• HOME
  • ARTICLE
  • 趣味
  • 屋上庭園は格好の天体観測スポットに。星をぼんやり眺める優雅な一時を過ごす。

屋上庭園は格好の天体観測スポットに。星をぼんやり眺める優雅な一時を過ごす。

趣味

「夜空を駆ける流れ星をぼんやりと眺めたい」

慌ただしい日々を過ごしていると、ゆったりと夜空を見上げる時間を持ちたくなりますよね。

広い夜空に広がる星を見るだけでも、宇宙の神秘を感じて、ストレスも軽くなっていきそうです。

流れ星は天体観測スポットまで出かけていかなくても、自宅の屋上テラスで見ることができます。

そこで流星群の時期や、観測のために持っておきたいアイテムを紹介しますので参考にしてください。

流星群は山に行かなくても、屋上テラスで見ることができる

流星群が見られると思うと、わくわくしますよね。流星群はわざわざ山まで行かなくても見ることができます。

ところで、流星群とはそもそもなんなのか、流星群を見る秘訣はあるのかを解説しますね。

流星群とは

太陽系から離れたところから、やってくる彗星。氷の塊のような彗星ですが、その正体はほとんどが水、残りは気体や砂や塵です。

太陽に近づくにつれ熱で溶け、砂や塵が彗星の尾のようになり、その一部が彗星の軌道上をまわり続けます。

彗星の軌道と地球の軌道がぶつかったとき、地球の大気と彗星の尾である砂や塵が衝突して光を放つのが流星群の正体。

地球は1年かけて太陽の周りをまわっているので、毎年同じ時期に彗星の軌道とぶつかることから、流星群が見られる時期が決まっているのです。

流星群を見るには

せっかく夜空を見上げるのなら、きれいな流星群を上手に見たいもの。

流星群を見るコツは、なるべく暗い場所を選ぶこと。屋上テラスで見る場合、明かりは消したほうが良いでしょう。新月に近い月の状態であれば、より見やすくなります。

そして暗闇に目を慣らし、流星群のピークといわれる時間帯をチェックしておいて、夜空を見上げるようにするのがおすすめです。

各流星群の時期とピークの日時

では、代表的な流星群の時期と何時がピークなのかをチェックしておきましょう。流星群はランダムに出現するので、なるべく広範囲の空を見上げるようにするのが見逃さないコツですよ。

しぶんぎ座流星群

三大流星群の1つ目は、しぶんぎ座流星群。

出現時期は、毎年12月28日から1月12日、ピークは1月4日です。2020年は17時がピークの時間でしたが、2021年は0時がピーク。

空が暗い時間帯なので星は見えやすいですが、寒い時期なので防寒対策をバッチリとることが必要ですね。

ペルセウス座流星群

三大流星群の2つ目は、北東の空を中心に広がるペルセウス座流星群。

出現時期は、毎年7月17日から8月24日、ピークは8月12日から13日です。

お盆の時期と重なり、夏場でもあるので、夜空の観測をしやすい時期でもありますね。

2021年のピーク時間は4時になります。夜明け前に早起きして空を見上げる必要がありそうです。

ふたご座流星群

三大流星群の3つ目は、ふたご座流星群。

出現時期は、12月4日から12月17日、ピークは12月14日です。

年末の慌ただしい時期ですが、クリスマス前に流星群を観測するのも楽しそう。

ですが、2020年のピーク時間は10時と、天体観測には厳しい時間帯、2021年は16時と、まだ空が完全に暗くなる前の時間帯でした。

ベストコンディションではないかもしれませんが、流星の群れを運よく見ることができるかもしれませんね。

屋上テラスで流星群を見るなら持っておきたいアイテム

屋上テラスで天体観測をするときに「用意しておけば良かった…」と思うことがないように、自宅での天体観測に便利なアイテムを紹介します。

防寒グッズ

季節が冬ならもちろんのこと、夏であっても屋上テラスで夜空を見上げていて肌寒くならないよう、羽織れる長袖の上着は用意しておいたほうが良いでしょう。

冬であれば、厚着をして、ホッカイロをポケットに入れておくのも良いですね。

屋上にコンセントがあればホットカーペットを用意するのも良いでしょう。

虫よけスプレー

冬場は必要ないかもしれませんが、夏は虫よけスプレーを用意しましょう。

虫が気になって、観測がおろそかになってしまうのは避けたいものです。

煙や火が気にならないのであれば、蚊取り線香でも良いでしょう。

最近は、オイルトーチという松明のオイルに虫除け効果があるものがあるので、炎のゆらぎを見ながら虫除け効果も得られます。

双眼鏡・天体望遠鏡

流星群は肉眼でも観測できますが、双眼鏡や天体望遠鏡があれば、より天体観測が楽しめます。

流星群以外の星や月の観測もできるので、盛り上がれること必至ですよ。

レジャーシート・リクライニングチェア

床に寝転がって空を見上げられるよう、レジャーシートを用意するのもおすすめです。レジャーシートの下に銀マットを敷くと、底冷えが防げるので心地よく寝転がれるでしょう。

また、椅子に座って観測したいという場合には、リクライニングチェアを用意するのも良いですね。

星座早見盤・星座アプリ

夜空を見上げていて、わからない星があれば確認したくなるもの。

そんなときには、星座早見盤があれば便利です。星座アプリでも代用できるので、お好みで使い分けると良いでしょう。

屋上テラスが自宅天然プラネタリウムに

流星群は、空を見上げるだけで感じられる宇宙の神秘。

人工のプラネタリウムで星空を見るのも良いけれど、本物の星空は極上です。

屋上テラスがあれば、天体観測のスポットまで出かけていかなくても、流星群観測を体験することができますよ。

自宅屋上で天然プラネタリウムを貸し切り気分。流星群をぼんやり見上げる優雅な一時を過ごされてみてはいかがでしょうか。

管理人

201,554 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧