• HOME
  • ARTICLE
  • 屋外料理
  • リンゴは秋から冬にかけてが一番美味しい時期!屋上テラスでおしゃれに楽しむレシピ

リンゴは秋から冬にかけてが一番美味しい時期!屋上テラスでおしゃれに楽しむレシピ

屋外料理

一年を通してスーパーなどで手軽に購入できるリンゴ。いつもでも手に入るため、リンゴの旬について意識したことは少ないかもしれません。しかし、リンゴが一番美味しい時期は秋から冬にかけてだということをご存知でしたか?

旬のリンゴはそのまま食べてももちろん美味しいですが、焼きリンゴやスイーツにするのもおすすめ。しかも、屋上テラスなどアウトドアで調理することもできますよ。

そこで今回は旬のリンゴを使ったおしゃれなレシピを紹介します!

リンゴの旬について

リンゴの旬は品種によって違いがありますが、季節でいうと秋から冬に集中しています。また、品種は同じだとしても、産地によって旬が異なる場合もあるのです。

まずは、リンゴの中でも代表的な品種を旬の早い順に紹介します。

【つがる】
・旬の時期……9月~10月頃
・特徴……青森県で生まれた「つがる」は、「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」をかけ合わせてできたと言われています。甘味が強く、酸味とのバランスがとれていて果汁も多めなのが特徴。

国産のリンゴでは「ふじ」の次に生産量が多い人気の品種です。

【紅玉(こうぎょく)】
・旬の時期……10月~11月
・特徴……もともとアメリカ生まれの紅玉は明治時代に日本に伝わり、今では青森県や長野県を中心に生産されています。

長野県では9月下旬から収穫が始まり、青森県では10月上旬あたりと差があります。また、味は甘味よりも酸味が強めでさっぱりとしていますが、加熱すると甘味が増すので、お菓子づくりにも最適です。

【シナノスイート】
・旬の時期……10月~11月頃
・特徴……「ふじ」と「つがる」をかけ合わせた「シナノスイート」は、長野で生まれたことからこの名前がついたと言われています。

酸味が少なく食感がやわらかめなのが特徴。食べやすいため、子どもやお年寄りの方にもおすすめです。

【ふじ】
・旬の時期……11月~12月
・特徴……国内ナンバー1の生産量を誇る、人気の品種です。密が入りやすく果汁が豊富で甘味と酸味のバランスが良いのが特徴。シャキッとした歯触りも楽しめます。

ちなみに「ふじ」と「サンふじ」の違いですが、袋をかけて栽培したものを「ふじ」、袋をかけずに太陽に当てて栽培したものが「サンふじ」と呼ばれています。

リンゴは色づきをよくするために袋をかけて栽培するのですが、現在では品種改良などによって袋をかけなくても色づくようになりました。

屋上テラスで楽しめる!リンゴを使ったおしゃれレシピ

リンゴを使ったレシピと言えばアップルパイやリンゴジャムなどが定番ではないでしょうか。

とは言え、「リンゴを使って作る料理はなんだか手間が掛かりそう」なんてイメージがあるかもしれませんね。ところが、リンゴを使ったレシピには屋上テラスなどのアウトドアシーンで簡単に作れちゃうものもあるのです。

ここでは、おしゃれに楽しめる、おすすめのリンゴレシピを紹介します!

スキレットで手軽に作れる『焼きリンゴ』
焼きリンゴはお店で見かけたことがあるものの、実際に作ったことのある人は少ないかもしれませんね。

実は焼きリンゴにはオーブンで焼く意外にもいろいろな調理法があるのをご存知でしたか。ここで紹介するのは、スキレットやフライパンで作る焼きリンゴです。カットして焼くので時短で仕上がりますよ。

【材料】(2~3人分)
・リンゴ           1個
・砂糖             20g
・バター 大さじ1
・シナモンパウダー(お好みで)  適量

【作り方】
①リンゴをサッと水洗いし、水分をよく拭き取ったら薄さ1cmほどのくし切りにします。

②スキレットを火にかけ、バターを入れます。溶けてきたら①のリンゴを投入します。

③リンゴの裏側に焼き目がついてきたら、砂糖を半量入れなじませた後、リンゴを裏返します。

④裏返したら残りの砂糖をすべて加え、再び焼いていきます。

⑤リンゴに火が通ったら、お好みでシナモンパウダーを振りかけてできあがり!

【ポイント】
スキレットが無い場合はフライパンでも代用できます。砂糖を入れた後は焦げやすいので注意しながら焼きましょう。

また、リンゴを先にお皿に盛り付け、スキレットに残った汁はキャラメル色になるまで煮詰めた後にかけるのもおすすめですよ。

ホットケーキミックスで作る!簡単『タルトタタン』
タルトタタンとは、バターと砂糖で焼いたリンゴを敷き詰め焼きあげた、フランス生まれのお菓子です。

ホットケーキミックスを使うので失敗要らずでとっても簡単。屋上テラスでも問題なく作れますよ。

【材料】1台分(スキレット19~22cm)
・リンゴ   1個
・バター   10g
・砂糖 大さじ4
・卵     1個
・ホットケーキミックス 100g
・牛乳または豆乳   70cc
・粉砂糖(お好みで)     適量       

【作り方】
①リンゴは皮をむき芯をとって、薄さ1cmほどのくし切りにしておきます。

②ボールにホットケーキミックス、卵、牛乳(または豆乳)を入れ、ダマにならないようよく混ぜます。

③スキレットを火にかけ、十分に温まったらバターを入れて全体によくなじませます。できれば側面にもバターをつけるようにしましょう。

④バターがなじんだら、リンゴを並べ蓋をして弱火で5~10分ほど蒸し焼きにします。途中で裏返しながら、焦げないように焼き加減をチェックしましょう。

⑤リンゴをきれいに並べ直し、②の生地を流し込みます。

⑥しばらくそのまま焼き、縁が白く盛り上がって来たら裏返します。裏面も焼いていき、竹串を刺して中まで焼けているかどうか確認します。竹串に生地がつかなければOKです。

再び生地を引っくり返すと、表面にリンゴが見えて見栄えも良くなります。お好みで粉砂糖を振りかけて、できあがり!

【ポイント】
生地を流し込む時にリンゴが動かないようにそっと入れるのがコツです。リンゴがきれいに並び、仕上がりが美しくなりますよ。

パンやヨーグルトにもぴったり!本格アップルバター
アップルバターとは、リンゴを長時間煮詰めて作る、ペーストのこと。名前から想像するとバターが入ってそうですが、本場アメリカの製法によると乳製品は一切使わずに作られています。

しかし、バターのようにクリーミーで、濃厚なコクが楽しめるのが特徴です。ここでは、バター不使用の本格アップルバターのレシピを紹介します。

【材料】(2~3人分)
・リンゴ              1個
・砂糖               60g 
・リンゴジュース(100%がおすすめ) 40ml
・シナモンパウダー         適量

【作り方】
①リンゴはサッと水洗いし、皮付きのまま芯をとり、8等分に切ります。

②鍋に①のリンゴとリンゴジュースを入れ、火にかけます。リンゴがやわらかくなるまで40分ほど煮ていきます。

③鍋からやわらかくなったリンゴを取り出し、粗めのざるなどを使って裏ごしします。この時に皮は取り除きましょう。

④裏ごしが終わったらリンゴを鍋に戻し、砂糖、シナモンパウダーを加えて中火で煮詰めていきます。焦げないようにかき混ぜながら水分を飛ばしていき、照りが出てきたら完成!

【ポイント】
常にかき混ぜながら水分を飛ばしていきましょう。最初はとろとろしていますが、徐々にねっとりとして、最終的には餡子のようなペーストになります。屋上テラスでは、バケットにつけて食べてもおしゃれですね。

屋上テラスで食べるとさらに美味しい!リンゴのアレンジレシピを楽しもう

秋から冬にかけてが一番美味しいリンゴ。品種によって甘味や酸味、食感の違いがあるため食べ比べてみて、好みのリンゴを探してみるのも良いでしょう。

また、そのまま食べるだけでなく、リンゴを加熱することで甘味が増し、味わいも広がっていきます。

今回紹介したアレンジレシピを参考に、屋上テラスでおしゃれなスイーツパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。贅沢なひとときに、きっと幸せを感じられることでしょう。

管理人

1,080,991 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧