こんな時だからこそ楽しみたい!屋上テラスで叶えるプライベートビアガーデン

ガーデンパーティ

コロナの影響で自粛ムードが高まる昨今。毎年楽しみにしてきたビアガーデンも、今年は中止になるかもしれません。ただ、自宅の屋上テラスさえあれば、プライベートビアガーデンが開催できてしまいます。

そこで今回は、屋上テラスで叶えるプライベートビアガーデンの作り方を解説します。今年の夏は、必要なアイテムを準備して、プライベートビアガーデンを開催しましょう。

1.屋上テラスをプライベートビアガーデンに

自宅の屋上テラスは、ビアガーデンを再現するのにぴったりな場所です。環境的には、実際のビアガーデンと変わりません。ただし、ビアガーデンに必要な小道具やフード、ドリンクはそろえておきましょう。

雰囲気作りに「パーティーライト」や「メニュー表」を用意し、「フィンガーフード」を食べながら、レンタルした「ビールサーバー」でビールを飲む……。

自宅の屋上テラスでも、ビアガーデンに必要なアイテムさえそろえておけば、お店顔負けの環境が作れます。それでは、プライベートビアガーデンに必要なアイテムを見ていきましょう。

2. 小道具でお店のような雰囲気に!

屋上テラスをビアガーデンにするなら、環境づくりが大切です。ただ、フードやドリンクだけを用意しても、どこか殺風景になりがちです。そんなときは、小道具を用意して環境を整えましょう。

・メニュー表でお店を再現

メニュー表は、お店に来ている気分を味わえるアイテムです。店員役の家族や友達、親戚に「注文する」。たったこれだけで、本物のビアガーデンに来たような気分が味わえます。その日のフードやドリンクをラインアップすれば、本格的なビアガーデンの完成です。

メニュー表は、手書きでもいいですし、ネットからテンプレートをダウンロードしても構いません。ただし、よりリアル感を出すなら、メニュー表に加えて、「ブラックボード」や「メニュースタンド」を用意しましょう。

ブラックボードとは、よくお店の前に置いてあるメニューの書かれた黒板です。その日イチオシのメニューを書いておくだけで、お店に来た気分になれます。「店長イチオシ!」などの言葉を入れておくといいかもしれません。屋上テラスの入り口部分に置いておきましょう。予算は、3,000〜5,000円程度です。

また、メニュー表を入れる「メニュースタンド」もおすすめです。机の上に立てておけば、それを見ながら注文できます。ビアガーデンは何かと机が濡れやすいので、メニュー表が破れないようにするためにも、用意しておいた方がいいでしょう。こちらは、500円程度で購入できます。

・ライトアップで幻想的に

ビアガーデンの雰囲気を支えているのは、ライトアップされた幻想的な空間です。自宅でもライトアップを行うと、よりビアガーデンにいるような雰囲気が味わえます。

そのため、屋上テラス全体にパーティーライトを設置しましょう。パーティーライトは、いくつもの電球が連なっているライトのこと。屋上テラスの植物やシェードなどに絡めるだけで使用できます。電池式のパーティーライトなら周りに電源も必要ありません。価格は2,000〜5,000円程度です。

パーティーライトの設置場所がない場合は、電池不要の「ソーラーライト」、または乾電池で手軽に使える「照明ライト」がおすすめです。ちなみにどちらも2,000〜5,000円程度で購入できます。屋上テラスの環境に合わせて、最適なものを購入してください。

・暑さ対策は万全に

プライベートビアガーデンは、屋上テラスで行うため、熱中症になりやすいです。そこで暑さ対策に「サーキュレーター」や「シェード」を用意しましょう。

屋上テラス全体に風が当たるようにしておけば、簡易的に熱中症を防げます。サーキュレーターは、安いものだと5,000円程度、高くても数万円で購入できます。

また屋上テラスに日陰を作ることも重要です。必ずシェードの下で飲むようにして、直射日光を防ぎましょう。

きちんと暑さ対策をした上で、安全にビアガーデンを楽しんでください。

3.フードは楽チンなものを中心に!

ビアガーデンに食べ物は欠かせません。そこでビール片手に楽しめるものをまとめてみました。

・フィンガーフードで食べやすく

フィンガーフードとは、その名の通り「指でつまめる料理」のことです。

主に、つまようじで食材を刺したスペイン生まれの「ピンチョス」や、コースの前菜などに登場するフランス生まれの「カナッペ」などがあります。またサンドウィッチやお寿司なども、指でつまめるため、すべてフィンガーフードに当てはまります。

ビアガーデンを楽しむ際、どうしても片手がふさがってしまいやすいです。こんなときフィンガーフードがあれば、手を汚さずに料理を楽しめます。加えて、食器も最小限に抑えられるので、後片付けも楽チンです。

・メインディッシュは豪勢に

ビアガーデンに主役級の料理を用意したいなら、「シュラスコ」や「生ハム」がおすすめです。どちらもテーブルの上で抜群の存在感を放ってくれます。

シュラスコは「ブラジルなどで食べられている料理の一つ」です。鉄串に肉の塊を刺し、岩塩をつけて炭火で焼き上げます。完成したらナイフで肉をそぎ落として食べる、迫力のある料理です。

生ハムは、切ってあるものではなく、あえて丸々一本用意しましょう。生ハムスタンドを使えば、シュラスコと同様に切り落として食べられます。

どちらもメインディッシュなので、フィンガーフードで囲うようにして、配置し豪勢に味わいましょう。

・みんなと囲むバーベキュー

夏の風物詩といえば、バーベキューです。ビールとバーベキューの相性はいわずもがな。せっかくビアガーデンを開催するなら、バーベキューもセッティングしましょう。ただし、本格的なバーベキューは、屋上テラスの立地によっては難しい場合もあります。

そこで、利用したいのが「卓上のバーベキューコンロ」です。テーブルに置けるサイズながら、バーベキューと同じ感覚を味わえます。小さいサイズなので、ご近所さんに迷惑をかける心配もありません。価格は1,500〜5,000円程度なので手軽に用意できます。

4.ドリンクの品揃えは楽しさにつながる!

最後は、ビアガーデンの主役であるドリンクです。主役ということでこだわりのものをそろえておきましょう。

・ビールサーバーで本格体験

主役のビールを本格的に楽しむなら「ビールサーバー」を用意しましょう。とはいっても、いきなり用意できるものではありません。そこで利用したいのがレンタルサービスです。

【ビールサーバーの相場】

容量 価格
7 L(14~15杯) 5,100円
10 L(20~22杯) 7,000円
15 L(33~35杯) 1万100円
19 L(43杯) 1万3,000円
20 L(45杯) 1万3,300円

引用:https://sakeaoki.com/beer/

神奈川県茅ヶ崎市の酒屋「青木商店」さんの例を見てみましょう。こちらでは「キリン一番搾り」「サッポロ生」「アサヒスーパードライ」などのビールを取り扱っています。(各容量によって銘柄は異なります)

例えば、ビアガーデンの参加人数が6人で、1人あたり3杯飲む場合、レンタルする容量は10Lとなり「費用は7,000円」です。

ビールサーバーは意外にも安くレンタルできます。缶や瓶のビールを用意して、冷やしておく手間を考えたら、ビールサーバーを用意しておいて損はありません。

基本的にビールサーバーのレンタルは、地域の酒屋さんがやっているケースが多いです。まずは最寄りの酒屋さんに問い合わせてみましょう。

また、予めビールジョッキを冷やしておくと、よりおいしく飲めます。中ジョッキサイズなら1,000~2,000円ほどで手に入るので、本格的に準備したい方はビールジョッキも用意してください。

・簡易クーラーはバケツを使う

ビアガーデンには、ビール以外にもお酒が用意されています。屋上テラスで開催する場合も、好みのお酒を準備しておきましょう。この際、すぐに取り出せるクーラーボックスがあると便利です。

もし、クーラーボックスがない場合は、バケツに大量の氷を入れて「簡易クーラーボックス」を作りましょう。バケツの中に無造作に入れられた缶や瓶は、とてもおしゃれです。数本程度用意して、テーブルの上に置くといいでしょう。

まとめ

プライベートビアガーデンに必要なアイテムを解説しました。今回紹介したアイテムを用意すれば、一般的なビアガーデンと同じような感覚を味わえます。ただし、プライベートビアガーデンは、ほかの人の目や終電がない分、ハメを外して飲み過ぎてしまうかもしれません。

必ずビールなどの飲み物と一緒に、水やお茶を用意しておきましょう。せっかくのプライベートビアガーデンも体調を悪くしてしまったら本末転倒です。無理のない範囲でアイテムをそろえて、極上のプライベートビアガーデンを味わってください。

andresortlife_editor

10,180 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。