曲線で柔らかな印象に。「丸みのある家具」の魅力と取り入れるメリット

インテリア

直線で構成された家具は、シンプルでモダンな印象を与えますが、インテリアにほんの少し温かみや優しい雰囲気を添えたい、と感じたら「丸みのある家具」を取り入れてみてはいかがでしょうか。今回は、丸みのある家具の魅力や取り入れるメリットをご紹介します。家具選びのヒントとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

曲線を描く「丸みのある家具」の魅力は?

家具には、大きく分けて直線を中心として構成されたタイプと曲線を描くタイプの2種類があります。直線的な家具はすっきりとした印象を与え、そぎ落としたシンプルインテリアによく合います。一方、曲線を描く丸みのある家具は、柔らかく優しい印象を与えナチュラルインテリアになじみます。

またダイニングテーブルの天板を円形にすれば、食卓を囲む人たちが顔を合わせて座ることができるのも魅力。コミュニケーションの取りやすさにも、一役買ってくれるのが「丸みのある家具」です。

「丸みのある家具」を置くメリットは?

丸みのある家具を置くメリットはほかにもあります。ここからは、3つのメリットをご紹介していきます。

1.曲線が柔らかさや安心感をもたらす

曲線を描く丸みのある家具は、柔らかさを感じさせます。丸いモノを見ると、あなたも優しさや温かみなどを感じるのではないでしょうか。小さなお子さんのおもちゃでも丸いアイテムが多いように、私たちにとって柔らかさや優しさを感じさせる丸みのあるデザインは幼い頃から身近なカタチ。意識していなくても安心感をもたらしてくれているのかもしれません。

2.角がなく多少ぶつかっても安心

小さなお子さんのいるご家庭で、家具によるケガを心配される方は多いことでしょう。正方形や長方形など角のある家具は、ぶつかった時にケガをしやすくコーナークッションなどで対策をする必要があります。

ですが、角がなく丸みのある家具なら多少ぶつかっても角のある家具に比べると安心なのではないでしょうか。ソファなら、張地でひじ掛けが包まれているモノがおすすめ。曲線で構成された柔らかな印象の家具なら、部屋全体に優しい雰囲気をもたらします。

3.置き場所のバリエーションが広がる

丸みのある家具は、部屋のどこに置いても絵になるというメリットがあります。写真のように壁に向かって平行に置かなくてもおさまりがよく、好きな場所に配置することができるのも魅力です。部屋が狭い、部屋の壁に凹凸があり家具の配置に困る…といったお悩みがある方は、コンパクトなサイズ感で丸みのある家具を選んでみてはいかがでしょうか。きっとスペースを有効活用しながら、素敵なインテリアに仕上がるはずです。

丸みのある家具で、可愛らしくほっとできる空間に

丸みのある家具は、可愛らしさや温かさを演出します。インテリアに温かみを添えたい、柔らかな印象のインテリアで和みたい、という方におすすめの家具です。丸みのある家具と言っても、円形、楕円形、有機的なデザインなどいくつかのバリエーションがあります。あなた好みのインテリアテイストに合わせて、選んでみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

264,184 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧