家事がしやすい家はどうつくる?「家事動線」がスムーズになるポイント

お部屋づくり

家事がしやすい家であれば、さまざまな面で「余裕」が生まれ、暮らしがより便利に豊かになります。そのカギになるのが「家事動線」です。今回は家事がしやすい家事動線のポイントをご紹介します。暮らしやすい間取りのヒントとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

家事動線とは?

Modern kitchen interior with pantry cupboard, flower pot near the wash basin.

家の中を人が動くルートは「生活動線」と言い、そのなかでも家事をするために動くルートは「家事動線」と呼ばれます。キッチンとランドリースペースを近づける、キッチンのシンクからガス台、冷蔵庫まで1~3歩で移動できるなど、この家事動線がスムーズであることが、家事のしやすさのポイント。

暮らしやすさを実現するためにも、基本的には「シンプルな動線」であることが大切です。

たとえば、衣類収納が各部屋に点在していて洗濯物をしまうのが大変、同じ場所を何度も行き来しないと家事が進まないなど…もし思い当たることがあれば、家事動線を整えるチャンスかもしれません。

 できるだけ家事がスムーズに進み、より楽しく感じられる家になれば、時間や気持ちに余裕が生まれ、より豊かな暮らしを実感できるはずです。

家事動線をスムーズにするポイントは?は?

detergent bottle and towels on washing machine and green plant in bathroom

1.「回遊できること」を意識する

 家事動線は、「回遊」できることを意識して整えるのがポイント。たとえば、キッチンから洗面所、室内干しスペースに移動しやすかったり、ウォークインクローゼットが2か所の出入口から行き来できたりなど、家事に合わせてスムーズに人が動ける状態をつくっておくと快適になります。家事負担が軽減するのはもちろん、時短にも繋がり一石二鳥ですね。

また、料理などの家事をする中心となる場所「キッチン」を起点に回遊できることも家事動線のスムーズさに繋がります。最近では、「パントリー」という大容量のキッチン収納を取り入れる住宅も増えてきました。

パントリーはキッチン近くに配置するのが基本ですが、玄関からも出入りできると便利。実際に取り入れている方からは、買い物から帰って食材をしまうのもスムーズ、忘れ物をさっと取りに行けるのも便利との声もあります。

玄関側、キッチン側どちらからも回遊しやすいパントリーは、家事効率アップのためにもあると便利なスペースです。

2.家事の一連の動作を「短い距離」で完結する

家事にまつわる一連の動作を「短い距離」で完結できれば、家事がラクになるだけでなく時短にも繋がります。まずは、特に大変な動作をともなう家事から手を付けてみてはいかがでしょうか。

たとえば、洗濯を例に考えてみると以下のような工程があります。

1.洗濯機で洗濯物を洗う

2.洗濯機から選薫物を取り出す

3.洗濯物を干す(必要であれば物干し場に移動する)

4.洗濯物を取りこむ

5. 洗濯物を収納する

洗濯だけでも5つのステップがあることが分かります。このなかで、「特に大変な動作」がラクになるよう家事動線を整えてみては。

濡れた重い洗濯物を物干し場に持っていくのが大変な場合は、洗濯機の近くに室内干しスペースをつくる、またキャスター付きのハンガーラックに干していき、ラックごと物干し場に移動する(動線に遮るモノがなくスムーズに移動できるよう整えておく)なども洗濯をラクにするひとつの方法。洗濯物の収納も、物干し場から近く一箇所に集まっていれば動作をまとめることができ便利ですね。

 3.収納場所はできるだけまとめる

 先ほどもご紹介したように、家族の洋服収納を集中させた「ファミリークローゼット」は家事動線をスムーズにするアイデアのひとつ。収納を一箇所に集めることで、家族それぞれの個室にある収納に分散するよりも片づけがラクになります。

また、多くのモノをひとまとめにできるため、部屋を広く使えるというメリットも。収納家具などを減らすことができるため、動線をふさぐモノが減り動きやすくなります。

4.家事室・家事スペースをつくる

 スムーズな家事動線はもちろん、家事そのものが快適になるスペースをつくる、というのも暮らしやすくなるアイデア。最近の住宅に増えてきているのが「家事室」です。

家事スペース以外にも使える多目的なスペースですが、アイロンがけやミシンがけ、重要書類の保管場所、掃除道具の収納場所など家事の作業場や収納として便利に使えます。

個室として用意することが難しい場合は、デスクとチェア・収納棚などを置いて小さな「家事スペース」をつくるのもよいですね。家事のなかでも長い時間を過ごすキッチンの近くにつくれば、料理の合間に他の家事を並行するなど、より効率的に家事が進むのではないでしょうか。

スムーズな家事動線に整えて快適な住まいに

 家事動線を整えることで、時間や気持ちに余裕が生まれ、その分したいことや好きなことを楽しむことができます。日々の暮らしから切っても切り離せない家事、せっかくなら気分よく家族で協力しながら進めていきたいですね。あなたもぜひ、気になるアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

123,665 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧