商品と交換できるなど、汎用性の高いポイント制度なので利用する価値は高そうですよ。

ポイントを取得するためには、令和2年12月15日~令和3年10月31日のあいだに工事請負契約や売買契約を結びんでポイント申請を行います。

ただし、国の予算に対し応募が多過ぎる場合には、10月31日より前に締め切られてしまう可能性があるということですから、契約及びポイント申請はなるべく早めに行うことをおすすめします。

屋上テラスのある家は対象になる?

それでは次に、グリーン住宅ポイント制度の対象となる住宅や、ポイント数について見ていきましょう。

グリーン住宅ポイント制度の対象となるのは、所有者自らが居住する注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入・既存住宅の購入またはリフォーム工事です。

【新築注文住宅・新築分譲住宅を購入する場合】

まず、認定長期優良住宅・認定低炭素建築物・性能向上計画認定住宅・ZEHなど高い省エネ性能等を持つ住宅の場合は、基本ポイントで40万ポイントが取得できます。

そしてその家が、東京圏からの移住するための住宅・多子(18歳未満の子3人以上と同居)世帯の住宅・三世代同居仕様の住宅・災害リスクが高い区域から移住するための住宅、という条件のうちいずれかを満たす場合は、さらに加算ポイントで60万ポイントを取得できます。

高省エネ性能の住宅:
基本ポイント40万P+(加算条件をクリアした場合)60万P

次に、日本住宅性能表示基準における断熱等性能等級4、かつ一次エネルギー消費量で等級4以上の省エネ性能を持つ住宅の場合は、基本ポイントで30万ポイントが取得できます。

そして、その家が加算ポイントの条件を満たす場合は、さらに30万ポイントを取得できます。

一定の省エネ性能の住宅:
基本ポイント30万P+(加算条件をクリアした場合)30万P

【既存住宅を購入する場合】
既存住宅を購入に対するポイント取得では、売買契約額が税込み金額 100 万円を超える場合のみポイント取得申請を行えます。

まず、購入する家が、空き家バンク登録住宅・東京圏からの移住するための住宅・災害リスクの高い区域から移住するための住宅のうちいずれかであれば、30万ポイントを取得できます。

そして、もし購入者が住宅の除却(解体)を行った上で既存住宅を購入する場合は、さらに15万ポイントが加算されます。

さらに、既存住宅購入者が売買契約締結後3カ月以内に、ポイント発行対象である内容のリフォーム工事を行う場合は、リフォーム工事のポイント数も加算されますので、こちらも忘れずに申請しましょうね。

【リフォームする場合】
リフォームの内容には、断熱改修・エコ住宅設備の設置・耐震改修・バリアフリー改修・リフォーム瑕疵保険への加入などがあり、その中でさらに細かい項目ごとにポイントが定められています。

ポイント発行申請ができるのは、断熱改修もしくはエコ住宅設備の設置を行い、かつリフォームポイント合計が5万ポイントを超えた場合のみです。

ただし、リフォームにかかったすべてのポイント計上されるわけではなく、世帯属性や住み替えに伴うリフォームかどうかなどによって申請ポイントの上限が決められています。

令和2年12月15日時点に40歳未満である若者世帯や、18歳未満の子供がいる子育て世帯では、既存住宅(※売買契約額が税込み 100 万円以上)の購入を伴うリフォームの場合60万ポイントまで、リフォームのみなら45万ポイントまでを申請できます。

また、それ以外の世帯では、安心R住宅(※売買契約額が税込み 100 万円以上)を購入しリフォームを行う場合の45万ポイントまで、リフォームのみなら30万ポイントまでの申請が可能です。

リフォームポイントに関しては、工事の内容により項目も細かく分かれていますし、計算もやや複雑になりますので、依頼するリフォーム業者とよく確認した方がよさそうですね。

新築住宅の購入・既存住宅の購入・リフォームいずれの場合でも、住宅の形状についての条件はありませんので、屋上テラスがある家もポイント対象になると言えるでしょう。

バリアフリーのリフォーム内容にはホームエレベーターの設置という項目もありますので、今なら断熱改修もしくはエコ住宅設備の設置と合わせると、お得に設置できますよ。

グリーン住宅ポイントを何に使う?

一定以上の省エネ性能がある住宅を新築で購入した場合は、30万~100万円相当、既存住宅でも条件次第では30万~45万円相当、リフォームの場合も条件をクリアした内容なら5万~60万相当のポイントを取得できることがわかりました。

決して小さくない金額であるこのポイントは、工事費用に充てることもできますが、新居を快適にするインテリアや、アウトドアなど趣味を楽しむ道具、家族に役立ててられるアイテムの購入に使うこともできますよ。

グリーン住宅ポイント事務局の交換商品検索サイトには、家電やインテリアを始め、スポーツ用品やガーデニング用品、介護用品や防災・避難用品まで幅広いアイテムが揃っています。

新しい住居をイメージしながら、ポイントの使い道を考えるのも、楽しい時間になりそうですね。

管理人

394,323 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧