冬は部屋で暖かく。戸建て住宅の「防寒対策」のポイントとは?

テクニック

画像:Adobe Stock

暖房器具を使っても、なかなか部屋が暖かくならない…そう感じたことはありませんか。そのような時には、部屋の「防寒対策」を見直してみてはいかがでしょう。今回は、できるだけ冷えをシャットアウトして暖かく過ごすための「防寒対策」をご紹介します。

部屋で冷えを感じたら…チェックしたい場所は?

Stylish interior of living room with carpet

画像:Adobe Stock

 部屋で過ごしていても「寒い」と感じたら、暖房器具を強めたり、1枚プラスして羽織ったり厚手のソックスを履いたりして防寒対策をする、という方は多いのではないでしょうか。

でもより部屋を暖かくするなら、「窓」「壁」「床」から伝わる冷えをシャットアウトすることが近道になります。家全体では難しくても、長い時間を過ごすリビングやダイニング、寝室などでしっかりと防寒対策をすれば、家はより居心地がよくなります。

まずは、「窓」「壁」「床」から冷気が伝わっていないかをチェックしてみましょう。

戸建て住宅の「防寒対策」3つのポイント

Plastic window with damp and water condensation on glass. Bad ventilation in house during cold weather

画像:Adobe Stock

 戸建て住宅は、マンションなどの集合住宅よりも寒く感じる、という声も聞かれます。これは、構造上の理由もありますが「間取り」からの影響も少なくないよう。たとえば、戸建て住宅には玄関やリビングに吹き抜けがあったり、リビング階段があったりと「開放感」のある間取りから冷気が入ってくることもあります。

戸建て住宅の防寒対策を何とかしたい、と思ったらまずは以下のことをチェックしてみてください。

1.窓からの冷気やすきま風を防ぐ

 窓から入る冷気は、部屋を冷やしてしまう大きな原因に。窓からのすきま風もしっかりシャットアウトすることも、大切な防寒対策です。

せっかく暖房で温めても多くはまどから逃げていくと言われています。また、多くのご家庭で使われているアルミサッシは熱や寒さを伝えやすい、という性質があります。

それらを防ぐために、以下のようなアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

・保温性の高い厚手のカーテンと薄手の二重にする

・カーテンの長さを「床に付く」くらい長めにする

・カーテンの内側に「断熱カーテンライナー」を取り付ける

・冷気を防ぐ窓用のボードを立てる

・窓の隙間に冷気の侵入を防ぐ、「すき間用テープ」を貼る

・夜は雨戸やシャッターを閉めておく

・窓ガラスを、暖房効率を高める「複層ガラス」に変える

・窓を二重窓にする(リフォーム工事が必要になることが多い)

2.壁から伝わる冷気を防ぐ

 ソファやベッドなどを壁につけていると、寒さを感じることはありませんか。壁からも冷えが伝わることがあります。近年、住宅の壁には断熱材が入っていることも多いのですが、気になる場合は以下のような対策をして寒さをシャットアウトしましょう。

・壁と家具の間に冷気を防ぐボードをはさむ

・断熱効果のあるシールタイプのクロスを貼る

・壁の断熱シートを貼る

・家具を壁から離して置く

壁と家具の間にボードをはさんだり壁の断熱シートを貼ったりすることで、防音効果も期待できます。近隣への音対策として取り入れるのもよいでしょう。

3. 床から伝わる冷気を防ぐ

戸建て住宅では床暖房を採用しているご家庭もありますが、ない場合はフローリングの床からの冷えに悩まされている方もいるよう。ひんやりとした床の冷たさは辛いものですよね。

床の構造を大きく変えることは大変なので、すぐに取り掛かれることは冷気を防ぐアイテムを敷くこと。たとえば、以下のようなアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

・毛足の長いラグ、中綿入りのラグを敷く

・クッション性のあるジョイントマットを敷く

・濡れても乾きが早いコルクマットを敷く

・断熱マットや保温シートを敷く

戸建ての住宅とはいえ、2階建ての場合は階下への音が気になることも。 床に敷くラグやマットは、防寒対策になるだけでなく足音などの「防音」にも一役買ってくれます。手軽に取り入れられていくつものメリットがあるので、ぜひ冬場は床にプラスしてみてはいかがでしょうか。

戸建ての住宅も、防寒対策で暖かく

画像:Adobe Stock

冬は外だけでなく、部屋のなかでも寒さを感じることも。快適に暮らすためには、適切な防寒対策が欠かせません。今回ご紹介した以外にも、家族皆ができるだけ同じ時間に同じ行動をする(お風呂は続けて入る、食事を一緒にとるなど)、ドアを閉めて間口からの冷気を防ぐ、ルームシューズやあったかアウターなどで身に着けるモノでも防寒するなど、対策はさまざまあります。

できることから始めれば、必要以上に設定温度を上げることなく暖房の効果を感じられることでしょう。あなたもぜひ、ご自宅の状態にあった防寒対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

115,973 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧