中々発散できないストレスに屋上テラスが瞑想にぴったりな理由とは?

プライベートスペース

「呼吸が整う」「集中力が高まる」「睡眠が深くなる」などの効果がある瞑想は、日々忙しく過ごす現代人のストレスを軽減するためには欠かせません。

効果的な瞑想をするためには、落ち着ける環境選びが必要ですが、中々適した場所が見つからないと思っている人も多いのではないでしょうか。

自宅に屋上テラスがあれば、瞑想する場所に困らないで済みます。そこで、屋上テラスが瞑想を行うのにぴったりな理由をお伝えします。

瞑想とは?

瞑想には、集中する瞑想、マインドフルネス瞑想、ヴィパッサナー瞑想などのさまざまな種類があります。それぞれやり方や効果が違うので、自分に合う瞑想の方法を選ぶと良いでしょう。

ここでは、瞑想することによって、共通して得られる効果について見ていきます。

メリットしかない
瞑想にはメリットしかないと言われています。
たとえば瞑想をすると、心拍数が低下し、血圧が正常になるという報告があります。

瞑想には蓄積された疲労を緩和させる働きがあるため、瞑想をすると疲れが取れると同時に疲れにくい身体に導かれます。

瞑想後には頭がスッキリするため、集中力や判断力もアップ。

敢えてデメリットをあげるとすれば、瞑想には何もしない時間を要するので、忙しい人にこそ初めてもらいたいですが、時間を取るのが難しい人もいるかもしれません。

忙しい脳を休める
情報社会の中で暮らしていると、脳で処理できないほどのたくさんの情報が入ってきます。その情報が有益か、自分に必要なのかなどを判断するためにも脳を酷使します。

脳を働かせることも大切なのですが、たまには脳を休めないとオーバーワークになってしまうことに。

瞑想とは、自主的に何かを考えない状態にすること。

日頃、働きすぎの脳を休めることによって、脳の疲れを取ることができます。瞑想を終えた後、頭が軽くなり、思考がクリアになることに安らぎを覚える人も多いでしょう。

自分を見つめ直す
瞑想をすることにより、普段とは違う目線になれます。

いつもは自分の内側から世界を見て、自分の中でいろいろ考え、悩みを生み出していますよね。そして悩みが増えると心が辛くなります。

そこで、瞑想をすると自分を客観的に見ることができるようになるのです。

「こうであるべき」「こうしなければならない」など、ストレスにまみれながら培ってきてしまった既成概念を打ち砕いてくれる効果が期待でき、ものの見方を変えることで、悩みの解決策にも気づけるでしょう。

ストレスを放置していると、忙しさから自分の身体や心の声を無視しがちですが、例え1分であっても瞑想で自分の心や身体と向き合えば、ストレスで心身を疲弊させてしまうことも防げますね。

瞑想の効果は屋内と屋外では違う?

瞑想をするのは、屋内のほうが向いていると言われています。

何故なら、外の音は騒々しかったり、人目が気になったりと、落ち着いて瞑想ができる環境ではないことが多いからです。

でも、自然の中で瞑想ができたら気持ちよさそうですよね。外でもできそうな瞑想と、外で瞑想をするために必要な条件をあげます。

歩く瞑想
瞑想というと、じっと座っているイメージがありますが「歩く瞑想」というのがあります。

方法は、自分の歩く動作、特に足裏に意識を集中させるというもの。

かかとから着いて、つま先に重心移動していく、足裏の感覚に意識を向けます。

途中で他のことを考えてしまっても気にせずに、また足裏の感覚に意識を向けるようにしましょう。

歩く瞑想は、屋内でも屋外でもできます。ただ、初心者の場合、外だといろいろなことに気を取られてしまい、難しいかもしれません。それに人にぶつかるなど事故の危険もあるので、まずは自宅の屋上で試してみてはいかがでしょう。

肝心なのは落ち着ける環境であるかどうか
瞑想の効果があるかないかは、瞑想がきちんとできたかどうかで決まります。よって、屋内であっても屋外であっても、瞑想ができる環境であるかが重要。

屋内外問わず、落ち着いて瞑想ができるスペースがあれば、きちんと瞑想ができ、効果が得られるでしょう。

瞑想にぴったりな環境とは

瞑想をするのなら、高い効果が得られる環境でしたいですよね。

では、瞑想に向いているのは、どのようなスペースなのでしょうか。

すぐに行ける場所
瞑想は、短い時間でも習慣として続ければきちんと効果が得られます。

すなわち、瞑想を行う場所はわざわざ出かけていくようなところではなく、すぐに行ける場所が向いているということ。

そのため、自分の部屋や寝る前のベッドの上は、絶好の瞑想スペースと言えます。

集中できる場所
瞑想に向いているのは、すぐに行ける場所であるのと同時に、リラックスでき、集中できる場所であることが肝心です。

前述では自分の部屋が向いていると述べましたが、自分の部屋がない、あるいは部屋の中では集中できないというのであれば、別の場所を探したほうが良いでしょう。瞑想中は自分の心身に集中するので、気が散る場所は向いていません。

スッキリと整っていて、仕事や家事が脳内をチラつかないスペースが良いでしょう。

屋上は瞑想にぴったりなスポットだった!

すぐに行ける場所、リラックスし集中できる場所、両方に当てはまるのが、自宅の屋上テラスです。

自宅の屋上なら階段を上るだけで行けますし、人目で気が散ることもありません。

時間の制約もなく、朝でも夜中でも寝る前でも「瞑想がしたい」と思いついたときにできます。お気に入りのリラックスできる椅子に座ってする瞑想、歩く瞑想も、ゆったりマイペースでできるでしょう。

ストレスを抱えがちな忙しい現代人には、時間感覚や呼吸を正常に戻し、脳を休める時間が必要です。

毎日1分からでも、姿勢を正し呼吸をゆっくり整えて、自分の身体と心に向き合いませんか?

自宅の屋上テラスでの瞑想を習慣にして、ストレスから開放されましょう。毎日自分と向き合えば、きっと少し自分に優しくなれて心にも余裕が生まれますよ。

管理人

127,352 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。