「シンプル×上質感」が鍵。ホテルのようなインテリアをつくるポイント

インテリア

自宅がラグジュアリーホテルのように洗練された空間だったら…と憧れる方は、もしかすると「無駄のないシンプルで上質なインテリア」を求めているのかもしれません。でも実際には、モノが多い、何から手をつけて良いのかわからない、とお悩みなのではないでしょうか。今回は、「ホテルのようなインテリア」をつくるポイントをわかりやすくご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

ホテルのようなインテリアとは?

一切の無駄がなく、洗練された雰囲気が特徴の「ホテルのようなインテリア」。生活感の出やすいモノが多い自宅では、実現するのが難しいと感じていませんか。でも、いくつかのポイントをおさえれば、ホテルのようなインテリアに近づけることはできます。早速、具体的なポイントを見ていきましょう。

ホテルのようなインテリアをつくるポイント

Beautiful luxury white and clean sink and facuet water interior of bathroom

気軽にホテルような空間づくりにトライするなら、できるだけ小さな空間から始めてみてください。ここでは、寝室と洗面所に絞ってポイントをご紹介していきます。

寝室や洗面所から始めてみよう

ホテルと言えば、整ったベッドメイキングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうかLDKに比べて小さな空間である寝室は、ホテルのようなインテリアを試しやすいお部屋です。また、来客などの目に触れないからこそ、自分らしい上質な空間づくりが楽しめる場所でもあります。

また、洗面所や浴室、トイレなどのサニタリースペースも、空間が限られているためインテリアのイメージを統一しやすい場所。特に洗面所は、雑貨選びや収納にこだわることで、その変化を実感しやすいですよ。

空間を「シンプル」に

ホテルのようなインテリアをつくる第一歩は、生活感の出やすいモノをシンプルにするjことです。見える場所に置くものを厳選し、インテリアに上質感をプラスすると理想の空間に近づくはず。

でもモノが多いご家庭では、持ち物をシンプルにすることが難しいと感じてしまうかもしれませんね。そこで取り入れたいのが扉付の収納家具。すぐに断捨離が難しいという場合は隠す収納を徹底するのもひとつのアイデアです。

どんな雑貨を選ぶ?

まず意識したいのはベッドファブリック。ホワイトを基調にブラウンなどシックなカラーを差し色にすると洗練された印象に仕上がります。ピンとしわを伸ばして清潔感を大切にベッドメイキングしてみてください。ベッドスロー(掛け布団のうえに掛ける長方形の布)プラスするのも素敵です。

ベッドの周りには、シンプルなベッドサイドテーブルなど小さな収納家具を。直線で構成されたシンプルモダンなデザインが良く合います。ベッドの近くにはスタンドライトなどで温かみのある照明をプラス。アンバーなオレンジ色の光を選べば、くつろぎの空間を演出してくれます。

さらにホテルを意識した寝室を目指すなら、「フットベンチ」を取り入れてみては。靴を脱ぐ習慣がない海外では、足置きとして使われる「フットベンチ」。よりラグジュアリーな雰囲気に仕上がります。

サニタリースペースは、生活感が出やすい場所。置くものを厳選することが上手くいく鍵です。タオルやディスペンサーボトルをシンプルな無地で統一するとホテルのような雰囲気に。カゴやトレーなどを使ってアメニティ類などをまとめると、洗練された雰囲気に仕上がります。

どんな色を選ぶ?

ベッドファブリックやタオルなど色選びに迷ったら、空間にスタイリッシュさをもたらし清潔感を漂わせる白で揃えてみましょう。差し色には、ブラウンやネイビー、パープルなど落ち着いたカラーをプラス。お部屋に取り入れるのは、多くても3色以内にまとめるとセンス良く仕上がります。

ホテルのような照明とは?

©アイム・ユニバース

ほの暗い空間が印象的なホテルの照明。間接照明を取り入れて優しい光に包まれているような空間を演出してみましょう。全体を照らす照明の他に、スタンドライトをいくつか置くのも素敵です。一室多灯にすれば、気分によって光の量を調節することができリラックス空間を演出できます。

ホテルのような雰囲気を生み出す「ディスプレイ」とは?

©アイム・ユニバース

「余白」を大切に

センスよくディスプレイするためには、飾るものを「厳選する」ことが大切です。たとえ飾るスペースがたくさんあってもあえて詰め込まず、余白を意識して配置すると、ギャラリーのように素敵なコーナーに。ちょっとした隙間が洗練された雰囲気を生み出します。

シンメトリーを意識して

家具をレイアウトする、アートを飾る時などは、「シンメトリー配置」を意識してみてください。シンメトリーとは左右対称のこと。空間に「安定感」をもたらす配置で、ラグジュアリーホテルなどでもよく見られます。

たとえば、ソファを中心に両側にサイドテーブル、その上にスタンドライトを置くとクラシカルなホテルをイメージさせる空間に。ベッド周りや玄関のディスプレイなどでも試せるため、ぜひトライしてみてくださいね。

ホテルのようなインテリアで、自宅をもっと素敵に

©アイム・ユニバース

今回ご紹介したアイデア以外にも、素敵なレストランやホテルに足を運びそのインテリアからインスプレーションを受けるのもホテルのようなインテリアをつくる近道。洗練された空間を実際に感じることで、住まいづくりのヒントがもらえるはずです。あなたもぜひ、ホテルのようなインテリアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

6,049 views

福岡のフリーランスライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。