戸建住宅のメリット・デメリットとは?知っておきたい基礎知識

コラム

マイホーム計画を進めるとき、戸建住宅にするか集合住宅にするのか迷う方は多いかもしれません。いずれにも特徴があるため、まずはそれを知ったうえでライフスタイルや理想の暮らしに合うのかを家族で話し合うことが大切です。今回は、戸建住宅にフォーカスしてメリット・デメリットをご紹介します。理想のマイホーム計画のスタートに、基礎知識としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

 「戸建住宅」の特徴は?

独立した一棟の住宅である「戸建住宅」。戸建住宅には、施主が建物のデザインや設備などへの希望を反映しやすい「注文住宅」と、既に建てられた建物と土地をセットで購入する「建売住宅」などいくつかの種類があります。

戸建住宅の魅力は、何と言っても自由度が高いこと。建物だけでなく庭なも含めて「自分のもの」という安心感があり、近隣へ迷惑をかけない範囲であれば住まいにまつわるあらゆる夢を叶えやすいことが魅力です。

それでは、戸建住宅のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

「戸建住宅」のメリットは?

騒音やプライバシー問題が起きにくい

 隣家と近い集合住宅に比べると、騒音やプライバシーの問題が起きにくいのが戸建住宅のメリット。隣家との距離が極端に近い立地でなければ、お子さんが走り回る音などを気遣うことも減るのではないでしょうか。また、エクステリアやカーテンなどで目隠しをしておけば、近隣からの視線が気になりにくいのもメリットです。

庭や平置き駐車場を持つことができる

戸建住宅を選ぶ大きなポイントになるのは、「庭があること」ではないでしょうか。ガーデニングや家庭菜園、バーベキューを楽しむなど、自由に使うことができる貴重な屋外スペースが生まれます。また、平置きで専用の駐車場を持つことができるのも嬉しいポイント。敷地面積に余裕がない場合は、ビルトインガレージをつくるというアイデアもあります。

家の自由度が高い

戸建住宅のなかでも、注文住宅であれば間取りや広さなど住まいづくりの自由度が高く、より理想の家を持つことができます。また、将来的なリフォームやリノベーション、増築や場合によっては建て替えなどライフスタイルの変化に合わせた住まいづくりができるのも魅力です。

集合住宅のような管理費・修繕費がない

集合住宅では、マンションを購入した場合でも「管理費・修繕費」などが必要になります。ですが、戸建住宅であれば定期的に支払う管理費・修繕費はありません。もちろん、メンテナンス費などの支出があるため、一概にどちらがコストを抑えられるかは難しいところ。ですがいつメンテナンスを行うかなど、支出のタイミングを自分で決めることができるのはメリットだと言えるのではないでしょうか。

 「戸建住宅」のデメリットは

維持管理が必要

 先ほどご紹介したとおり、戸建住宅のメンテナンスなど維持管理は所有者が行うもの。建物だけでなく庭も含めて、定期的にメンテナンスしなければ住みづらくなるだけでなく、近隣住宅へのトラブルとなることもあります。

防犯面に不安があることも

 オートロックのあるマンションなどの集合住宅に比べると、戸建住宅は外からの侵入がしやすいなど防犯面に不安があることも。玄関ドアだけでなく、窓も多いため施錠の手間もかかります。 

2階建ての場合は上下の移動が必要

2階建て以上の家の場合は、上下の移動が必要になるため高齢になると大変になることも。また、家事動線が上下になると暮らしづらさに繋がることもあります。マンションのようにワンフロアで過ごすことを好む方は、平屋の住宅を選ぶのもひとつの方法です。

「戸建住宅」の特徴を知りマイホーム計画の参考に

戸建住宅ならではの魅力がある一方で、戸建住宅だからこそのデメリットもあります。戸建住宅を検討中の方も、特徴を知ったうえでマイホーム計画を進められれば、納得のいく住まいづくりができることでしょう。ぜひご参考になさってはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

252,469 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧