一度は行ってみたい!有名な屋上テラス<国内編>

未分類

Photo by 30e302929n30 on Pixabay

前回は「世界の有名な屋上テラス」を紹介しました。今回はコロナ禍でも訪れやすい「国内の有名な屋上テラス」を紹介します。

国内にも海外に引けを取らない、ステキな屋上テラスが多いです。海外はちょっと無理かも……」と思った方は、ぜひ国内編を参考にしてください。

1.日本の有名な屋上テラス5選を徹底解説

名称 場所 おすすめ度
東京シティビュー 東京都港区 ★★★★☆
SHIBUYA SKY 東京渋谷区 ★★★★★
KITTE 東京千代田区 ★★★★☆
六甲山 兵庫県神戸市 ★★★★☆
釜臥山 青森県むつ市 ★★★★★

今回は日本に存在する5つの屋上テラスを解説します。東京を中心に、有名かつ個性的な屋上テラスを集めてみました。コロナが落ち着いた際には、ぜひ訪れてみてください。

・東京シティビュー -都市という名のアート-

六本木ヒルズにある「東京シティビュー」は、海抜250mの屋内展望台、そして海抜270mの屋外展望台「スカイデッキ」を有する施設です。

屋内展望台は「360度ガラス張り」のパノラマビュー。フレームで区切られたひとつひとつの景色は、東京を切り取った絵画のようです。

ほかにも、ギャラリースペース「スカイギャラリー」が併設されており、都市型エンターテイメントをテーマにした、さまざまなイベントが行われています。

そして屋上テラス好きとして見逃せないのが、屋外展望台「スカイデッキ」です。大ヒット作品「天気の子」にも登場しており、聖地巡礼の場として注目を浴びています。

中心には「H」と書かれた災害救助用のヘリポート、周りには景色を邪魔しないフェンスと自然豊かなウッドデッキがあり、東京の景色を一望することが可能です。

そんなスカイデッキの魅力は「空の変化」です。特に、夕焼けの後のわずかな間に訪れる「ブルーモーメント」は見逃せません。上記の写真のような、ロマンチックなひとときが訪れます。

・SHIBUYA SKY -体験型展望空間-

渋谷スクランブルスクエアの屋上にある「SHIBUYA SKY」は、地上229mから流行の最先端を一望できる、ファッショナブルな展望台です。

「SHIBUYA SKY」は、想像力を刺激する3つのエリアによって構成されています。14階~45階の移行空間「SKY GATE」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」、屋外展望空間「SKY STAGE」の3つです。

インタラクティブな映像と未来的な設計の「SKY GATE」をワクワクしながら通ると、目の前に渋谷を一望できる屋上テラス「SKY STAGE」が現れます。

360度パノラマの風景は、まるで空にいるかのよう。ふと見下ろせば、壮大な渋谷の街が見下ろせます。

「SKY STAGE」は、ただの展望台ではなく、リラックスできる空間に仕上がっています。ウッドデッキには、「クラウドハンモック」と呼ばれる休憩場を用意しており、横になりながら都会の空を味わうことが可能です。

夜になると「クロッシングライト」と呼ばれるライトアップが行われます。18本のサーチライトが織りなす空間は、SHIBUYA SKYならではの景色です。ぜひ、最先端の屋上テラスで絶景を楽しんでください。

・KITTE -低層から眺める夜景-

東京駅のすぐそばに位置する、ショップやレストランの複合施設「KITTE」。日本郵便が展開している施設のため、「切手=KITTE」という名前が付けられました。

そんなKITTEの6階には、屋上庭園「KITTEガーデン」が併設しています。ウッドデッキやベンチ、緑豊かな芝生を用意している憩いの場です。平日は23時、日曜・祝日は22時までやっており、夜遅くでも行ける屋上テラスになります。

KITTEガーデンは、今回紹介する中で、もっとも低い位置にある屋上テラスです。屋上からの景色と聞くと、街を見下ろすものだと思いますが、KITTEガーデンでは、屋上から街を見上げる体験ができます。

光り輝くビルに囲まれた空間は、低層階の屋上テラスでしか味わえない景色です。ほかにはない景色を体験したい方は、ぜひ訪れてみてください。

・六甲山 天覧台 -1,000万ドルの夜景-

いきなりですが、「100万ドルの夜景」という表現を聞いたことはありますか?

実はこの表現、日本でも随一の夜景を持つ、兵庫県神戸市の「六甲山 天覧台」

が発祥なんです。

1950年頃、山頂から見える街の電気代が、およそ100万ドルだったことから生まれました。その後、2005年に関西電力が電気代を再計算し、今では「1,000万ドルの夜景」と称されています。

そんな天覧台のそばにあるのが「TENRAN CAFE」です。昼はカフェとしてコーヒーを、夜はバーとしてお酒を楽しめます。また地元の食材を使った料理も絶品です。美しい景色を見ながら、リラックスした時間を過ごしましょう。

・釜臥山 展望台 -ポツンと屋上テラス-

青森県むつ市の「釜臥山(かまふせやま)展望台」は、本州最北端にある屋上テラスです。「釜臥山」の頂上付近にポツンと存在しており、だれでも無料で利用できます。

室内からも景色を望めますが、やはりおすすめは屋上テラスからの眺めです。備え付けの望遠鏡を利用すれば、市街地や陸奥湾、さらに晴れた日には北海道も見られる絶景スポットになっています。

また夜になると、「光のアゲハチョウ」と称される、むつ市の夜景が一望できます。「日本夜景100選」や「日本夜景遺産」にも選ばれている、一度は見たい夜景スポットです。

まとめ

国内にも数多くの有名な屋上テラスが存在します。今回紹介したのはその一部ですが、どれも素晴らしい場所ばかりなので、ぜひ訪れてみてください。コロナが落ち着いて最初に訪れる場所は、国内の屋上テラスで決まりです。

andresortlife_editor

57,259 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧