屋上付き住宅は後悔する?後悔しないために知っておきたいこととメリットとは?

屋上スペース活用

マイホームの屋上テラスは、極上のプライベート空間になります。ラグジュアリーな雰囲気も味わえる屋上テラスがある家で暮らすことに、憧れている方もいるのではないでしょうか。

自宅の屋上テラスには、さまざまな活用方法がある一方で「デメリットは無いの?」と気になることもあるかもしれません。夢のマイホームを手に入れてから後悔するのは避けたいですよね。

そこで今回は、屋上テラスがある家を手に入れる前に知っておきたいメリットとデメリットをお伝えします。

屋上付き住宅のデメリットは?

はじめに、屋上テラスがあることで生じるデメリットを確認しましょう。

雨漏りのリスク
屋上テラスにするためには、陸屋根(平らな屋根)にする必要があります。

以前はもともと屋根が平らな鉄筋コンクリート造や軽量鉄骨の住宅に限られていたのですが、2008年の規制緩和により木造住宅でも屋上テラスにできるようになりました。

木造住宅の屋上テラスは、どうしても屋根より雨漏りのリスクが高くなってしまうようです。防水加工の耐久性は屋根より低いため、10年に1度はメンテナンスが必要になります。

落下防止対策の必要性
屋上テラスを作るとペットや子どもの遊び場として使えるというのがメリットですが、同時に落下防止対策をしっかりとらなければなりません。具体的には、高さがある手すりを設置すること、踏み台になるような物を手すり近くに置かないことなどが挙げられます。

人間やペットだけではなく、物の落下にも注意が必要でしょう。強風で飛ばされた物が落下すると、思わぬ事故につながりかねないためです。

快適に過ごせる期間が少ない可能性
いざ屋上テラスを作って活用しようと思っても、地域によっては意外に快適に過ごせる期間は少ない可能性があります。

暑さや寒さ、台風、雪、花粉など、屋上テラスは天候の影響を受けやすいのです。また屋上テラスがある家を手に入れた最初のうちは物珍しさから活用していても、しばらくすると飽きてしまうということもあるようです。

デメリットを解決するには?

屋上付き住宅にはデメリットもありますが、把握したうえで対策を講じておけば不安が軽減できます。デメリットを解決する方法を確認していきましょう。

実績が豊富なメーカーを選ぶ
自分でいくら調べたとしても、専門家の知識には及ばないこともあるでしょう。

安心して理想の家を手に入れるためには、屋上テラスがある家作りの実績が豊富なメーカーを選ぶことが大切です。企画から設計、建設、販売、アフターフォローまで自社一貫体制で事業を展開しているメーカーもあるようですよ。

鉄骨住宅のほうが安心
木造住宅に屋上テラスを作ることも可能ですが、防水加工の耐久性を考えると鉄骨住宅のほうが安心です。

木造住宅にこだわりがある場合は、信頼できる防水工事を施してくれるメーカーを選ぶようにしましょう。

中古購入の場合は念入りにチェック
新築ではなく、中古購入することを検討している方もいるかもしれません。

屋上テラスがある中古住宅を購入する際には、防水工事がきちんとされているか、メンテナンスは行き届いているかをチェックしましょう。専門家による住宅診断を受けることも検討すると良いです。

屋上付き住宅のメリットは?

屋上テラスがある家で暮らすことには、たくさんのメリットがあります。主なものを紹介しましょう。

狭小住宅でのリビングスペース確保
生活しやすい便利な場所に暮らそうとすると、思ったように土地を確保できない問題が起こりがちです。

狭小住宅とは、一般的に約15〜20坪以下の狭い土地に建てられた家のこと。利便性が高い場所は驚くほど土地が高額なこともありますが、狭小住宅であればマイホームを持てる可能性が高まります。

土地の狭さから部屋数が少なくなってしまっても、屋上テラスをスペース活用してリビングルームにすることで快適に過ごせるでしょう。

庭が無いときの庭代わり
「マイホームを持つなら庭付きで」という希望を持つ方は多いですが、庭のスペースを含めた土地の確保は難しいこともあるでしょう。

その際には屋上テラスをスペース活用して、庭代わりにすることも一案です。

芝を敷いてドッグランを作ったり、家庭菜園を作ったりと、夢は広がりそうですね。

屋上に植物があると太陽の光が遮られるため、断熱効果を期待できるそうです。結果的に、夏は涼しく冬は暖かくなるため、省エネになります。

仲間や家族とBBQをしたり、花火大会見物をしたりするのも楽しそうですね。

災害時の避難場所にも
近年、大雨や豪雨による被害が各地に出ています。今後も、天候被害が起こる可能性は少なくはないでしょう。

屋上テラスは、災害時の避難場所としても活用できます。いざというときのための備えがあることで、安心感を得ることができるでしょう。

安心できる屋上テラス付きのマイホームを

屋上テラス付きの住宅に憧れる気持ちがある一方で、デメリットについても気になるのは当然のことでしょう。

屋上テラスがあればリビングルームにできたり、庭として活用できたり、いざというときの避難場所にできたりと、さまざまに活用できます。

しかし雨漏りのリスクやメンテナンスの大変さなど、少なからずデメリットがあることは否定できません。

デメリットを解決する対策として、屋上テラス付きの家を建てた実績が多いメーカーに依頼すること、木造住宅の屋上テラスはなるべく避けること、中古住宅購入を検討する際には専門家にチェックしてもらうことなどが挙げられます。

管理人

672,318 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧