自宅キャンプでお肉をもっと味わおう!簡単おすすめキャンプ飯5選

お家キャンプ

キャンプ飯はお肉がなくちゃ始まらない!そんな人も多いかと思います。今回は準備が簡単な自宅キャンプで、肉の醍醐味を味わえるアウトドア料理5種類をご紹介します。

簡単仕込みでジューシーな味わい

前日からキャンプの準備をするなら、ちょっとひと手間、お肉を仕込んでみましょう。

厚切り肉は、筋切りや肉たたきをしておくと、火の通りがよくなりますし、鶏肉はフォークを刺しておけば身がしまりすぎず、柔らかい歯ごたえになるので、食べやすくなりますよ。

また、仕込みをしたうえでタレに1晩漬けておくと、味もしっかりしみ込むので、1口噛んだだけでお肉の柔らかさと旨みを実感できるでしょう。

ファスナー付き保存袋に漬け込みダレとお肉を入れて冷蔵庫に寝かせておくだけの簡単準備ですが、キャンプ当日はこれを焼くだけですむので、調理の慌ただしさが半減します。

ただし、焼く前にお肉を常温に戻すことだけ忘れないでくださいね。

サーロインステーキ(4人分)

材料:ステーキ肉 2枚(1枚約200g),タレ(しょうゆ・はちみつ・サラダ油 各大さじ3,酢 大さじ2,おろし生姜 小さじ2,おろしにんにく 小さじ1)

肉の仕込みポイント:肉と脂身の間にある筋に数か所切り込みを入れ、軽く肉をたたいてから、1晩タレに漬け込んでおきましょう。

調理のポイント:両面とも強火で30秒、弱火で1~2分ずつ焼いた後、アルミホイルに包んで2~3分休ませるとよりジューシーに仕上がります。

スペアリブのダッチオーブン焼き(3~4人分)

材料:豚スペアリブ 8本,塩こしょう 少々,タレ(おろし玉ねぎ 80g,おろしにんにく 小さじ1,ケチャップ 大さじ4, しょうゆ・ウスターソース・はちみつ 各大さじ2,酢 大さじ1)

肉の仕込みポイント:フォークをスペアリブに刺して全体に小さな穴をあけ、塩こしょうを肉にすり込んでから、1晩タレに漬け込みます。

調理のポイント:ダッチオーブンの中にアルミホイルを5枚ほど敷いてから網をセットし、肉を並べます。蓋の上にも火のついた炭を置いてオーブン効果を利用するので、やけどにはくれぐれも注意しましょう。

焼き始め10分間は上下とも強火で、その後は下火は弱火・上火は強火を保って30分ほどで完成です。時々、蓋をあけて焼け具合を確認しましょう。

ちなみに炭火を使う火加減の目安は、火から15cmの距離で手をかざし、耐えられる秒数で判断します。3秒位なら強火・6秒位なら中火・10秒位なら弱火と捉えればよいでしょう。また、上火を強火にするなら、蓋全体に均一に炭を置けば焼きムラもなくきれいに焼けますよ。

おつまみにもなる肉料理

キャンプの王道であるバーベキューはみんな大好きで楽しいのですが、やはり毎回同じ献立では飽きてしまいますよね。ちょっと気分を変えて楽しみたいなら、こちらのキャンプ飯はインスタ映え必至、雰囲気も盛り上がるのでおすすめです。

塊肉で豪快に!ローストビーフ(4人分)

材料:牛ももブロック肉 500g,おろしにんにく 小さじ1,塩こしょう 少々,ローズマリー 小さじ1,オリーブオイル 少々,ソース(おろし玉ねぎ 中1個分,しょうゆ・みりん・赤ワイン 各大さじ4,砂糖 大さじ 1,おろしにんにく 小さじ1)

1.肉を冷蔵庫から出して、常温に戻しておく。

2.肉全体に、塩こしょうとにんにくをすり込んだら、オリーブ油を肉全体に薄く塗り、5分程おいてなじませる。

3.フライパンまたはスキレットを温めて油を引いたら、肉の全面を中火で2分ずつ焼いて焼き色を付ける。

4.弱火にして蓋をし、肉をたまに動かしながらさらに6分焼く。

5.肉を取り出し、2重にしたアルミホイルにしっかり包んだら、さらにふきんで包んで、約30分おく。その間に、肉の旨みが残るフライパンをそのまま使ってソースを作る。

6.フライパンを中火にし、しょうゆ・みりん・砂糖を入れたら、赤ワイン・おろし玉ねぎ・おろしにんにくを入れる。沸騰したら弱火にして、少しとろみが出たら完成。

・アルミホイルが活躍!手作りソーセージ(4人分)

材料:豚ひき肉 500g,卵 1個, エリンギ 1本,おろしにんにく 小さじ2,パセリ 2枝,セージ 8枚,ナツメグ 少々,塩小さじ1.5, 一味唐辛子 小さじ1,黒こしょう 少々

1.エリンギ・パセリ・セージはみじん切りにする。

2.肉・卵・塩をボウルに入れてよくこねる。粘りが出たら、残りの調味料と1を入れて、さらによく混ぜ合わせる。

3.肉を8等分して細長い棒状にしたら、空気が入らないようアルミホイルで包み、両サイドをねじって閉じる。

4.鍋に70℃ほどのお湯をたっぷり沸かし、5分~7分ゆでる。

5.粗熱が取れたらアルミホイルをはがし、中火のフライパンや網で焼き色を付けて完成。お好みでマスタードやケチャップと合わせてもOK。

ダッチオーブンなら、さらにこんな使い方も

煮込み料理から無水料理・グリル料理・揚げ物・デザートのケーキまで作れて、この上なく重宝するダッチオーブンなのですが、じつはまだほかにも使い道があったのです。そう、『蒸し器』です。

ダッチオーブンを使えば、キャンプで小腹がすいた時に、肉まんを食べることもできるのです。市販の肉まんを温めるだけなら、ダッチオーブンに深さ2㎝位の水と底網または市販の蒸し皿をセットし、水が沸騰したら肉まんを並べて、蓋をして5分程蒸せばよいので簡単ですよ。

注意したいのは、底網より水が下になるようにすることです。底網が低い場合は、アルミホイルを直径3cm位に丸めての底網の下に2,3個置いて底上げしましょう。

また、大人数のキャンプだったとしても大丈夫!ダッチオーブンのサイズに合わせて、市販の蒸篭(せいろ)など蒸し器を重ねて使うこともできるので、人数分一気に用意できますよ。

肉まん(4人分)

材料:肉まんの皮(薄力粉 200g,砂糖 大さじ1,ベーキングパウダー 小さじ2,塩 小さじ半分,サラダ油 小さじ1,水 120cc),あん(豚ひき肉80g,長ねぎ 5cm,戻しシイタケ 薄切り10枚,オイスターソース 小さじ1.5,おろし生姜・ごま油 各小さじ半分,片栗粉 小さじ1,こしょう 少々)

1.まずは、皮を作る。サラダ油以外の材料をボウルに混ぜ合わせて、軽くこねたらサラダ油を入れて混ぜ込む。生地を4等分して丸め、それぞれラップに包んでおく。

2.あんを作る。長ねぎと戻しシイタケはみじん切りにし、片栗粉以外の材料をボウルに入れて粘りが出るまで混ぜる。片栗粉を加え、ムラなく混ぜたら4等分する。

3.生地を円形に伸ばしてあんを包んだら、口をひねるように閉じる。肉まんの大きさに合わせてクッキングシートをカットして、肉まんの底に貼る。

4.蒸気の出ているダッチオーブンに入れて、15分程蒸したら完成。

まとめ

肉料理といっても種類も豊富で、それぞれ食べ応えがありますね。自宅の屋上テラスや広いバルコニーでのキャンプなら、調理する環境が整っているので、いろいろなメニューにチャレンジしやすいと思います。大空の下のおいしいキャンプ飯、是非お楽しみください。

管理人

77,880 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。