失敗しない玄関タイルの色の選び方とは?注意点も解説

コラム

家のドアを開けて最初に目に飛び込んでくる玄関は、家の印象を決める重要な場所です。しかし、注文住宅を建てる際に玄関タイルの色をなんとなくで選んでしまい、住んでから後悔する人も少なくありません。

また、間違った選び方も失敗につながるため注意が必要です。そこで今回は、失敗しない玄関タイルの色の選び方や注意点を解説します!

失敗しない玄関タイルの色の選び方

玄関タイルの色を選ぶときには、汚れの目立ちにくさやお手入れのしやすさなどいくつかポイントがあります。

具体的にどんな点に気をつけて選べば良いのか、まずは失敗しない玄関タイルの色の選び方をチェックしていきましょう!

汚れが目立たない色味を選ぶ
玄関は靴についた土や外から入ってきた砂埃など、汚れがつきやすい場所です。

明るい白は土や泥の汚れが目立ち、暗くて濃い黒いなどの色は砂埃が目立つため、これらの色は避けた方が良いでしょう。

汚れが目立たない色味なら、アイボリー、ベージュ、明るい茶色のテラコッタカラー、グレーなどが最適です。アイボリーやベージュなど明るめの色は玄関を華やかに見せてくれます。

また、グレーのような少し暗めの色は重厚感があるため、高級感を演出したい人におすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ
玄関タイルは汚れやすいため、お手入れのしやすさで選ぶのもポイントです。例えば凹凸のあるタイルは溝に汚れが溜まりやすいため、掃除に手間がかかってしまいます。

他にも、光沢のあるタイルは磨けば光る反面、少し汚れただけでくもって見えがちです。さらに、水を使って掃除をする場合、水はけが良い素材であるかも重要なポイントです。

乾きが悪いとカビが生える可能性があるため、素材選びには注意しましょう。

お手入れしやすいタイルかどうか、施工会社やハウスメーカーに確認すると良いでしょう。

耐久性が高いものを選ぶ
玄関タイルは靴をはじめ、ベビーカーや車いす、子どもの遊び道具などで摩擦が生じやすい場所です。

耐久性の低いタイルでは、摩擦によってすり減ったり、強い衝撃でひび割れたりする恐れがあるため、耐久性が高いものを選ぶと良いでしょう。

吸水性が低く、衝撃に強いセラミック(磁器質・せっ器質・陶器質)のタイルがおすすめです。

外壁との調和で選ぶ
玄関タイルの色味を選ぶ際に、内装に合っているかどうかに目が行きがちですが、外壁との調和で選ぶのも大事なポイントです。

外壁がシンプルでモダンなデザインだとしても、ドアを開けた瞬間、レンガ調のテラコッタカラーのタイルでは中と外での雰囲気が違い過ぎて、違和感が生じてしまいます。

玄関タイルの色は、内装だけでなく外壁とも馴染むかどうかを確認してから選びましょう。

玄関タイルの色を選ぶときの注意点

玄関タイルの色を選ぶ際には、いくつか注意点があります。どんなことに注意すれば良いのか、確認していきましょう。 

大きめのサンプルで確認する
基本的に玄関タイルのサンプルは実物よりも小さい傾向があります。そのため、いざ出来上がった玄関を見てみると「イメージと違う」と感じるケースも少なくありません。

玄関タイルを選ぶ際には、大きめのサンプルを用意してもらい、色味をしっかりと確認するのがおすすめです。

大きめのサンプルが無い場合は、過去の施工例などの画像を見せてもらうと良いでしょう。

屋外での色合いも確認する
玄関タイルはドアを開けたときに外の光が入るため、屋内で見たときよりも明るく見えます。そのため、施工後に「選んだ色味よりも明るい」と感じてしまう場合があるのです。

そのような失敗を避けるために、玄関タイルを選ぶ際には屋外での色合いも必ず確認するようにしましょう。

確認する際はくもりではなく、太陽の光が差し込む晴れの日がおすすめです。

2色以上組み合わせるときはバランスに注意
玄関タイルを2色以上組み合わせるときには、色の割合や配置などのバランスを考える必要があります。

なぜなら、色の割合が偏っていたり配置がおかしかったりすると見栄えが悪くなってしまうからです。

玄関タイルを2色以上組み合わせたいときには、設計士に相談し、タイルの割付を一緒に考えることをおすすめします。

迷ったら定番の色を選ぶのも一つの手

玄関タイルの色に迷ってしまったら、定番の色を選ぶのも良いでしょう。人気のグレーなら砂埃や土・泥の色も目立ちにくいため、汚れも落としやすくお手入れも楽です。

外壁やインテリアにも合いやすく、どのテイストの家にも馴染みやすいメリットがあります。奇抜な色ではないため、毎日見ていても飽きにくいのも良いところです。

迷ったときには、定番のグレーを選んでみてはいかがでしょうか。

玄関タイルにこだわって、おしゃれで実用的な玄関づくりを!

玄関タイルの選び方で押さえておきたい点は、汚れが目立たない色味やお手入れのしやすさに加え、耐久性の高さや外壁との調和がとれた色・デザインであるかもポイントです。

注意点としては、大きめのサンプルを使って屋外で確認することや、2色以上の場合にはバランスが大切です。

今回紹介した玄関タイルの選び方や注意点を参考に、おしゃれで実用的な玄関づくりを叶えていきましょう!

管理人

1,770,822 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧