屋上テラスでピクニック&オープンカフェ気分!自宅で「ランチタイム」を楽しむ4つのアイデア

ラグにのったランチ
テクニック

屋上テラスのある家に住む方たちの間で、人気の使い方が「食事を楽しむ」アイデア。特に心地よい光と風を感じられる「ランチ」や「ブランチ」は休日の楽しみになっているご家庭も多いよう。

そこで今回は、そんなランチタイムをさらに楽しむ4つのアイデアをご紹介します。特別なメニューを用意しなくてもできるので、気になるアイデアがあれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

 屋上テラスでランチやブランチを楽しもう!

テラスのテーブルとイス

画像:Adobe Stock

春は、屋上テラスでの食事を楽しむのに絶好の季節。いつものメニューでも青空の下で食べるだけで、なぜこんなに美味しく感じられるのでしょう!

それは、非日常的な開放感と心地よい風や光、そしてワクワクした気持ちが後押ししているのかもしれません。

今回ご紹介するのは、そんな非日常感をさらに演出するランチタイムのアイデアです。普段どおりの飾らない「おうちごはん」も、上手にデコレーションしたり活用したりすればぐっと素敵になります。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

屋上テラスでランチタイムを楽しむ4つのアイデア 

アイデア1.:ラグやレジャーシートを敷いて足元を心地よく

ラグ、レジャーシートの上に載せたランチ

画像:Adobe Stock

屋上テラスの床にアウトドアラグやレジャーシートなどを敷けば、靴を脱いでラクに過ごせるリラックススペースに。おすすめは、やや厚みのあるタイプです。クッション性があり、ふかふかとした踏み心地のラグやレジャーシートなら、床の硬さを直に感じず快適に座ることができます。

もちろん、テーブルとチェアのダイニングスタイルで食事を楽しむのもOKです。その際は、ナチュラルなリネンのテーブルクロスをかけるなど気分が上がるテーブルセッティングをしてみてはいかがでしょう。ファブリックをプラスするだけで、屋上テラスにスペシャル感を演出できます。

アイデア2.:カラフルな食器で楽しい雰囲気を演出

果物とナッツ

画像:Adobe Stock

食事やおやつをカラフルな食器に盛りつけると、目にも鮮やかで楽しい気分を盛り上げます。繊細な素材感では「割れてしまわないか…」と心配になってしまうため、少々ぶつかっても頑丈な厚手の器やプラスチック製や樹脂製などのアイテムを使うのがおすすめです。割れない素材を選んでおけば、屋外スペースでお子さんがうっかり落としてしまっても安心ですね。

アイデア3.:お弁当箱につめてピクニック気分に

ランチボックスに入ったおにぎらず

画像:Adobe Stock

いつものメニューでも、お弁当箱などにつめるだけでピクニック気分に。ひとり分ずつつめれば、それぞれのお気に入りの場所で食事を楽しむことができます。

家族でワイワイ楽しむなら、ランチボックスやお重を使うと見た目も華やかになります。彩りのよい盛りつけにもこだわれば、目にも楽しく「フォトジェニックな食卓」を演出できますよ。

アイデア4.:ワンプレートでカフェ風ランチに

キーマカレーのワンプレーとランチ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像:Adobe Stock

自宅にいながらオープンカフェ気分になれる屋上テラス。ワンプレートに盛りつければ、気軽にカフェ気分を楽しめます。つくり置きおかずを少しずつ盛りつけるだけでも、おしゃれな雰囲気にあがるのも嬉しいところ。

写真のように、ヨーグルトを別皿でプラスしたり、彩りよく副菜をプラスしたりすれば、ごはんメインでも華やかになります。緑、黄色、赤とバランスよく色が取り入れられていると自然に栄養バランスも整い一石二鳥です。

パン派の方は、トーストに好きな具材をのせた「オープンサンド」など、手軽にできて見た目も楽しいメニューでトライしてみてはいかがでしょうか。

青空の下で食べるランチは格別!

プレートにのった朝食

画像:Adobe Stock

心地よい風と光を感じながら楽しむ屋上テラスのランチ、開放的な雰囲気のなかアウトドア気分を気軽に楽しめるのが魅力です。テーブルセッティングや食器、メニューをほんの少し工夫するだけで非日常感を得られるので、ぜひ過ごしやすい季節にトライしてみてはいかがでしょうか。 

伊野奈緒美

133,356 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧