• HOME
  • ARTICLE
  • コラム
  • 快適に使えるキッチンはどちら?「見せる」キッチン・「隠す」キッチンのメリットとデメリット

快適に使えるキッチンはどちら?「見せる」キッチン・「隠す」キッチンのメリットとデメリット

コラム

キッチンのデザインはさまざま。大きく分けると、オープンに「見せるキッチン」と生活感を出さない「隠すキッチン」があります。今回は、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。ポイントを押さえれば、あなたに合ったキッチンを選びやすくなることでしょう。

 使いやすいキッチン」のポイントは?

キッチンを選ぶ時、どんなことに気をつければいい?そう迷ったら、これからご紹介するポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。 自分に合った使いやすいキッチンを選べば、料理から片づけまでの時間がラクに楽しく感じられるはずです。

・作業スペース+食材やでき上がった料理を置ける補助台が十分にある

・食品ストックをたくさんしまえる「パントリー」などの大型収納がある

・使いやすく邪魔にならない場所にゴミ箱置き場がある

・ブレンダーなどを使うご家庭は手元にコンセントを

・2人でキッチンに立つご家庭は通路幅や作業スペースを広くとる

・シンク、コンロ、冷蔵庫の間の動線をできるだけ短くする

・水はねや油はねが多い場所なので掃除のしやすい素材を選ぶ

・タッチレスタイプやノズルが伸びるタイプなど機能的な水栓で水仕事がラクに

また、キッチンには大きく分けて「見せる」タイプと「隠す」タイプがあります。そのメリットとデメリットを知れば、よりご自分に合うキッチンを選びやすくなるはずです。

「見せるキッチン」のメリット・デメリット

【メリット1】インテリアを楽しめる

オープンなキッチンは、お気に入りのキッチン用品を飾りながら収納することができます。キッチンの背面を飾り棚にすれば、素敵なデザインの鍋やキッチンツール、食器などをディスプレイすることも可能。好きなインテリアに囲まれていると、自然に気分が上がり料理が楽しくなることでしょう。

 【メリット2】扉の開閉がなく出し入れがしやすい

見せるタイプのキッチンは、基本的に扉などが少ないためモノの出し入れがスムーズになります。扉を開ける手間だけでなくスペースも省けるので、動線がふさがず動きを妨げません。

【デメリット1】モノが多いと雑然と見える

全てがオープンな状態になる見せるキッチンは、モノが増えると雑然と見えてしまいがち。片づけが得意ではない方にとっては、「綺麗な状態にしておかなくては」と必要以上にプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

【デメリット2】汚れがキッチン以外に広がることも

見せるキッチンは、他の部屋と繋がりのあるオープンな空間である場合が多いため、キッチンの水はねや油汚れなどが広がりやすい傾向にあります。匂いも広がりやすいため、リビングなどのリラックススペースと食事の場を分けたい方にとっては少し気になるかもしれません。

「隠すキッチン」のメリット・デメリット

【メリット1】生活感が抑えられすっきり見える

キッチン道具や食品ストックなどは、色やデザインもバラバラ。キッチンは置くモノが多く、生活感が出やすい場所です。そのため、キッチン自体を独立させたり壁や扉などで収納を見えにくくする「隠すキッチン」を好む方もいます。シンプルな生活感を抑えたインテリアを好む方や瞬時にすっきりとした印象に仕上げたい方には隠すキッチンがおすすめです。

 【メリット2】料理に集中できる

キッチン自体が個室のように仕切られた空間になっていると、他の部屋の様子が目に入りにくく料理により集中しやすくなります。料理人のように「つくること」を極めたい方や、業務用キッチンのようにシンプルかつ機能性のあるキッチンに憧れる方にもぴったり。ただ、リビングなどの様子が分からないのは心配…という場合は、一部に室内のガラス窓を取り入れるなど目の届く場所をつくるのもひとつの方法です。

【デメリット1】モノの出し入れがしづらいことも

扉などで隠されていると、どこに何があるのか分かりにくくなることも。また、モノの出し入れに扉の開閉というワンステップが入るので少し面倒に感じてしまうかもしれません。

 【デメリット2】家族とコミュニケーションが取りづらい

キッチンが独立していたり壁や扉などで仕切られたりと隠れていることで、家族の様子が分かりにくくコミュニケーションが取りづらいというデメリットがあります。家族と一緒に料理をしたり配膳を頼んだりしたいご家庭には、少し不便に感じられるかもしれません。

「見せる」「隠す」の特長をふまえ使いやすいキッチンを選ぼう

 あなたにとって使いやすいキッチンとはどのような空間でしょうか。キッチンに求めるものは人それぞれ。ですが、キッチンが使いやすければ料理が楽しくなり、さらにはおうち時間が充実することにも繋がるはずです。ぜひ、ご自分に合ったキッチン選びの参考になさってはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

251,202 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧