冬のおうちキャンプの楽しみ方 屋上テラスでプチ体験もあり!

お家キャンプ

キャンプに対して夏のイメージを持っている方も多いと思いますが、冬は冬で楽しみ方があります。凛とした空気を感じながら暖かい飲み物を飲んだり、焚き火をしたりする時間は至福のひとときです。

しかし、冬のキャンプは防寒対策など注意する点も多いため、初心者にとってはハードルが高いと感じるでしょう。その点、おうちキャンプは、手軽にキャンプ気分が味わえる活動です。

そこで今回は、冬のおうちキャンプの楽しみ方についてご紹介します。

すでにおうちキャンプをしている方も、自宅での過ごし方について悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手軽さと安心感!おうちキャンプの魅力

手軽にアウトドア気分が味わえる

自宅を使ったおうちキャンプでは、初心者も手軽にキャンプ気分が味わえます。アウトドアテーブルやチェアなどを室内に置くだけで、部屋の印象がガラリと変わり、キャンプ場の雰囲気を醸し出されます。アウトドア料理を作ったり、マグカップに好きな飲み物を注いだりすればなおさら。一年中好きなときにできるのが、おうちキャンプです。

安心できる室内環境

おうちキャンプは、室内や屋上テラスで楽しむため、安心感があるのも魅力。本格的な冬キャンプの場合、防寒対策や安全管理にも注意が必要で、決して気を抜くことはできません。特に冬場は夜間の冷え込みが強く、万が一道具に不足があると大変な思いをするでしょう。

その点、おうちキャンプは、室内中心のため安心できる環境です。仮に屋上テラスでテントを張った場合でも、「寒い」「帰りたい」と思えば、いつでも自宅に駆け込めます。室内と屋上テラスが隣接したメリットといえますね。

冬のおうちキャンプの楽しみ方 <3つのアイデア>

おうちキャンプは本格的なキャンプと違い、季節に関係なく楽しめる活動です。しかし、「冬のおうちキャンプの楽しみ方がわからない」と思っている方もいるでしょう。ここでは、冬のおうちキャンプを満喫するアイデアを3つご紹介します。

気になるキャンプ料理を作って、レパートリーを増やす

豪華で美味しそうなキャンプ料理は、おうちキャンプを盛り上げるのにぴったり。自宅であれば調理器具や調味料も揃っているので、キャンプ場よりも快適に料理ができます。お肉や魚介を使ってこった料理にチャレンジしてもいいですし、ホットサンドメーカーで簡単に作れるパンなどに挑戦してみても良いですね。

冬のうちの料理のレパートリーを増やしておくと、春夏のキャンプにも役立ちます。甘いもの好きの方や子どものいる家庭であれば、デザート中心にしても喜ばれそうですね。

テントやハンモックを部屋に飾ってみる

PIXTA

室内スペースに余裕がある場合は、新しくキャンプ用品を買い足してみるとマンネリ感を打破できるでしょう。テントやハンモックなどのキャンプを象徴するアイテムを置けば、アウトドア感も強まります。部屋の雰囲気に合った色調・デザインであれば、統一感のあるコーディネートにできます。

また、新しく小物を取り入れるだけでも雰囲気は変わりますね。ランタンやマグカップ、チェアなどを買い替えたり、追加したりすることで、おうちキャンプがもっと楽しくなっていくはずです。

屋上テラスで ” プチ冬キャンプ ” を体験してみる

せっかくですから、屋上テラスを活用して「プチ冬キャンプ」を体験してみるのはどうでしょう? 室内で過ごすのもいいですが、庭やべランピングを使ったおうちキャンプも定番です。ちょっと寒さを感じるところは、冬キャンプの醍醐味ともいえます。

もし冬のテントに興味があるのであれば、室内用こたつをテントに持ち込むというスタイルもありですね。寒くなったらすぐ家の中に入れる点は、おうちキャンプのメリットです。簡単な料理やホットドリンクと一緒に、冬の空気を感じてみるといいでしょう。

PIXTA

屋上テラスで ” プチ冬キャンプ ” をするときに揃えたい防寒系グッズ

屋上テラスで ” プチ冬キャンプ ”をするときは、防寒対策をしっかりする必要があります。キャンプ場ほど本格的な装備は必要ありませんが、暖かく快適に過ごすのであれば、以下のような服装・道具を準備しましょう。

防寒着

服装としては、寒くない格好であれば大丈夫です。ダウン系のウェアやパンツ、ヒートテックなどを着て、靴下も厚手のものを履いておくといいでしょう。さっと羽織れる冬用ポンチョなども便利です。

防寒シューズ

防寒シューズがあると、足元から暖かく過ごせます。テント内では「足元が寒い」と感じることが多々あります。室内用の防寒シューズにはおしゃれなデザインもあるので、お気に入りのものを選ぶと気持ちも上がるはず。

©アイム・ユニバース

ホットカーペット

ホットカーペットは屋外でも使用できます。ブランケットや毛布も一緒に持ち込むと、さらに暖かく過ごせますね。テント内の底冷え防止に役立つアイテムです。

電気ストーブ

持ち運びできる電気ストーブも、冬のおうちキャンプには便利なアイテム。速暖効果があり、足元をピンポイントで暖めたいときに最適です。ただし、転倒や火災など安全面には注意しましょう。

カイロ

カイロには使い捨てをはじめ、USB充電式のものもあります。手元や首を温めるなど、細かい場所に使えるのがメリットです。屋外に長い時間いるときに活躍。

マグカップ

暖かい飲み物が欲しくなる冬場に、マグカップは必需品。体の中からぬくぬくと温まれます。自宅からケトルも持ってくれば手間もかからず、すぐアウトドア気分に。

コット

コットは、地面からの冷気軽減や底冷え対策におすすめ。ソファにもベッドにもなるアイテムは、冬キャンプに欠かせません。

寝袋

 ” プチ冬キャンプ ”を満喫したい方は、寝袋も持ち込んで寝てみましょう。寒ければ自宅に入ればいいだけなので、キャンプ場と違ってノーリスクです。冬のテントで一夜を過ごす体験は、子どもの情操教育にも役立ちます。

まとめ

おうちキャンプは、冬も工夫次第で楽しみ方が広がります。気になったキャンプ料理を作ってみたり、少しだけ屋外に出てホットドリンクを飲んでみたりすると、いつもと違った雰囲気が味わえるでしょう。キャンプは楽しむことが大前提なので無理をせず、やってみたいと思う活動を試してみてくださいね。

PIXTA

松崎 清央

70,805 views

ライター / 自然体験教育者。公務員を退職後、アウトドア専門学校に入学し、子どもの野外活動、登山、キャンプの技術を取得。WEB媒体を中心に、アウトドア・自然...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧