• HOME
  • ARTICLE
  • 対策
  • 屋上テラスの水道は大丈夫?正しいメンテナンスで水道管凍結や破裂を防ごう

屋上テラスの水道は大丈夫?正しいメンテナンスで水道管凍結や破裂を防ごう

対策

屋上テラスがあるご家庭には、水道を設置していることがほとんどではないでしょうか?屋外に水道が付いていると、さまざまなシーンで活躍しますよね。

ところが、冬の寒い時期には水道のメンテナンスにおいて注意しなければならないことがあります。今回は、氷点下が続く時に注意したいことや、屋上テラスの水道管凍結や破裂を防ぐための、正しい対策法をご紹介します!

屋上に便利な水道!氷点下が続く時に注意したいこととは?

屋上テラスに水道があると何かと便利ですよね。例えば、屋上菜園をしている方は、ガーデニングで草花に水やりをする場面で役立つのではないでしょうか?

また、夏にお子さんのプール遊びをする時にも、楽に水を溜めることができるため、大活躍します。さらに、屋上を掃除する際にもホースで水を撒いたり、バケツに水をくんだりできるでしょう。

しかし、このように便利な水道も、寒い冬、特に氷点下が続く時には注意が必要です。なぜなら、水道管が凍結してしまう可能性があるからです。

水道管が凍結する条件は?凍結するとどうなる?

では、一体どのような状態が続くと凍結してしまうのでしょうか?また、凍結するとどうなってしまうのでしょうか?ここでは、水道管の凍結について、もう少し深掘りしていきましょう。

水道管が凍結する条件は外気温がマイナス4℃以下
外気温が氷点下の日が続くと、寒さで中の水が凍結する可能性があります。特に注意して欲しいのは、マイナス4℃以下になることです。

「ここは雪国じゃないから大丈夫」と思う方もいるかもしれませんが、関東や関西にもいつ大寒波がやってくるかわかりません。
また、水道管が露出していて外気にさらされていることも、凍結しやすい条件となります。

これらの条件が当てはまる状態だと、凍結する可能性が大いにあるということを頭に入れておきましょう。

凍結するとどうなる?
水道管が凍結してしまうと、中の水が凍って出なくなってしまうため断水してしまいます。また、給水不能になるだけでなく、水道管に亀裂が入って、破裂の恐れもあります。

なぜなら、水は冷えて氷になると体積が増えるため、内側から圧力がかかってしまうことで、水道管が耐えきれなくなり、破裂してしまうのです。そうならないためにも、水道管にも防寒対策をしっかり採ることが不可欠と言えるでしょう。

もしも凍結してしまったら…
もしも凍結してしまったら、水道管周辺をドライヤーで温めて徐々に溶かしていくという方法があります。あるいは、凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかける方法も良いでしょう。

この時に絶対やってはいけないのが、熱湯をかけることです。いきなり熱いお湯をかけてしまうと、水道管や蛇口が破裂する可能性があり、大変危険です。必ず、「ぬるま湯」をゆっくりかけるようにしてください。

しかし、万が一水道管の破裂や一部が破損した場合には、専門業者にすぐ連絡しましょう。

水道管凍結を防止する対策法をご紹介!

寒くなってきたと感じたら、あらかじめ水道管にも防寒対策を打つことで、凍結やトラブルを防ぐことができます。ここでは、水道管凍結を防止する対策法を紹介します!

対策①水道管に保温材を巻きつけておく
水道管や蛇口に、市販の保温材や分厚いタオルなどを巻きつけ、上から紐でしばって固定します。そして保温材が濡れないように、ビニールテープを下から隙間なく巻きつけていきます。

こうすることで、ある程度外気をシャットアウトすることができ、水温の低下を防ぐことができるのです。保温材は、発泡スチロールなど、家庭にあるものでも代用できます。

水温の低下が防げれば、凍結による破裂の恐れもなくなるため、地味な方法ですが効果が期待できますよ。

対策➁水を少し出しておく
夜間に水をチョロっと出る程度、出しっぱなしにしておくことで水が一ヶ所に溜まらないため、氷点下の場合でも水道管が凍結しづらくなります。大量の水を流す必要はないので、蛇口の水が止まらない程度に少量がポイントです。

ただし、この方法の欠点は多少なりとも水道料金がかかってしまうこと。あくまで、緊急時の対策法として利用するのが良いでしょう。また、溜まった水は洗濯などに使用することをおすすめします。

対策③水道管凍結防止ヒーターを使う
屋外の水道管の凍結を防ぐための専用ヒーターを使う手段もあります。水栓や水道管に巻きつけて通電し、温めることで凍結を防止してくれるのです。

サーモスタット付きのものなら、外気温が約3℃になると自動で通電開始し、約10℃になると自動停止するといった便利な機能もあります。使用時の注意点としては、電源が確保できるかどうかの確認が必要です。電源さえあれば安全にかつ楽に、凍結を防ぐことができるのでおすすめです。

対策➃水抜き栓ができる場合は水抜き(水落とし)をする
寒冷地などでは、蛇口の近くにもうひとつ栓があり、水抜きできるようになっています。水抜きは水落としとも呼ばれていて、冷え込むことが予想される前の晩などに行うと効果的です。

蛇口の周辺の水抜きを行っておくことで、凍結による破裂を防ぐことができます。水抜きができるかどうか、まずはご家庭の設備を確認してみてくださいね。

正しい対策をとって屋上テラスの水道管凍結を防ごう

寒い冬は屋上テラスに行く回数も減ってしまいがちですが、水道のメンテナンスを怠ってしまうと、後々大変なことになってしまいます。

雪国にお住まいでなくても、気象状況により突然寒波がやってくる可能性は十分にあるため、今回紹介した水道管凍結を防止する、正しい対策法を、ぜひ参考になさってみてください。

屋上テラスの水道を守ることで、また春、夏、秋と便利に活用できる喜びを実感できることでしょう。四季を通して快適な屋上テラスを楽しんでくださいね♪

管理人

588,876 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧