風が強い日は注意!屋上テラスでのタープ対策

おすすめキャンプ用品

屋上テラスは遮るものがなく、開放的な気分が味わえる空間。快適な環境でくつろぐために、タープを設置している方は多いですよね?

でも、風の強い日は「大丈夫かな?」と不安になることもあるもの。万が一、タープが外れたり、飛ばされたりすればケガをする可能性もありますし、道路や近隣に飛べば思わぬ事故に発展する可能性もあります。

そこで今回は、風が強い日にやっておきたい、屋上テラスでのタープ対策についてご紹介します。強風時のタープ対策に困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タープやテントの天敵といえば、“風”

日差しを遮り、居心地の良い環境をつくってくれるタープは、屋上テラスに必須のアイテム。野外といえば雨対策に注目しがちですが、風はタープを壊したり、吹き飛ばしたりする可能性があるので、しっかりと対策する必要があります。

「このくらいの風なら平気でしょ」と甘く見ていると、少し目を離した隙に屋上テラスからタープが消えていた、なんてこともあるかもしれません。水には強いタープやテントですが、“風に弱い”という性質があることは知っておきましょう。

風速10m以上が対策の目安

ひとくちに「風が強い日」といっても、人によって強風と感じるレベルは違いますよね? 目安としては、風速10m/s以上になると風対策が必要です。平均風速10m/sは「やや強い風」と言われており、傘がさしにくく、歩きにくいと感じるレベルです。屋外への影響としては、樹木や電線が揺れ始めます。

平均風速15m/s以上になると人が転倒したり、看板や屋根材が飛んだりすることもあり、タープも例外ではありません。

ただし、風速はあくまで目安なので、タープの風対策が必要かどうかは実際の天候を見ながら判断するようにしましょう。

風対策の2つのポイント

屋上テラスにタープを設置するときは、風を考慮する必要があります。

具体的には、以下の2点が対策のポイントです。

風向き

タープを設置するときは、風を逃してあげるようにすることが大切です。風が南から吹いているのか、北西から吹いているのかなど風向きを意識することで、快適性も安全性も高まります。

そのためタープは、風上にタープのトップがくるようにして、風下に風を逃すイメージで設置しましょう。風向きを考えずにタープを設置すると、強風時にダイレクトに風を受けやすくなります。

ロープは強く張る

ロープは、ピンと強く張るように意識しましょう。張りの強度が弱いとタープに緩みが生じて、風を受けやすくなります。ロープを強く張り、風を受け流しやすくすることで、タープの安定感がアップします。

まずはできることから!風が強い日のタープ対策

タープは風に弱いため、強風時は適切な対策が必要です。BBQなどの活動前から風が強い場合はもちろん、途中から風が強くなることもあるので、事前にできる対策はやっておきましょう。

タープを外す

「風が強い」と感じる日は、無理をせずタープを外すことも大切です。確かに風向きや張り方に注意すれば、強風時もタープを張ることはできます。

しかし、安定感のないままタープを張ると大きく揺れたり、飛んだりする可能性があるので危険です。同様に、食器やチェアなど他の道具も飛んでいってしまうかもしれません。「今日は風が強いな」と感じたら、タープを諦めることも安全対策としては必要です。

ロープを強度の高いものに交換する

タープの風対策として、付属のロープを強度の高いロープに交換するのもおすすめです。代表的なのは、アウトドアで使用するナイロン製の丸紐 “パラコード”です。軽くて水に強いうえ、値段もリーズナブルなので、不安な方は交換しておくと安心でしょう。

太さは各種ありますが、タープで使用するなら4mm程度が適しています。色や模様のバリエーションも豊富なので、タープをおしゃれに演出したいときにもいいですね。付属のロープに不安を感じたときは、強度の高いロープへの交換も考えてみましょう。

サブでロープを追加する

すでに設置済みのロープに加えて、サブでロープを追加する風対策です。タープのハトメ(ロープを通す部位)がまだ空いている場合には、そこにサブロープを追加して、他のロープ同様に固定しておきましょう。もしハトメの大きさに余裕があれば、同じ穴にロープを2本通しても構いません。

ロープが増えることで風から受ける抵抗が分散され、強度アップにつながります。固定場所がないときは、ロープ固定用の重りを使いましょう。

ロープの固定具合を確認

タープを常時設置している場合は、ロープの固定具合を確認しましょう。「結び目が緩んでいないか」「柱や器具にしっかりと固定されているか」をチェックします。

特に雨が降ると、ロープは緩みやすくなるので注意が必要です。器具の確認は当たり前の作業ですが、忘れないようにしましょう。

タープの高さを低くする

タープの高さを変えられるのであれば、強風時はタープを低くすると安定感が増します。風の抵抗は面積が小さいほどが小さくなるので、タープをできるだけ低い位置に設定することで、風から受ける影響を最小限にできます。

ポールにロープを巻きつける(ポール使用時)

屋上テラスでポールを使用して、タープを設置している場合の風対策です。ポール使用時は、ポールの先端にロープのループを通しますが、その際ポールにロープを一周巻きつけてから固定すると強度がアップします。

巻きつけにより下向きの力が働くことで、タープ本体がポールから抜けにくくなる仕組みです。

強風時は焚き火にも注意

屋上テラスでBBQや焚き火を楽しむ方は多いと思いますが、風が強い日は、火を扱う活動も無理をしないようにしましょう。焚き火では火の粉が舞いやすくなり、芝生や柱などへ飛ぶことがあります。炭火のBBQも風の影響を受けるので、注意した方がいいでしょう。

タープの風対策をしっかりして、安全に屋外活動を楽しもう

タープは “風に弱い” という特徴があるので、風の強い日は無理しないことが大切です。屋上テラスに常時設置している場合は、事前に天気予報を確認して、不安を感じたら安全のため外しておきましょう。

BBQなどの活動中に風が強くなることもあるので、事前にできる風対策はしっかりとしておきましょう。

松崎 清央

11,755 views

ライター / 自然体験教育者。公務員を退職後、アウトドア専門学校に入学し、子どもの野外活動、登山、キャンプの技術を取得。WEB媒体を中心に、アウトドア・自然...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。